ヨーロッパ鉄道旅情
欧州ビールめぐり

ビール片手に

インターシティー
アイリッシュパブ(ダブリン)
このホームページを隅から隅までご覧の方は、「ビール好きな会社」と思われるかと。そのとおり。美味い一杯の為に一日がんばり(がんばらないと美味くありません)、食事を何にするかはビールありきで考えるほど。その土地の食事とともにその土地の酒を。これも旅の醍醐味です。ヨーロッパといえばワイン。そして忘れちゃいけないビール。ヨーロッパにはビールの文化があちらこちらにあり、ワインのように製法や管理、飲み方にこだわったビールが沢山あります。今回はビールの聖地を、列車を利用して巡るモデルプランをご案内します。急ぐなら飛行機ですが、ビールを片手に車窓から風景を眺めながらの旅は格別です。東はチェコから始まり、西のアイルランドまで、12都市を巡るプランです(ルートマップはコチラ)。こちらのプラン、 またはアレンジや料金については見積もり依頼フォームからお問い合わせください。
「幸せの極致にいる人間の口はビールで満たされている」~ 古代エジプトの格言 ~
さぁ!幸せの極致へ!
ピルスナービール
最初はチェコ共和国。プラハから古城街道に沿って。
プラハはチェコ共和国の首都。ビールは国民の飲み物とされています。銘柄は470以上。1499年創業の醸造所レストランウ・フレク(U FLEKU)では黒く濁ったダークビールが楽しめます。ウェイターがたくさんのジョッキを肩に乗せて客の様子を見計らってテーブルへ。チェコのパブでは空のジョッキをテーブルの上に置いたら、「もう1杯!」の合図です。くれぐれも飲みすぎにはご注意を!
プラハ中央駅から急行列車で1.5時間、ピルスナー・ビール発祥の地ピルゼンへ。Eurocityならプラハ09:11発、ピルゼン10:50着。
今では世界の90%を占めるピルスナービールですが、1841年、ここピルゼンで偶然できた澄んだ黄金色に輝くビールがそのルーツ。ビール作りに適したザーツのホップ畑とボヘミアの大地から流れる澄んだ水。ピルゼンではピルスナー・ウルケル醸造所PILSNER URQUELL BREWERY)へ。ピルスナー・ウルケルとは、「ピルゼン・オリジナル」の意味です。火入れされていない世界最高のピルスナーに足を運ぶ価値あり。またチェコビールの歴史を知ることができるビール醸造博物館PIVOVARSKE MUZEUM)へも是非。
ミュンヘン中央駅
古城街道を少し外れて、チェコ、ピルゼンから急行列車で4時間余、ドイツ、ミュンヘン中央駅へ。Eurocityなら、ピルゼン11:00発、ミュンヘン15:15着。
ミュンヘンはバイエルン地方の大都市。「芸術とビールのはざまで、ミュンヘンは丘と丘の間にある村のようだ」とはドイツの詩人、ハインリッヒ・ハイネの言葉。オクトーバーフェスト(秋の収穫祭)の会場となる、すっかりおなじみのホフブロイハウスHOFBRAUHAUS)は、もっとも有名なビアホール。ここで飲まれるビールは1日当たり約1万リットルとも言われます。
ミュンヘンを拠点に外せない2か所へ日帰り旅行を。
まずはミュンヘン中央駅から快速列車で片道1.5時間、バイエルン州の古都レーゲンスブルクへ。こここそドイツビールの聖地です。世界最古の修道院醸造所であるヴェルテンブルグ醸造所(WELTENBURG KLOSTERBRAUEREI)では、1516年バイエルン君主ウィルヘルム4世が発令した「ビール純粋令」を頑なに守ってビールを醸造しています。大麦、酵母、ホップ、水だけしかビール作りに使うことができないという趣旨の法律です。醸造所に隣接したレストランやドナウ川のたもとに石橋作りの職人のために始められた世界最古のソーセージ店ヒストリーシェ・ブルストキュッ(HISTORISCHE WURSTKUCHE)で、ヴェルテンブルグ・ビールを味わうことができます。
あくる日は古城街道沿に沿って、ミュンヘン中央駅から特急列車で片道2時間、フランケン地方の古都、町そのものが世界遺産のバンベルクへ。
7つの丘に囲まれた立地が似ていることからドイツのローマ、または、運河がはりめぐらされた様子からドイツのベニスと称される美しい町で、10あるビール醸造所の2軒で世界的にも珍しい燻製ビール(ラオホビア)を作っています。フランケン地方では昔からブナ材を使って燻して乾燥させた麦芽を使ってビールを醸造。ヘラー醸造所BRAUEREI SCHLENKERLA HELLER BRAU)は昔とまったく変わらぬ製法で麦芽を薫製し、700年以上前に作られた地下トンネルをセラーとして使って保管し、手作業で木樽へつめて出荷するというビールの歴史そのもの。人気の直営パブ「シュレンケルレ」では名物の燻製ロースト・ポークやアイスバインとともに豊潤で香り高い燻製ビールが楽しめます。
インターシティー 食堂車1
インターシティー 食堂車2
ミュンヘンを後にし、ドイツ第2の都市ハンブルクへ。
ドイツの新幹線INTER-CITY EXPRESSで5.5時間。ICE-880なら、ミュンヘン中央駅10:20発、ハンブルク15:54着。列車の旅ならではの醍醐味、車窓からの眺めとともに、食堂車やバーでお食事やビールを楽しみましょう。中世後期にはハンザ同盟の中心都市として栄え、バルト海沿岸の貿易を独占し、ここを拠点に世界中にドイツビールを広めました。
ハンブルクを代表するホルステン醸造所HOLSTEN BRAUEREI)でも「ビール純粋令」を忠実に守り、管理システムにコンピューターが導入された今日でも熟練のマイスターの技術を最優先にピルスナー・ビールを醸造。ドイツ南部と比べ北部では苦いビールが好まれるので贅沢にホップを使用しているんだとか。名物、ニシンの酢漬けをパンで挟んだサンドイッチとともに苦味の利いたピルスナービールを。
ハンブルクからオランダの首都アムステルダムへ。
ICE-1023で、ハンブルグ9:46発、オスナブリュック11:35着、INTER-CITYに乗り換えICE-148で、オスナブリュック11:53発、アムステルダム南駅15:02着。
ドイツ同様、船貿易でオランダビールを世界中に広めた都市です。今では国際的なブランドとなり170か国で飲まれているハイネケンは有名。ハイネケン醸造所HEINEKEN BREWERY)はアムステルダム南駅と中央駅のほぼ中間あたり。アムステルダム中央駅からバスで35分の港町フォーレンダムの名物ニシンの塩漬け&酢漬け。コレで一杯はたまりません。
次はベルギーへ向かいます。
アムステルダム中央駅08:56発、INTER-CITYでブリュッセル中央駅に11:38着。わずか3時間弱です。
ベルギーでは上面発酵で醸造されるエール・ビールが主流。酵母を常温で短時間に発酵させ、複雑な香りと深いコク、フルーティーな味を生み出すスタイルです。
ベルギー国民もビールが大好き。国内には120もの醸造所があり、銘柄は800以上。
首都ブリュッセルからはバスでの移動のみとなる、白ビールの代表ヒューガルデン醸造所HOEGAARDEN BREWERY)では、コリアンダーなどのハーブを使用した白ビールを醸造しています。隣接したレストランではビール料理(味付け、コクなどにビールを使用)を楽しむことができます。
またブリュッセルからの日帰りでは、アントワーブ経由で1.5時間、プアス(PUURS)には、有名なデュヴェル醸造所BREWERY DUVEL MOORTGAT)へ。アルコール度数が高い(8.5%)のにクリーミーな泡立ちは「悪魔のビール」といわれています。このビールは専用のチューリップ形のグラスで飲むのが正統。
ブリュッセルでは自然発酵ビールのランビック・ビールというものもあります。これはまるでワインのような取り扱い。何年も寝かせたランビック・ビールはヴィンテージ・ビールになり、ゲントの町ではこのヴィンテージ・ビールを専門に取り扱うパブもあるほど。代表的な銘柄はカンティヨンです。
セントパンクラス
ベルギーからはユーロスターで一路イギリス、ロンドンへ。ユーロスター9127はブリュッセルMIDI駅を11:50に出発し、13:08にはロンドンST. PANCRAS INTERNATIONAL駅に到着します。ヨーロッパの列車は駅に改札がなく、構内に自由に入ることができます。検札は列車の中で行われるためです。ところがスペインのAVEやタリス、その他一部の列車同様、ユーロスター乗車の際は専用改札の他、出入国手続き、セキュリティチェックがあります。
イギリスもベルギー同様、エールビールが主流です。イギリス伝統のリアルエールで、500もの醸造所があり、銘柄は2500以上。そして国内に60,000店もあるパブは、まさにイギリス国民の生活の一部。最初に好みのビールを頼み、支払いが済めば、飲み方は自由です。食事も多種多様で、ステーキ、オムレツ、キドニーパイ、チップス(フレンチフライかポムフリッツ)、そして名物フィッシュ&チップスなどなど・・・。
パブで間違えやすいのが「PLOUGHMAN'S LUNCH/農夫の昼食」と「JACKETS」です。前者はパンと(大抵)サラダとピクルスで、チーズと時にはパテが付け合わせになっており、後者は皮つきのまま焼いたポテトに、チーズ、ベークドビーンズ、ツナなどの付け合わせを添えたものをいいます。旅行者は特に注意が必要なようです。
アイリッシュビール
ロンドンから最後の聖地、アイルランドのダブリンへはさすがに海を列車で渡ることはできないので、飛行機で向かいます。ここには世界最大のビール醸造所、ギネスがあります。ダブリンはギネス発祥の地、世界でギネスを最も楽しめる町です。ギネスの醸造所、セント・ジェームス・ゲート醸造所に隣接するギネス・ストアハウスは、ギネスの歴史を納めた7階建てのギネスの殿堂とも言える建物。ギネス・ショップ、バー、レストランなどがある公式ビジター・センターです。
ダブリンだけでも800軒もあるというパブは、アイルランドの文化が凝縮された社交場。どんな小さな村にも必ず1軒はあります。アイルランドでの楽しみは、このパブで夜毎行われる伝統音楽とダンスのセッションです。フィドル(バイオリン)を主体とした民族楽器で演奏される即興音楽に合わせたアイリッシュダンスのショーが行われ、観客、演奏者が一体となります。
また旅行者にはパブ・ランチも楽しみの一つです。
アイルランド国内については別途「鉄道旅情 アイルランド」をご参照ください。
このプランの列車利用は9日間(イギリス~アイルランドの空路移動を除く)、ユーロスターがフランスを通るため、イギリスを除く5か国に適用のユーレイル・グローバルパス(15日間連続通用・1等利用、2等は25歳以下のユースのみ)なら、76,400円です(INTERCITY-EXPRESS、ユーロスターなどの座席指定料金を除く、2017年2月現在の換算レートによる)。
レイルパスに含まれないユーロスターの座席指定チケットは1等1座席14,900円から、INTERCITY-EXPRESSなど座席指定をする場合は1等1座席につき2,500円です。
列車時刻と運賃、換算レートは2017年2月のものです。シーズンにより多少変更になる場合があります。
最上部右側、及び最下方写真提供:アイルランド政府観光庁

PAGE TOP

facebook
twitter
google+
LINEで送る