オーダーメイド イタリア リグーリア

宿泊してわかる魅力

トリオラ
リグーリア・アルプスの山々に囲まれたトリオラ
オーダーメイドの旅のプラン例です。
プラン通り、もしくはテーマに沿ってOnly Oneのオーダーメイドの旅を作ります。
予算、予定に合わせて調整が可能ですので、見積もり依頼フォーム、又はメールにてご要望を添えてお問い合わせください。
テーマ
連泊してわかる魅力リグーリア地方
イタリアの最も美しい村々へ個人旅行
日程
訪れる町
アプリカーレ
ドルチェアックア
トリオラ
ポイント
サンレモとヴェンティミリアを起点に鉄道とローカルバスを組み合わせてより深くリグーリアを探訪
概算
2名利用1名あたり約20万円
(空港税・燃油サーチャージ・現地バス代別)
《内訳》
  • エコノミークラス
    成田又は羽田発着ニース往復
  • 3☆ホテル2名1室9泊毎朝食付
  • イタリア・フランスレイルパス
    (2等セーバータイプ)
  • 手配手数料
注)上記概算は2017年4月平日出発を出発3か月前に手配した場合の目安です。間際手配や国際会議等特別イベント開催時はこの限りではありません。
ヨーロッパ・スケッチツアーで訪れる村は絵を描く方それぞれの好みのモチーフは違えど「絵になるところ」ばかり。
喩えようもない風景の美しさや、古から今も残る荘厳な建造物が、絵を描く方のみならず人の心を惹きつけて止みません。
スケッチツアーが一般の旅行と違うところは、スケッチのために一つの村や町にじっくり滞在することです。
一晩、二晩と過ごすことで感じること、見えてくることがあります。絵になる村の魅力は、そこに暮らす人々に交じり、朝に夕にその時々の陽ざしと影が織りなす町の様子や、四季のながれとともに香りや温もりを感じることで初めてわかるものなのかもしれません。
「生きることを楽しむ豊かな旅」をご提案したく、絵になるスケッチポイントを探してツアーをプランニングし、自ら添乗員として訪問した中から厳選した村に宿泊する個人旅行プランをご案内します。
ピエモンテ州とリグーリア州に跨るリグーリア・アルプスはイタリア北部の中でもとりわけ絵になる村が数多くありますが、その中から3つの村を取り入れました。
これ以外にも魅力的な村は数多くあります。以下のページもご覧になりながら、オリジナル・リグーリア・プランでお出かけください。
スケッチツアー リグーリア・アルプス
Flight Photo Gallery - Italy 1

■■■訪れたい旅行時期 5、10月

リグーリアの各村は、リヴィエラ海岸からわずか数十キロの位置ながら周りを険しい山々に囲まれているため、夏は避暑地であるところが多いのが特徴です。その時期には海岸沿いのリゾート地を含めヴァカンス客で混み合うので、一般的にヨーロッパ訪問の適切な時期である爽やかな気候の春、または秋を選ぶのが良いと考えます。特に秋は収穫の時期、この地方一帯はトリュフやポルチーニといった秋の味覚の産地ですので、美食の旅として村々を巡るのにぴったりの季節です。
イタリア全図 リグーリア基本ルート

■■■基本ルート

リグーリアの最寄空港ニースからリグーリア州の玄関口ヴェンティミリアまでは鉄道で約50分の距離です。さらにヴェンティミリアから国際的リゾート都市サンレモまでも鉄道でわずか約20分です。いずれもリゾート地のため宿泊施設が多数ありますので、これらを基点にして小さな町や村へ1~2泊の小旅行をすると、余裕ある日程になると思います。
アプリカーレ、ドルチェアックアはヴェンティミリアから、トリオラはサンレモまたはタッジアよりバスで往復します。また、国際免許を取得してヴェンティミリアやサンレモからレンタカーを利用すると、より深くリグーリアを楽しむことが出来ると思います。

アプリカーレ イタリアの最も美しい村々認定

アプリカーレ
数ある「イタリアの最も美しい村々」の中で最高峰とされる村。リグーリア・アルプスの山々の一斜面に建てられ、家、路地、町中の階段、通り抜けの小路、13世紀の尖頭アーチ型の3つの門、城跡などが、中世からそのまま今日につながっている村です。
駐車場から中心までは曲がりくねった細い坂を上って行きます。村の一番高いところにある広場には、この地方の特徴であるカラフルな壁の建物が建ち並び、その中心に石造りのマリア・マッダレーナ教区教会のファサードが村全体を見下ろしています。
アプリカーレの語源はラテン語でApricus(Open to the sun: “太陽に向けて開かれた”の意)だそうですが、その通りリビエラ海岸全体に降り注ぐ太陽の陽ざしを一気に受けて、村が輝いているようです。そして最も美しいと感じられるのは、村へ向かう途中から見ることが出来るこの村の全景。これが美しい村々の最高峰だと実感できると思います。
駐車場の前に4っ星ホテルがあるほか、広場までの通りに小さなホテルやペンションが数軒あります。

ドルチェアックア

ドルチェアックア
ネルヴィア川をはさみ左岸のテッラ地区、右岸のボルゴ地区に分かれている、中世の趣を残している村。イタリア観光協会が認定するオレンジ・フラッグの村に認定されています。
この村のシンボルは13世紀にかけられたというめがね橋。テッラ地区とボルゴ地区を結んでおり、クロード・モネが晩年この村をたびたび訪れ、絵にしています。ボルゴ地区から望むめがね橋とドリア家の城跡は、とても絵になる光景です。城跡までは、曲がりくねった一本道を登っていきます。建物と建物をつなぐアーチが頭上にあるその道の途中にはお土産屋やレストランが軒を連ねています。
村の名前がそのままついたロゼ・ワインは、この地方(インペリア県)の代表的ワインです。ボルゴ地区に並ぶレストランで美しい光景を望みながら、その軽めのワインとピッツァがとても合います。また銀行やショップが多く、週末には広場で市場も開かれるので2泊位しても良いくらいです。中心部にB & Bが数軒あります。

トリオラ イタリアの最も美しい村々認定

トリオラ
アプリカーレ、ドルチェアックアよりもさらにリグーリア・アルプスの山岳地帯に入り込んだ、小高い山の上にへばりつく村。サンレモからはいろは坂のような山間の曲がりくねった道を村へと進んでいきます。
この村は12世紀以降キリスト教会の主導による魔女狩りが行われたところ。その後1588~'89年に行われた魔女裁判の記録は、村の中央にある「民族と魔術の資料館」にも納められています。その歴史上の逸話のためか、日中でもどこか幻想的です。入り組んでひっそりとした小道を歩いていると、ふとその村には自分ひとりしかいないのではという錯覚にとらわれます。
村の入り口にある3っ星ホテルは、とても親切なマダムとその家族が切り盛りしているアットホームで暖かいホテルです。ホテルのレストランではトリオラの地ビールが楽しめます。レストランから続くテラスの先には広い庭があり、トリオラの素晴らしい全景を望むことが出来ます。テラスに置かれた椅子に腰かけ、陽の傾きによってさまざまな顔を見せるトリオラの姿を見ていると、つい時の経つのを忘れてしまいそうです。
ホテルからほんの50m先には村で大人気という毎朝焼きたてのパンを販売するパン屋さんがあり、ホテルのレストランのパンもそこから仕入れているそうです。

■■■プラン一例

具体的に鉄道とバスを利用してアプリカーレ、ドルチェアックア、トリオラを巡るリグーリア・プランの一例をご案内します。ニース、サンレモを基点にして訪れる8日間のモデル日程としてご紹介してみました。日程途中のバスはリヴィエラ・トランスポルティ(RIVIERA TRANSPORTI)社のバスです。

イタリア リグーリア

モデルプラン サンプル日程

1日目 日本発 ニース
*2017/3/26~10/27スケジュール
エールフランス航空利用の場合
≫成田,羽田発 パリ経由*毎日
≫関空発 パリ経由*水除く毎日
他の空港発や航空会社ご利用もスケジュールによりご案内可能です
又は他訪問地よりニースへ
夜到着後 ホテルへ
空港から徒歩10分のサン・オーガスティン駅からニースVille駅まで電車で5分
又は空港からエアポートバスでニースVille駅まで10~15分です
空港送迎の専用車手配も可能です
ニース
2日目 朝食: ホテルにて
ホテルをチェックアウト 徒歩にて駅へ
ニースより鉄道にてヴェンティミリアへ(所要約50分 自由席)
バスに乗り換えドルチェアックアへ(所要約20分)
到着後 ご自身でホテルへ
3日目 朝食: ホテルにて
1日かけてドルチェアックアの魅力をじっくり探訪
4日目 朝食: ホテルにて
ホテルをチェックアウト
ドルチェアックアよりバスにてアプリカーレへ(所要約20分)
到着後 ご自身でホテルへ
5日目 朝食: ホテルにて
1日かけてアプリカーレの魅力をじっくり探訪
6日目 朝食: ホテルにて
ホテルをチェックアウト
アプリカーレよりバスにてヴェンティミリアへ(所要約40分)
列車に乗り換えサンレモへ(所要約15分 自由席)
到着後 ご自身でホテルへ
サンレモは亜熱帯植物が繁る西リヴィエラ海岸の避寒地として知られるリゾート
山間の村巡りから少し気分を変えて1泊
サンレモ
日程Top ↑
7日目 朝食: ホテルにて
ホテルをチェックアウト
サンレモよりバスにてトリオラへ(所要約1時間20分)
到着後 ご自身でホテルへ
8日目 朝食: ホテルにて
1日かけてトリオラの魅力をじっくり探訪
9日目 朝食: ホテルにて
ホテルをチェックアウト
トリオラよりバスにてサンレモへ(所要約1時間20分)
鉄道に乗り換えヴェンティミリアへ(所要約15分 自由席)
鉄道を乗り換えニースへ(所要約50分 自由席)
到着後 ご自身でホテルへ
ニース
日程Top ↑
10日目 朝食後 ホテルをチェックアウト
ご自身で空港へ
空港送迎の専用車手配も可能です
ニース発 日本へ
*2017/3/26~10/27スケジュール
エールフランス航空利用の場合
≫パリ経由 成田,羽田着*毎日
≫パリ経由 関空着*水除く毎日
他の空港着や航空会社ご利用もスケジュールによりご案内可能です
又は他訪問地へ
機内 泊
日程Top ↑
11日目 日本着
スケジュールは予告なく変更される場合があります

PAGE TOP

facebook
twitter
google+
LINEで送る