世界一周をオーダーメイド

もはや一生に一度ではない
テーマに沿って地球を一周

世界一周 1
ワンワールドグループのひとつカンタス航空

世界一周の基本と3つのアライアンス

世界一周とは以下に説明する世界一周航空券を利用した旅行の事です。
世界一周航空券の基本は、太平洋と大西洋を1度ずつ横断して地球を1本の線でつなぎ最低3大陸で滞在することです。西回りでも東回りでも、同一方向に進んで最終的に出発地に戻るルートであればOK。加えて意外とリーズナブル。例えば成田⇔ロンドン往復はビジネスクラスノーマル航空券が100万円を超えるのに、世界一周航空券ならビジネスクラスでも最低運賃は60万円ほど。単純往復よりリーズナブルです。
どの航空会社も一社だけで地球を一周することはできないので、アライアンスという航空会社のグループを作り、自社運航していない区間はグループ内の他航空会社が運航する区間を利用することで世界一周を可能にしています。
各アライアンスで若干の違いはありますが、
  • 1年間有効
  • 最大16区間まで 陸路も1区間と数える
  • 17区間以上は追加で各大陸の周遊パスを利用可能
  • 最初の区間以外は予約なし(オープンチケット)で発券可能、予約済でも空きがあれば無料で変更可能
  • 出発後の経路変更は若干の要手数料で可能
という条件は共通で、制約が多い一般的な往復及び周遊航空券よりも使い勝手が良い、国際航空運送協会(IATA)が決めている公示運賃の一つです。
現在世界一周が可能なアライアンスは以下の3グループ。貯めているマイレージで選んだり、旅行したい都市へ就航している航空会社の組み合わせで選ぶのもよいでしょう。

スターアライアンス

全日空、ルフトハンザドイツ航空、ユナイテッド航空など全28社が参加する最大のアライアンス

ワンワールド

日本航空、アメリカン航空、ブリティッシュエアウェイズなど全14社及び系列航空会社のアライアンス

スカイチーム

エールフランス、KLMオランダ航空、デルタ航空など全20社のアライアンス。日本の航空会社は参加していません。
(上記各諸条件は2017年2月現在)

テーマに沿った世界一周

映画「80日間世界一周」の時代とは違い、現在はわりと気軽に計画することが出来るようになりました。それだけに今日は様々なテーマ(目的)をもって世界をめぐる方々が増えつつ。
「フライト」ならではの世界一周テーマをいくつかご紹介します。

世界の車窓を求めて

世界一周航空券は途中陸路移動(サーフェス区間)を加えることが出来ます。世界各地の珍しい列車や伝統の豪華列車への乗車を加えたフライ&レイルの世界一周プランが可能です。
特別列車に限らず何の変哲もないローカル路線でも、鉄道旅行は航空機移動にない旅情を掻き立てる魅力を持っています。

乗馬で6大陸制覇

ワンワールドが用意する2つのタイプの世界一周航空券のうち、訪問する大陸によって運賃を計算するワンワールド・エクスプローラー世界一周航空券を利用してアジア、オセアニア、アフリカ、ヨーロッパ、南北アメリカの6大陸それぞれで乗馬をする世界一周です。それぞれの大陸で違う乗馬スタイルを楽しむ旅はまたとない体験、スケールが格段に違うことでしょう。

世界の街並みをスケッチ

スケッチブックと絵具に絵筆をもって世界中の風景を描きながら旅することはきっと素敵なことでしょう。また一期一会の一瞬をカメラスケッチしながらの旅も心くすぐられるテーマです。
スケッチのモチーフはヨーロッパに限りません。描いてみたい国や街並みをお知らせください。無理のないルートでプランをご案内します。

選手とともにテニス転戦

お目当ての選手が出場する大会を選んで1年かけて追いかける超マニアックな世界一周です。
グランドスラムはオーストラリアから始まりフランス、イギリス、アメリカというように、世界一周の規則(太平洋と大西洋を1度ずつ横断し、3大陸で滞在する)に沿って周ることが出来ます。同様にATPワールドツアーも1000、500、250グレードを合わせると、世界中で1年中大会が行われています。

テーマをもとにプラン例

上記テーマから「世界の車窓を求めて」をピックアップし、特に世界各国で徐々になくなりつつある各大陸の寝台列車を制覇する世界一周旅行をスターアライアンスでプランニングしてみました。各鉄道の運行スケジュールと発着地での宿泊を含めても1か月以内の日程が可能です。 この日程の場合乗継を含め全部で11区間、エコノミークラスで422,700円でした(各税金、燃油サーチャージを除く 2017年2月現在)。各アライアンスとも別途追加可能な各大陸内周遊パス航空券を利用するとより多く訪れることが可能です。
これはほんのヒントにすぎません。
ご自分のオリジナルテーマを見つけたら、見積もり依頼フォーム、又はメールにてご要望を添えてお問い合わせください。

PAGE TOP

facebook
twitter
google+
LINEで送る