オーダーメイド期間限定
冬のフィンランド

オーロラとサンタクロース
ムーミンからデザイン巡り かもめ食堂まで

オーロラ(サーリセルカ)
冬ならではのフィンランドへ
フィンランドの夏は過ごしやすいのですが、とても短く7~8月だけ。しかしながら冬は長く、フィンランドならではの見所も盛りだくさん。フィンランドといえばオーロラ、というくらいオーロラ観測率が高く、特にオーロラの観測率が高いのは9~10月と2~3月です。この時期にオーロラとセットで冬のフィンランドをたっぷり楽しみましょう。
自由にフィンランドを楽しむ、オーダーメイドならではの冬のフィンランドをご紹介します。

フィンエアー
~1か国をじっくり巡るのならフラッグキャリア~

フィンエアー
まずは移動手段から。
創業は1923年、日本(成田)就航は1983年と長い歴史があるフィンエアーは、フィンランドのナショナル・フラッグ・キャリア。フィンランド国内に限らずヨーロッパ各地へのネットワークが充実しており、日本から最も短い飛行時間でヨーロッパの玄関口まで運航している航空会社です。日本からフィンランドの玄関口ヘルシンキまでの飛行時間は、わずか9時間半。成田~パリ間が12時間45分ですから、3時間も早くヨーロッパに到着します。帰国時は夕方ヘルシンキ発ですので、ヨーロッパ各地から乗り継ぎの際は余裕をもって出発することが出来ますし、ヘルシンキ滞在であれば午後ゆっくり空港に向かうことが出来るので効率よく最終日を過ごすことが可能です。
オーロラの観測率が高いフィンランド北部、ラップランド地方へのフライトも充実しています。
またヘルシンキ・ヴァンター空港は、乗り継ぎ効率を第一に設計された空港として有名。わかりやすく短時間での乗り継ぎが可能です。冬期は航空券代もお安い時期。リーズナブルに冬のフィンランドが楽しめます。

サーリセルカ
~晴天時のオーロラ観測率70%~

ラップランド地方の最も北に位置し、晴天時のオーロラ観測率は実に70%という極北のウィンター・リゾート、サーリセルカ。オーロラ観測が目的の旅なら、まずはここを訪れましょう。
  1. 短い飛行時間

    日本からヘルシンキを経由してラップランドへは11時間40分ほど。フィンランド航空を利用すれば到着時間も早く、着いたその日からオーロラ観測が可能です。

  2. 早い時間のオーロラ鑑賞

    フィンランドのオーロラは22時~深夜2時がピーク。他の国のように早朝(朝3時~4時)まで待たなくてもよいところが魅力です。

  3. 観測場所が近い

    ホテルの敷地内や徒歩数分の場所での観測が可能です。
    サーリセルカはホテル、観測用ロッジなどがこじんまりとまとまっているため、観測に適したリゾートです。中でもホテル・カクシラウッタネンは、部屋からオーロラ観測が出来るガラスのドームで出来たガラスイグルーがあります。
    下記日程の中にご案内しているホテルも観測用ロッジに近くて便利。防寒具レンタルもあります。
    夏の白夜というのは聞いたことがあるかと思いますが、ここサーリセルカでは逆に太陽が昇らないカーモスが12~1月にかけて続きます。とはいっても真っ暗なままではなく地平線すれすれに太陽が移動します。姿は見せない太陽の光がわずかに地平線際からもれ、辺りを紫やピンクに染める風景は見事です。真っ暗な闇が少しずつ晴れてきて、周囲が青くそまる朝のひと時「シニネン・ヘトキ: 青い瞬間」も北極圏ならではの幻想的な情景です。
    オーロラ観測で遅く起きた日には、日中カーモスの幻想的な一面の雪を、トナカイぞり犬ぞりスノーモービルでかけぬけるのも楽しみの一つ。
    ヘルシンキから極北の空港イヴァロまで国内線で移動し、エアポートバスで約30分で到着します。

ロヴァニエミ ~サンタクロースの故郷~

サンタクロース村(ロヴァニエミ)
ラップランドの州都ロヴァニエミは、サンタクロースのふるさととして有名なところ。サンタクロース村があり、この村にあるサンタクロース中央郵便局では、クリスマスにサンタさんから届く手紙をオーダーすることが出来ます。
北緯66度の北極圏に位置するロヴァニエミでももちろんオーロラ観測が可能です。晴天時の観測率は45%とサーリセルカには及びませんが、2~3日滞在できれば1度は見る事が出来る確率です。ここでのオーロラ観測に便利なのはオプショナルツアーのオーロラ・アドヴェンチャー。主要ホテルからその日の気象と観測所からの情報をもとに、オーロラが見られる可能性の高いポイントにお連れします。日本語ガイド付きですのでご利用ください。ここでも防寒具レンタルがあります。
その他のラップランド地方の都市としては、世界唯一の観光用砕氷船サンポ号の出発地点ケミ。氷をバリバリと砕きながら進む氷海クルーズです。ハイライトはボスニア湾の氷の割れ目にダイブする氷海遊泳。一度体験してみませんか?
ヘルシンキから国内線でロヴァニエミ空港へ、空港からはエアポートバスで約15分です。
サーリセルカ、ロヴァニエミの両方を楽しみたいなら、途中の移動は長距離バスが便利です。ラップランド地方を中心にした路線網を持つエスケリネン社のバスを利用しましょう。イヴァロ空港~サーリセルカ、ロヴァニエミ空港~市内のエアポートバスの運行もしており、サーリセルカ~ロヴァニエミ間は約4時間で移動可能です。
また、ロヴァニエミ~ヘルシンキ間は寝台列車サンタクロース・エクスプレス号を利用するのも良いでしょう。片道12時間、ゆっくりとくつろぎながらの移動が可能です。2階建車両になっており、2階個室はシャワー付でホテルのように利用することが出来ます。

タンペレ ~ムーミンを求めて~

ラップランドとオーロラから離れても、フィンランドの楽しみ方はいろいろ。ヘルシンキから列車で2時間のタンペレにはムーミンの原画を集めたムーミン谷博物館をはじめ、ユニークな博物館があります。
またタンペレから列車で1時間45分、フィンランド最古の町であり、またかつての首都であったハンザ同盟都市のひとつトゥルクを楽しむのも良いでしょう。トゥルクからはお隣スウェーデンのストックホルムへタンクシリヤラインが運航しています。

ヘルシンキ ~モダンなデザインの都市~

北欧雑貨(ヘルシンキ)
フィンランドの首都であり、近年北欧のデザインが注目される中、その中心都市ともいえるヘルシンキ。緑豊かな森と美しい海岸線に彩られた町並みは「バルト海の乙女」とも呼ばれています。北緯60度の高緯度でありながら四季があり、季節ごとの楽しみ方が出来る町です。
ヘルシンキを廻るのに外せないキーワードは「デザイン」。美術館&博物館なら、 そのうち、デザインフォーラムが中心となって出来た「デザイン・ディストリクト」はショッピング・ストリートとして知られるエスプラナディ通り、家具やアンティークのショップが多いアンナ通りや、アーティストが多く住んでいるプラブオリ地区などがデザイン・ディストリクトの中に入っています。この地区の中でお気に入りや注目のデザインショップを廻ったり、カフェやレストランで一休みしたり・・・新しい発見があるかもしれません。歩き疲れたら途中で映画「かもめ食堂」が撮影されたカフェ・スオミで一休みしてみてはいかがでしょうか?
さらにヘルシンキとエストニアのタリンを結ぶタンクシリヤラインでバルト三国の入り口タリンへの日帰りが可能です。旧市街が世界遺産に登録されているタリンで、フィンランドとは違った雰囲気を味わってみてください。
プランの組み方は様々、例えば以下のようなモデルプランでしたら冬のフィンランドを満喫できるでしょう。オーダーメイドですので日程の調整は如何様にも可能です。料金はご要望を添えて見積もり依頼フォームからお問い合わせください。

冬のフィンランド

モデルプラン サンプル日程

1日目 日本発 イヴァロ
*2017/3/26~10/27スケジュール
フィンエアー利用の場合
≫成田,関空,名古屋発
ヘルシンキ経由*毎日
他の空港発や航空会社ご利用もスケジュールによりご案内可能です
又は他訪問地よりイヴァロへ
イヴァロ空港到着後 エアポートバスにて市内ホテルへ(約30分)
ホテルへチェックイン
エアポートバスはイヴァロ空港から市内主要ホテル間を運航しています
2|3日目 朝食: ホテルにて
終日フリータイム
日中はオプションの犬ぞり体験サファリや スノーモービル体験サファリなどでウィンタースポーツをお楽しみください
夜はオーロラ観測 右記ホテルから至近距離の観測用ロッジがあります
サーリセルカ
リエコンリンナ又はトゥントゥリホテリ
4日目 朝食: ホテルにて
ホテルチェックアウト後
13:48 トゥントゥリホテリ前から地方路線バスにてロヴァニエミ
17:35 ロヴァニエミ到着
市内中心のホテルへ泊まります
夜はオーロラ観測 オプショナルツアーを利用しましょう
ロヴァニエミ
クムルス又はシティ
日程Top ↑
5日目 朝食: ホテルにて
終日フリータイム
日中はオプションでトナカイぞりで行くサンタクロース村観光をお楽しみください
夜はオーロラ観測 オプショナルツアーを利用しましょう
ロヴァニエミ
クムルス 又は シティ
日程Top ↑
6日目 朝食: ホテルにて
ホテルチェックアウト後 エアポートバスにて空港へ(市内から空港は約15分)
空路ヘルシンキへ移動
到着後 エアポートバスにて市内中央駅前へ(約35分)
到着後 徒歩にてホテルへ
ソコスソコス・プレジデンティ は市内中央駅に近くにあります
7|8日目 朝食: ホテルにて
終日フリータイム
ゆっくりとデザイン・ディストリクトを巡ったり タンペレや古都トゥルクへの日帰りを楽しみましょう
オプションでかもめ食堂のロケ地めぐりツアーもございます
ヘルシンキ
ソコス又はソコス・プレジデンティ
日程Top ↑
9日目 朝食: ホテルにて
出発まで自由行動
フィンエアーの日本行きは夕方出発ですので 最終日も有効に時間を使うことが出来ます
エアポートバスにて空港へ(所要約30分)
空港送迎の専用車手配も可能です
ヘルシンキ発 日本へ
*2017/3/26~10/27スケジュール
フィンエアー利用の場合
≫成田,関空,名古屋着*毎日
他の空港着や航空会社ご利用もスケジュールによりご案内可能です
又は他訪問地へ
機内 泊
日程Top ↑
10日目 日本着
スケジュールは予告なく変更される場合があります

PAGE TOP

facebook
twitter
google+
LINEで送る