日本語でOKのオーダーメイド

海外旅行永遠のテーマ「言葉の壁」
不安や心配は最小限の自由な旅を

ヴェネツィア
訪ねてみたい都市ヴェネツィア
海外旅行で一番心配なのは「言葉」という方。日本から添乗員が同行するツアーで行くしかないと思われていませんか?特にヨーロッパは「言葉」の壁が高いと思われているようで、当社がオーダーメイドのプランをご提案すると「言葉が心配なのでオーダーメイドでは…」とか、「オーダーメイドだと、いざという時そばに言葉の通じるガイドがいないので…」といった声を耳にします。 しかしながら、オーダーメイドでも十分日本語案内がある旅行プランが可能です。
オーダーメイドの基本
=航空券+空港送迎+宿泊+観光その他
オーダーメイドもパッケージツアーも同じ旅行素材の組み合わせです。言葉の心配をすることなく、この組み合わせ次第で自由にご希望通りのプランニングが叶うなら、自分だけの旅行プランで出かけたいと思いませんか?基本となるそれぞれの素材に日本語の案内があれば問題は解決。もし無い場合でも対処方法はあるのでご心配は無用です。
ではひとつずつご案内してまいりましょう。

■■■航空券

日本発着の航空会社は、外国の航空会社でも必ず日本人、または日本語客室乗務員が乗務しています。
問題は目的地まで乗り継ぎがある場合。海外の空港で乗り継ぐ場合、その先のフライトは偶然日本人の客室乗務員が乗務していない限り日本語を話せる客室乗務員はいません。日本の航空会社でも乗り継ぎ空港から先は現地の航空会社となるため事情は同じです。
この場合乗り継ぎ空港にいる利用航空会社の日本人または日本語スタッフを活用すれば安心です。例えばエールフランスは、シャルル・ド・ゴール空港に日本人スタッフやとても日本語が堪能なスタッフを多数常駐させています。 エールフランスでパりから先の目的地に向かう場合、自分の搭乗する便がどこのゲートから出るか、ターミナルが違う場合はどうすればよいかなど無料で尋ねることができます。 さらに有料(1~4名まで1件につき€150.00/2017年3月現在)で、専属の日本語を話せるエールフランス・スタッフによる以下のサービスを提供しています。ご利用には事前の予約が必要となりますので有料サービスをご希望の場合はお申し込み時にお申し付けください。 その他の主な大都市空港にも各航空会社により日本人、または日本語を話せるスタッフが常駐しています。詳しくはお申し込みの際にお尋ねください。

■■■空港送迎

主な大都市空港には以下のように空港⇔ホテル間の送迎に日本語による案内サービスがあります。
イギリス…ロンドン、エディンバラ、ベルファスト イタリア…ローマ、ベネチア オーストリア…インスブルック、ザルツブルグ、ウィーン オランダ…アムステルダム ギリシャ…アテネ スイス…バーゼル、ベルン、ジュネーブ、チューリッヒ スウェーデン…ストックホルム スペイン…バルセロナ、グラナダ、マドリッド、セビリア チェコ…プラハ デンマーク…コペンハーゲン トルコ…イスタンブール、カイセリ(カッパドキア) ドイツ…ベルリン、ケルン、デュッセルドルフ、ハンブルグ、ハノーバー、ライプチヒ、ミュンヘン、シュツットガルト ノルウェー…ベルゲン、オスロ ハンガリー…ブダペスト フィンランド…ヘルシンキ フランス…リヨン、マルセイユ、ニース、パリ ベルギー…ブリュッセル ポルトガル…リスボン マルタ…マルタ ラトビア…リガ リトアニア…ビリニュス ルーマニア…ブカレスト
では日本ご案内の送迎がない空港に到着した場合はどうすればよいのでしょうか?
その場合は現地語ドライバーをご利用ください。当社がご案内する空港送迎は事前にフライトスケジュールにあわせて手配をし、ご出発前の最終案内で予約&支払済みクーポン(バウチャーといいます)をお渡しします。日本語による案内のない送迎でも、到着空港で待っているドライバーにこのバウチャーを渡せば、ドライバーにあれこれ指示することなく確実にホテルまでお送りします(ホテルから空港の場合も同様)。
基本的に空港送迎は専用車1台(+現地語を話すドライバー)をご利用人数割りするサービスで、他のお客様と混乗ではありません。日本語による案内は原則として現地語ドライバーに加え日本語係員が同乗するため、人件費は2倍になり多少割高になります。下記モデルプランのようにドライバーが日本語を話す場合はドライバーが日本語係員を兼務するため、現地語ドライバーのご案内よりは多少割高ですが日本語係員がプラスされるよりはリーズナブルです。
旅の目的に沿ったロケーションの鉄道駅近くに建つホテルをご利用されれば、送迎は不要なため予算も抑えられて無駄な移動時間を取られず一石二鳥ですが、送迎が必要な場合、例えば空港や駅への到着時間が夜~深夜になるとか、利用したいホテルの近くに鉄道駅が無い場合などは、そこだけに限定してご利用されれば必要以上に割高になることは避けられます。
到着初日に空港送迎を事前手配しておけば、入国審査後即宿泊ホテルへ直行でき便利です。到着便のお時間に合わせて空港ロビーでドライバーがお迎えします。もし、フライトが遅延しても必ずお待ちしているので安心してご利用頂けます。空港送迎代はチップも含まれておりますので、ドライバーに渡すチップのご心配は無用です。空港送迎だけではなく、駅や港への送迎サービスにも日本語による案内がある都市もございますので、詳しくはお申し込みの際にお尋ねください。

■■■ホテル

ヨーロッパでは日本語を話せるスタッフが常駐しているホテルは限られます。そのほとんどが4~5っ星クラス、それも大都市の数軒のホテルのみです。ホテルで日本語が必要と感じられるのは主にチェックイン時とチェックアウト時、こんな時はどうすればよいでしょうか?
ホテルについても空港送迎同様、バウチャーをお渡しします。フロントでバウチャーを提出すればチェックイン時に説明をする手間が省けます。チェックアウト時は何も無ければキーを返すだけですが、お部屋のミニバー、ルームサービスや、ホテル内施設でのお買い物や飲食などのお支払いをお部屋付けにしてある場合などは精算があります。 その精算については、それぞれの有料サービスをご利用される度に勘定書にサインを求められますから、まずは明細、合計金額をよーく確認してからサインをしましょう。メモをしておくのも良い方法です。チェックアウトの際にはその全てを再確認してお支払いするだけです。
最近は、空港送迎車に同乗する日本語係員がホテルチェックインのお手伝いや空港チェックインのご案内まで担当する都市が増えましたのでその都度お問い合わせください。
では万が一、ホテル側の過失や精算時に問題がある場合、オーバーブックなどのトラブルがあったときはどうすればよいでしょうか?その時は当社が出発前にご案内する現地緊急連絡先にご連絡ください。おおむね24時間日本語で対応しますので、ホテルの人にバウチャーに記載された現地緊急連絡先へ連絡をしてもらい、ホテルスタッフと直接話してもらいます。その会話の後電話を代わってもらい、緊急連絡先のスタッフから結果や対処方法を聞くことができます。 困ったことやわからないことがあったら躊躇ぜずに現地緊急連絡先を活用してください。旅のトラブルはその場で即座に対処することが最善策です。

■■■観光 その他

目的地での観光は日本語ガイドや係員が案内する現地発着のオプショナルツアーが多数ありますので、うまく活用しましょう。昼食付の終日ツアーは、ランチのためにレストランを探す手間が省けます。夕食はディナー付きのショーや夜の観光ツアーを利用すれば、日本語ガイドや係員がレストランでも案内します。
それ以外の食事はどうしましょう?大都市のレストランならほぼ英語のメニュー、場合によっては日本語メニューがありますので、言葉が通じなくてもボディランゲージでチャレンジしてみるのもプライスレスな旅の思い出になります。 無理・無理・無理という方には空港送迎やホテル同様、事前に予約手配し、予約&支払い済みのミールクーポン(これもバウチャー)をお渡します(提携レストランのない都市もございますのでご注意を)。バウチャーをレストランで提出していただければ、事前に連絡があったメニューどおりのお食事が楽しめます。チップを心配する必要もありません。バウチャーに含まれないお飲み物を召し上がる場合は別途注文、お支払いしてください。
決まったスケジュールのオプショナルツアーとは別に、専用ガイドと専用車をチャーターして自由に観光や食事を楽しむ手配も可能です。
鉄道について…、鉄道はより広範囲に旅行プランを広げられる便利な素材ですが、利用が難しいと思われがちです。けれどもヨーロッパの鉄道は日本の鉄道同様便利で簡単なので、手厚い係員の案内は不要に思います。
チェックイン手続きと手荷物チェックがあるユーロスターやタリス、AVEなどを除けばほとんどは駅に改札はなく、駅舎からプラットフォームまで自由に出入りが出来ます。日本で目にするような各プラットフォームの発車案内の掲示板で乗りたい列車の出発時間とフォームを確認したら、そのプラットフォームまで行き乗車。チケットは出発後車掌が客席に確認に来るシステムです。
以前は国境越えの場合車内で出入国手続きがありましたが、現在のヨーロッパの国々のほとんど(シェンゲン協定加盟国のうち25か国間)は国境を超える場合でも車内での出入国審査はなくなりましたので、言葉の不安が少し減りました。
シェンゲン協定加盟の25か国
アイスランド、イタリア、エストニア、オーストリア、オランダ、ギリシャ、スイス、スウェーデン、スペイン、スロヴァキア、スロヴェニア、チェコ、デンマーク、ドイツ、ノルウェー、ハンガリー、フィンランド、フランス、ベルギー、ポーランド、ポルトガル、マルタ、ラトビア、リトアニア、ルクセンブルク
※※英国(グレートブリテン及び北部アイルランド連合王国)は加盟していないので出入国審査が必要です。また、英国とアイルランド間も出入国審査が必要です※※
乗り換えの場合も次の列車の出発番線を確認してプラットフォーム間を移動するだけです。また到着駅でも改札はないので、列車を降りたらそのまま駅を出てしまってかまいません。
案内の掲示板で駅名や都市名などは全てその国の言語でを記載しているので、ご自身の旅程に含まれる都市名などはあらかじめスペルなどを調べておけば良いでしょう。
鉄道については別途欧州鉄道旅行ガイドを参考にしてみてください。

■■■その他 安心 安全

空港送迎、ホテル、現地発着ツアーは当社が提携する現地手配会社を通して予約します。そのほとんどで日本人、または日本語を話せるスタッフが常駐しています。万が一のトラブルの場合は現地緊急連絡先で24時間日本語で対応しますので、どうぞご安心ください。その他現地についてから思いついた観光があれば、その会社に連絡して取り扱いがあるか聞いてみてください。手配可能な場合はそこで予約することも可能です。
パスポートをなくしてしまった、盗難にあったといったトラブルは、海外旅行保険の現地アシスタンスサービスが心強い味方です。当社取り扱いの海外旅行保険は現地緊急連絡先が24時間日本語で対応しますので、必ず海外旅行保険に加入して出かけましょう。お持ちのクレジットカードの現地アシスタンスサービス(サービスはほとんど有料です)も事前にお調べのうえ、是非活用してください。
最近は日本の携帯電話のほとんどが海外でも利用可能ですので、通信手段として是非お持ちください。事前にご自身の機種が海外で利用できるかどうか、操作方法などのご確認をお忘れなく。使えない場合は海外レンタル携帯電話のサービスもございます。 パソコン、スマートフォンを旅行に携行されるのであれば、見積もり時から当社へいつも連絡いただいている通り、当社へメールでお問い合わせ、ご連絡頂いてもかまいません。ただし、こちらは24時間対応というわけにはいきませんので時差は予めお含みおきください。

■■■プラン例

例として、フランス6泊8日を日本語案内付オーダーメイドプランにしてみました。フランスに限らず大都市はほぼ同様に日本語による案内が可能です。 ご希望の国や地域でどれほど日本語の案内が可能かは、ご遠慮なくメールまたは見積もり依頼フォームからご要望を添えてお問い合わせください。

日本語でOKのオーダーメイド フランス

モデルプラン サンプル日程

1日目 日本(成田,羽田,関空)発
エールフランス航空の直行便にてパリへ
機内に日本人又は日本語乗務員搭乗
パリ シャルル ド ゴール空港到着 フランス国内線が発着するターミナルへ移動
日本発便到着ターミナルは日本語スタッフ常駐
エールフランスの*パーソナライズドサービスで乗継も安心
*専属日本語係員が到着口から乗継便の搭乗口へご案内(要事前予約 有料)
国内線に乗り換えニースへ
到着ロビーで日本語ドライバーが迎え 専用車にてホテルへ
日本語ドライバーがホテルチェックインのお手伝い
夕食: 事前手配のレストランで3コースメニュー
レストランの場所とメニューをご案内しますので予約時間にお出かけください
レストランにてバウチャー提示でお席へご案内
滞在中のわからない事やトラブルは24時間日本語対応の現地緊急連絡先へ
ニース
2日目 朝食: ホテルにて
日本語ガイド付観光
オプショナルツアー例
  • ニース午前半日市内観光
  • エズとモナコ半日観光
  • コート ダ ジュールの小さな村巡り(昼食付)
  • エズとモナコ半日観光...などなど
フランスのオプショナルツアー
(こちらから申込の場合はお客様とVELTRAとの契約になります)
又は半日or終日専用日本語ガイドと車をチャーター
夕食: 日本語ガイド付モナコ カジノとディナーツアー
滞在中のわからない事やトラブルは24時間日本語対応の現地緊急連絡先へ
ニース
3日目 朝食: ホテルにて
ホテルチェックアウト
ホテルロビーで待つ日本語ドライバーと車で駅へ
フランスの特急TGVでパリへ
到着後 プラットフォームで日本語ドライバーがお迎え 専用車にてホテルへ
バウチャーを提示してチェックイン
日本語ドライバーがホテルチェックインのお手伝い
夕食: 日本語係員付のセーヌ川ディナークルーズ
滞在中のわからない事やトラブルは24時間日本語対応の現地緊急連絡先へ
パリ
日程Top ↑
4日目 朝食: ホテルにて
日本語ガイド付観光
オプショナルツアー例
  • パリ市内観光1日コースは昼食付
  • ヴェルサイユ宮殿観光(+トリアノン)1日コースは昼食付
  • ルーヴル美術館観光1日コースは昼食付
  • ロワール古城巡り(昼食付)
  • ジベルニー観光
  • ブルゴーニュと世界遺産ヴェズレー村 ワイン農家での昼食付
  • シャンパーニュ地方観光...などなど
フランスのオプショナルツアー
(こちらから申込の場合はお客様とVELTRAとの契約になります)
又は半日 or 終日専用日本語ガイドと車をチャーター
夕食: 日本語係員付のディナー ショー(リド ムーラン・ルージュ)
滞在中のわからない事やトラブルは24時間日本語対応の現地緊急連絡先へ
パリ
日程Top ↑
5日目 朝食: ホテルにて
日本語ガイド付終日モン・サン・ミッシェル観光(名物オムレツの昼食付)
通常コースは昼食付ですがデラックス コースは昼食と夕食が含まれます
滞在中のわからない事やトラブルは24時間日本語対応の現地緊急連絡先へ
パリ
日程Top ↑
6日目 朝食: ホテルにて
終日自由行動 最終日は予備日
ショッピングなど自由に過ごす日としてお使いください
主なデパートは日本語係員が常駐
昼食: 事前手配のレストランで3コースランチ
夕食: 事前手配のレストランで3コースディナー
レストランの場所とメニューをご案内しますので予約時間にお出かけください
レストランにてバウチャーを提示でお席へご案内
滞在中のわからない事やトラブルは24時間日本語対応の現地緊急連絡先へ
パリ
日程Top ↑
7日目 朝食: ホテルにて
ホテルをチェックアウト
ホテルロビーで待つ日本語ドライバーと車で空港へ
チェックインカウンターや搭乗口は日本語スタッフ常駐
エールフランス航空の直行便で日本へ
機内に日本人又は日本語乗務員搭乗
機内 泊
日程Top ↑
8日目 日本(成田,羽田,関空)着
スケジュールは予告なく変更される場合があります
いかがでしょうか?100%日本語OKというわけではありませんが、これならさほど言葉の心配なく、かつご自身だけのオーダーメイドプランでご旅行できそうな気になりませんか?
経験上自信をもって申し上げられるのはどの国も「観光客」にとても親切で、たとえ言葉が通じなくても困っていれば必ず手を差し伸べてくれますので、安心して海外旅行にお出かけください。。
それでもやはり自信がない・・・というに方は、「添乗員付きをオーダーメイド」もご用意しておりますので是非ご覧ください。規定ツアーにはないオリジナルプランを、最少催行人数を気にすることなく、また他のツアー客に気兼ねすることなく、おふたり様、あるいはグループ専属で日本から同行する添乗員付きのプランをお作りします。

PAGE TOP

facebook
twitter
google+
LINEで送る