ヨーロッパ鉄道旅情
ベルギー ワロン地方
「24の美しい村々」めぐり

ベルギー南部の美しい村々

ベルギーは南北2つの地方に分かれており、北部をフランダース地方、南部をワロン地方といいます。首都ブリュッセルはフランダース地方南部に位置し、その他一般的に「ベルギー」というと思い浮かべる主な町ブルージュ、アントワープ、ゲントなどはいずれもフランダース地方の町です。
ですが、今回ここでご紹介するのは南部のワロン地方の美しい村々。この地方はパッケージツアーではほとんど紹介されていない、小さいながら個性的で美しい町や村の宝庫です。
フランスから始まった「最も美しい村々」保存活動はその後イタリア、このベルギーにも伝わってきました。フランス、イタリアほど数が多いわけではなく、ベルギーはこのワロン地方にわずか24の村が登録されているだけです。たった24の村ですから駆け足なら8~10日間程で全てを制覇できそうですが、それでは各村独自の美しさ、そこでしか感じることが出来ない風や香り、人々との触れ合いは体験できません。時にはそこに一晩滞在しながら、ゆっくり、じっくり廻ってみてはいかがでしょうか。
ベルギー全図 ワロン地方マップ

交通事情

以下にご案内の9つの基点となる町は、デュルビュイを除き全ての町にベルギー国鉄(NMBS/SNCB 英語)の駅があり、各都市間は鉄道で移動が可能です。日本で事前に購入できるレイルパスはユーレイル・ベネルクス・パス。オランダ、ルクセンブルク、ベルギー3か国をカバーするレイルパスです。またフランスと合わせて周遊する場合はベネルクス&フランス・パスが便利です。いずれもフレキシータイプ(一定の期間のうち乗車日を選んで利用、選んだ日は乗り放題)のレイルパスです。パリ~ブリュッセル間を走る特急タリスなどの国際列車は事前座席指定が必要ですが、基点となる主な都市間を結ぶ特急Intercityは事前座席指定は不要です。レイルパスを駆使して自由に乗り降りしましょう。
けれども、ご紹介する美しい村はいずれも鉄道が通っていない村ばかり。そこで路線バスを利用します。バスの乗り方は日本とそんなに変わりません。ほぼ前乗り前払いです。チケットは車内で買うと割高になるので駅等で事前に買っておきましょう。
≪乗り方≫

プラン計画のコツ

バスの時刻表やルートを探すにはベルギー国鉄のウェブサイトが便利です。このウェブサイトは鉄道だけではなく、バスや主要都市のトラムのスケジュール、ルート検索が出来ます。トップページで出発地、目的地名を入力するだけ。途中に鉄道が入る場合でも、鉄道、バスの乗り継ぎを案内してくれます。とはいえベルギーのバスは、どのルートを見ても日本のように朝から晩までひっきりなしに運行しているわけではなく、1日に片道2~3本がせいぜいです。また生活路線のバスルートが多く、週末は運行していないこともあります(ヨーロッパではよくあることです)。そう考えると基点となる都市から1日に訪れることが出来る村は1~2箇所でしょう。24箇所廻るには1度のご旅行では難しいかもしれませんので、以下をご覧になりながら目的地を絞ったプラン作りが良いかと思います。
ベルギーの玄関口ブリュッセル空港には駅があり、エアポート・シティ・エクスプレスでブリュッセル中央駅へ約20分で到着します。まずはブリュッセルに1泊、その後は訪問を希望する村へのアクセスの基点となる以下の都市へ鉄道で移動します。基点都市には行きたい村への移動前後の宿泊が必要となるでしょう。各基点都市間の移動は長くて2時間くらいです。最後はもう一度ブリュッセルに戻って1泊、もしくはそのまま空港へ移動して帰国となります。
また、「ワロン地方の最も美しい村々」オフィシャルサイトはフランス語のみの表記ですが、各村のページに行くとデジタルパンフレットをご覧になれるので便利です。パンフレットは表裏2枚の簡単なものですが、裏面ページには村の地図が出ています。
ではベルギー国鉄のウェブサイトと「ワロン地方の最も美しい村々」オフィシャルサイトを使いながら、さっそくウェブ上で24の美しい村々巡りに出発です。ベルギー国鉄のウェブサイトによるルート検索は2017年9月現在。

北部 ブリュッセルを基点とする村々

ブリュッセル グラン・プラス
©WBT-JosephJeanmart
ベルギーの旅は、ほとんどの方がブリュッセルから始めるのではないかと思います。ベルギーの首都であり国連本部があるこの都市には、ユネスコ世界遺産に指定されたグラン・プラスがあります。また、全ての交通網の基点でもあります。
さっそくベルギー国鉄のルート検索を利用して、移動方法を見てみます。
1 最初の目的地はブラバン・ワロン州のメランMelin、ブリュッセル近郊で美しい村に登録されているのはこのメランのみです。
メランはブラバン・ワロン州都ジョドワーニュの西約5km、小さな教会を中心に形成された村。この土地特有の白い石ゴベルタンジュ(Gobertange)と木を組み合わせた切妻スタイルの家々は花で飾られ、4つの農場とこれらの家並みがエスバイエ(Hesbaye)の丘に広がっています。
【移動】Brussel-Noord駅からLeuven駅までIntercityで17分、Leuvenより路線番号18番のバスでMelinへ47分で、最初の美しい村に到着です。
【宿泊】Gite(貸し別荘風の農家の離れ)が1軒のみ。

北部 リエージュを基点とする村々

リエージュ
©WBT-J.P.Remy
ブリュッセルから東へIntercityで約1時間のリエージュはリエージュ州州都。ムーズ川とウルト川の交わる位置にあるこの都市は、古くからヨーロッパ各地への交易の中継点として栄えました。観光地化されていない昔からのヨーロッパが感じられる町です。
この都市から近いのはリエージュ州の3つの村。
2 まずはクレールモンClermont-sur-Berwinneです。広々とした土地の上に建つ堂々とした教会が、あたかもこの村を支配しているかのように見える村。石造りの急な勾配の屋根とレンガの壁で造られた家には、石で縁取られた特殊な窓枠が組み込まれています。
【移動】リエージュ駅よりエルブ(Herve)へ路線番号138番のバスで約1時間、そこで路線番号738番のバスに乗り換え約30分で到着です。
【宿泊】Gite(貸し別荘風の農家の離れ)が3軒あるのみ。
3 次はオルヌOlneです。アルデンヌ地方の広大さとエルブ地方の多様性が見事に調和した村。17~18世紀に建てられたルネッサンス様式のサン・セバスチャン教会の尖塔は、この小さな村の景観でとても際立っています。
【移動】リエージュからはクレールモン同様エルブまでバスで移動し、そこから路線番号106番のバスで約25分です。
【宿泊】ロッジタイプが3軒のみ。
4 最後はソワロンSoironです。壮大なシャトーを中心に、牧草地と広大な果樹園で囲まれた牧歌的な景観の村。「ルネッサンス・ムーズ」(ムーズ川を中心とした地域の再生)の精神のもと、エルブ地方に築かれたこの村の伝統的な家並みは、半木造半レンガ造りで石灰岩を原料とした窓枠が特徴です。
【移動】オルヌ同様エルブまでバスで移動し、そこから路線番号106番のバスで約30分です。同じ106番のバスルートでオルヌソワロンの2箇所を廻ることが出来ます。
【宿泊】なし

中部 ナミュールを基点とする村々

ナミュール
©WBT-J.P.Remy
ワロン地方のほぼ中心に位置するナミュール。「ムーズ川の真珠」ともいわれる美しい街並みです。首都ブリュッセルからはIntercityで約1時間。このナミュールからはナミュール州の3つの美しい村めぐりが可能です。
5 まずはトン・サムソンThon-Samson。小高い丘の上に腰掛けるように建ち、サムソンの谷や緑の景観を見下ろしている村。100メートルを超す石灰岩壁が教会とファームシャトーを見下ろすように切立っており、まるでこの村を守っているかのような景観です。
【移動】ナミュール駅より各駅停車で約10分、Nameche駅に着きます。そこから徒歩で約20分で到着です。
【宿泊】ゲストハウスが1軒のみ。
6 続いてモゼMozet。美しいサムソンの谷の南斜面に広がる村で、灰色の石灰岩と粘板岩の黒、牧草地の緑や畑の風景が見事なコントラストを作り上げています。村の中心では、古いスタイルながら1775年に再建されたピエールブルーの石造りのサン・ランベール教会がこの村を支配しています。
【移動】ナミュールより路線番号42番のバスで1本、約30分で到着します。
【宿泊】ゲストハウス、Gite(貸し別荘風の農家の離れ)など3軒。
7 最後はクリュペCrupet「ワロン地方の最も美しい村々」の本部がある村です。先史時代末期以来、狭い森の斜面にへばりつくように建つ小さな可愛らしい村。豊富な水に恵まれ、19世紀頃は製紙、製塩、鍛冶、製油、ビール醸造の5つの産業で栄えていました。
【移動】ナミュールよりIntercityで約20分、イヴォワール(Yvoir)に到着します。そこで路線番号128番のバスに乗り換え約15分で到着です。
【宿泊】客室数わずか6室ながら4っ星クラスを誇り、世界中のグルメが集まるオーベルジュ「Le Moulin Des Ramiers」をはじめ、Gite(貸し別荘風の農家の離れ)、ゲストハウスが3軒あります。

中部 ディナンを基点とする村々

ディナン
©WBT-J.P.Remy
11世紀初めに築かれた城砦の下にこぢんまりとひらけた絵のような町ディナン。この町で生まれたサックスの生みの親、アドルフ・サックスの名がついた通りがあり、4年に一度国際サックスコンクールが開かれています。ここからはナミュール州に点在する4つの美しい村、リュクサンブール州の2つの美しい村を廻ります。
8 まずはナミュール州のセルCellesへ。7世紀頃に建てられたヴェーヴ城からわずか数キロの、4つの丘に囲まれた村。ビール醸造をしていたサン・アデラン教会はロマネスク様式の傑作とされています。村の歴史は古いものの、保存状態の良い石灰岩で出来た石造りの家並みが美しい村です。
【移動】路線番号67/1番のバスでBOISSEILLESという村まで行き、そこから徒歩で約20分です。
【宿泊】オーベルジュ2軒を含め4軒の宿泊施設があります。
9 次はファラエンFalaen。小さな谷の斜面にたち、シャトーフェルム(農場と城が一緒になったもの)と教会の塔が村のシンボルとなっています。住居は石灰石を利用して造られており、ほとんどが19世紀に建てられたものです。
【移動】ディナンより路線番号31番のバスで1本、約45分です。
【宿泊】3っ星クラスのホテル1軒を含め8軒あります。
10 次はソソワSosoye。蛇行するモリニエ渓谷の斜面にある小さな美しい村。石灰石で造られた家が村を形成しています。ランジネル山がモリニエ渓谷とソソワの村を見下ろすようにかまえており、それらが組み合わさって美しい景観を作っています。
【移動】ディナンより路線番号35番のバスで1本、35分ほどで到着します。
【宿泊】Gite(貸し別荘風の農家の離れ)が8軒ほど。
11 最後はスールムSoulme。幹線道路からは隔離された美しい緑の中にたたずむ村。教会をわずか60軒ほどの家が囲むように寄り添って形成されています。18世紀から19世紀に建てられた家々は石灰岩と漆喰で出来ており、この地方の伝統的なたたずまいです。
【移動】ディナンより路線番号154a番のバスでHeerという村へ約30分。そこで路線番号453番のバスに乗り換え約30分で到着ですが、午前中のスケジュールはなく午後の移動のため、宿泊を余儀なくされます。
【宿泊】Gite(貸し別荘風の農家の離れ)が2軒のみ。
12 リュクサンブール州の1つ目はソイエSohierです。教会、学校、牧師館を中心として、19世紀に建てられた石灰岩の家々と13の農場で形成される村。各家々は全てメインストリートに面して建っており、この村の景観を特徴付けています。
【移動】ディナンから各駅停車でBeauraing駅へ約20分、路線番号26番のバスに乗り換え約25分で到着します。
【宿泊】Gite(貸し別荘風の農家の離れ)が1軒のみ。
13 次はラフォレLaforetへ。スモワ川の左岸に広がる緑豊かな村。かつてこの周辺はタバコ畑として利用されていました。村は教会を中心に2つの通りが平行に走っており、地元で採石した石と木材を用いて築かれた家のファサード"Tricellulaires"が、この村の景観を造っています。
【移動】ディナンから各駅停車でGedinne駅へ約40分、次に路線番号9番のバスに乗り換えVresseへ約35分、さらに路線番号45/3番のバスに乗り換え5分で到着です。
【宿泊】ホテル2軒を含む宿泊施設が多数ありますので、1泊するのも良いでしょう。

中部 デュルビュイを基点とする村々

デュルビュイ
©WBT-J.P.Remy
リエージュの南方には、おそらくこのワロン地方で最も有名かつ人気のデュルビュイ(Durbuy、リュクサンブール州)があります。世界で一番小さな古代からの町といわれ、人口はわずか500人。まるで絵本の中の町のようです。世界中の食通が集まるレストラン「ル・サングリエ・デザルデンヌ」があるため、グルメの町ともいわれています。ここには3~4っ星ホテルが各数軒ずつありますので、ここを基点にリュクサンブール州の3つの美しい村を廻ります。「ル・サングリエ・デザルデンヌ」も4っ星ホテルです。
デュルビュイへのアクセスはリエージュより鉄道でバルヴォー(Barvuax)へ約1時間、そこから先は路線番号99番のバスで約15分です。またバルヴォー駅から独自のシャトルバスも運行しています。
14 まずはウェリスWerisです。平原と森を通り抜けると現れる美しい景観の村。ドルメンとメンヒルの遺跡、17世紀に建てられたシャトーフェルムがあり、村の家々は石灰岩と砂岩を木組みで築き上げて出来ています。
【移動】デュルビュイから路線番号99番のバスでバルヴォーへ戻り、そこで路線番号10/5番のバスで約15分で到着です。
【宿泊】Gite(貸し別荘風の農家の離れ)、民宿あわせて10軒ほどの宿泊施設があります。
15 次はニィNy。伝統的な"Colombage"と呼ばれる石灰岩と木組み造りの家々の村。石灰岩で建てられた教会と司祭館の前には泉があり、水と石の組み合わせがこの村の美しさを引き立てています。
【移動】デュルビュイから路線番号11/5番のバスに乗り約30分でMelreux駅へ、そこで路線番号11番のバスで7分で到着。
【宿泊】Gite(貸し別荘風の農家の離れ)など小規模宿泊施設が5軒。
16 最後はシャルドヌーChardeneux。丘陵の南斜面に家々がしがみつくように寄り添って建っている村。18~19世紀に建てられた黒石灰岩と粘板岩で出来た家々の色合いは村全体の景観と見事に調和しています。
【移動】デュルビュイより路線番号99番のバスで約1時間、Bonsinという村から徒歩で15分程度です。
【宿泊】Gite(貸し別荘風の農家の離れ)が2軒、ゲストハウスが1軒、オーベルジュが1軒。

中部 シャルロワ、クーヴァンを基点とする村々

クーヴァン
©Jean-Pol GRANDMONT
シャルロワはブリュッセルの南西約60km、Intercityで約1時間ほどの距離の所に位置するベルギーの産業の拠点。かつては炭坑で栄えた町です。市庁舎の脇の鐘楼は世界遺産に登録されています。後述のクーヴァンとは鉄道1本(約50分)で移動できるので、シャルロワ、クーヴァンどちらも基点にすることが出来ます。
17 シャルロワから近い美しい村はエノー州のラニーRagnies。南はリュイスル森、北はアゲーズ森に囲まれた自然豊かで温和な村。4つの農場を中心にこの地方の伝統的な家が立ち並んでおり、ロマネスク様式のサンマルタン教会、バロック様式の修道院、古い様式の司祭館などが村の景観を造っています。
【移動】シャルロワ南駅より各駅停車で約20分のThuinという町に着き、そこで路線番号194番のバスに乗り換え約15分で到着です。
【宿泊】ゲストハウスが2軒のみ。
ナミュール州クーヴァン近くには同州内3つの美しい村があります。
18 まずはヴィエルヴ・シュール・ヴィロワンVierves-sur-Viroin。ヴィヴロワン・エルムトン自然公園の中にある、小さな丘の斜面にたたずむ村。牧師館とおよそ30軒の家が集合し、その最も古い建物は17世紀まで遡ります。
【移動】クーヴァンから路線番号60/3番のバスで約30分でたどり着けます。
【宿泊】ホテル1軒を含め10軒ほど。
19 続いてファニョルFagnolle、ナミュール州の典型的な棚田村のファニョルは丘の斜面にたたずんでいる村。石灰岩と粘板岩の家々が特徴的で、18世紀の伝統的な家並みを今に残しています。
【移動】クーヴァンから路線番号156b番のバスで約30分です。
【宿泊】なし。
20 最後はロンプレLompretです。白い水(l' Eau Blanche)と呼ばれる川の蛇行した所にある、18~19世紀にライトグレーの石灰岩で造られた家々の村。1640年に破壊された城跡と、近くにはトラピストビール「シメイ」を生産するシメイ修道院(Abbaye de Chimay)があります。
【移動】クーヴァンから各駅停車で6分のMariembourg駅へ移動し、そこから路線番号156c番のバスで約30分で到着します。
【宿泊】3っ星ホテルが2軒、Gite(貸し別荘風の農家の離れ)が2軒あります。

南部 アルロンを基点とする村々

アルロン
©Jean-Pol GRANDMONT
アルロンはリュクサンブール州州都。しかしながら観光的な要素はなく、何の変哲もない都市です。ワロン地方の中心ナミュールよりIntercityで1.5時間で移動が可能、ホテルも数軒あります。ここからリュクサンブール州の2つの美しい村を廻ります。
21 まずはトルニーTorgnyです。フランスとの国境沿い、なだらかに広がる丘陵の中腹に佇む村。黄土色のレンガと赤色のローマタイルが織り成すコントラストの家並みが美しく、トルニーの景観を特徴付けています。ベルギー最南端に位置することによる温暖な気候のため葡萄の栽培を行っており、ワイン作りが盛んです。
【移動】アルロンから各駅停車でヴィルトン駅(Virton)へ、約40分です。この駅で路線番号155a番のバスに乗り換え約20分で到着します。
【宿泊】ホテルを含め10軒ほど。
22 続いてノーブルサールNobressartです。カラフルな色合いのファサードを持つ家々と漆喰で白く塗られたファームのコントラストが美しい村。ルクセンブルクからわずか10kmの、ベルギー南端に位置します。
【移動】アルロンより路線番号3番のバスで約30分で到着します。
【宿泊】Gite(貸し別荘風の農家の離れ)が2軒のみ。
【補足】
アルロンの代わりにすぐ隣の小国ルクセンブルクをこの2つの美しい村めぐりの拠点にしても良いと思います。ナミュール~アルロン間の鉄道網はそのままルクセンブルクまで伸びていますし、レイルパスもルクセンブルクをカバーしていますのでベルギー国内同様に使うことが可能です。

西部 トゥルネーを基点とする村々

トゥルネー
©WBT-J.P.Remy
ブリュッセルよりIntercityで約1時間のトゥルネーはベルギー最古の町。周辺各国の領土になりながら、ベルギー建国の際ベルギーの都市として落ち着いた経歴があります。ロマネスク様式の大聖堂と鐘楼はユネスコ世界遺産に登録されています。
またブリュッセルとトゥルネーの間にはモンスの町があります。この町も美しい村めぐりの間に訪れてみてください。
モンスは石畳と坂道が印象的なベルギーの古都。画家ゴッホが一時生活していたといわれ、その石造りの家は今も保存されています。ここの鐘楼もユネスコ世界遺産に登録されています。
23 トゥルネーから訪れることが出来る美しい村はエノー州のオブシーAubechiesのみ。オブシーはエノー建築の代表的な村。赤レンガとタイルで建てられた切妻様式の家々が並んでいます。村内にあるオブシー博物館は新石器時代からガロ・ローマ時代までのこの地方の生活様式を忠実に再現しており、一見の価値あり。ロマネスク様式のサン・ジェリー教会があります。
【移動】トゥルニーよりIntercityで約10分のLeuze駅へ、その後路線番号86C番のバスで約15分で到着します。
【宿泊】Gite(貸し別荘風の農家の離れ)が1軒のみ。

その他

ここまで23の美しい村をご案内しましたが、次の2つは日本のベルギー観光局ワロン・ブリュッセルのサイトと、本国ベルギーのワロン地方の美しい村のオフィシャル・サイトに違いがあります。リエージュ州デニェDeigne)とナミュール州グロ=フェGros-Faysです。日本のサイトではデニェを美しい村と案内しておりますが、オフィシャルサイトではデニェは登録されておらず、代わりにグロ=フェという村が登録されています。
フランス、イタリアの「最も美しい村々」協会でもよくあることですが、審査により登録から外れてしまう村があれば、新たに追加される村もあるということがありますので、おそらく事情は同じでしょう。しかしながらどちらも魅力的な村であることには変わりありませんので、両方ご紹介します。このページのタイトルには24の美しい村とご案内しておきながら、これで合計25の美しい村になります。
24 まずはデニェから。教会と噴水を囲むように均一に並んで建てられた家々は主に18世紀の石灰岩を使用しています。欧州評議会で1975年に「花の村」と評価されたほどの美しい村。
【移動】リエージュ駅より各駅停車でAywaille駅へ、約30分。その後路線番号64番のバスで約15分で到着です。
【宿泊】Gite(貸し別荘風の農家の離れ)が2軒のみ。乗り換え地点のAywailleにはホテルが数軒あります。
25 次はグロ=フェGros-Fayです。上述のラフォレの隣村というくらい近いのですが、車ならともかく公共の交通機関でのアクセスはよくありません。
スモワ川の支流ムーズ川を望むアルデンヌの丘の上に腰掛けるように存在する、ブイヨン公国支配下にあった小さな村。採石場の名残りや、ラフォレ同様タバコ栽培で栄えたため今でもタバコ産業の跡が残っています。
【移動】基点のディナン駅より各駅停車で約50分、Paliseul駅に着きます。その後路線番号31番のバスでMenuchenetへ約20分。その後路線番号42番のバスに乗り換え30分で到着です。
【宿泊】ゲストハウスが2軒のみ。
基点となる都市と希望の村がお決まりになりましたら、見積もり依頼フォームからお問合せください。「行きたい村は見つかったけど、スケジュールをうまく組むことが出来ない」といったことから、効率の良いスケジューリングまでお手伝い致します。
(各村の記述は「ワロン地方の最も美しい村々」オフィシャルサイトの記述を翻訳したもの)
ワロン地方の24(+1)の美しい村々
オブシー
オブシー
セル
セル
シャルドヌー
シャルドヌー
クレールモン
クレールモン
クリュペ
クリュペ
デニェ
デニェ
ファニョル
ファニョル
ファラエン
ファラエン
グロ=フェ
グロ=フェ
ラフォレ
ラフォレ
ロンプレ
ロンプレ
メラン
メラン
モゼ
モゼ
ノーブルサール
ノーブルサール
ニィ
ニィ
オルヌ
オルヌ
ラニー
ラニー
ソイエ
ソイエ
ソワロン
ソワロン
ソソワ
ソソワ
スールム
スールム
トン・サムソン
トン・サムソン
トルニー
トルニー
ヴィエルヴ・シュール・ヴィロワン
ヴィエルヴ・シュール・
ヴィロワン
ウェリス
ウェリス
メラン
クレールモン
オルヌ
ソワロン
トン・サムソン
モゼ
クリュペ
セル
ファラエン
ソソワ
スールム
ソイエ
ラフォレ
ウェリス
ニィ
シャルドヌー
ラニー
ヴィエルヴ・シュール・ヴィロワン
ファニョル
ロンプレ
トルニー
ノーブルサール
オブシー
デニェ
グロ=フェ

PAGE TOP

facebook
twitter
google+
LINEで送る