ヨーロッパ鉄道旅情
スイス 時計をめぐる旅

工房, ブティック, ミュージアムと
時計三昧の旅へ

ベルン 時計塔
© swiss-image.ch
スイスの高級腕時計と聞くと、それだけでワクワクする人は少なくないと思います。パテック・フィリップ、ヴァシュロン・コンスタンタンをはじめ、時計好き垂涎のメーカーはスイス、それもジュネーブからジュラ山脈に沿ったスイスの西側に集中しています。
17世紀にフランスから伝わってきた時計産業は、ジュネーブを中心とした宝飾細工の技術が加わって始まったといわれています。そしてジュネーブでの閉鎖的な精密時計作りとは裏腹に、ジュラ山脈中ほどのル・ロックルで時計工房を始めたダニエル・ジャンリシャールが広く一般の農民へ冬の仕事として時計技術を教え、さらに合理的分業システムと機械化を導入したことによってこの地方一帯に時計産業が広まったのです。
幸いスイスはヨーロッパ屈指の鉄道王国、スイス中ほとんど鉄道での移動が可能です。工場からブティック、各メーカーのミュージアムなど時計三昧の旅に出かけませんか?

鉄道移動ルート 路線図 / モデルプラン

南西のジュネーブから北部チューリッヒまで、途中ローザンヌ、ヌーシャテル、ベルン、ルツェルンを繋ぐ鉄道ルートです。ニヨン、ジェントッドはジュネーブ~ローザンヌ間に位置し、ヌーシャテルからラ・ショー・ド・フォンとル・ロックル及びビール / ビエンヌへ、チューリッヒからシャフハウゼンへ路線が伸びています。
以下記載順通り、又は逆ルートも可能です。各都市とも宿泊施設が充実していますので、1都市1都市泊まりながら旅をすると思わぬ発見があるかもしれません。
スイスを鉄道で周遊する際はレイルパスが便利です。用途により複数種類のパスがありますので、コチラからご覧ください。このプランに沿った見積もり依頼は、詳細のご希望を添えて見積もり依頼フォームからお問合せください。

ジュネーブ(Geneve)

レマン湖畔に位置し、国際的に重要な機関が集まっているため「世界一小さな大都市」の異名を持つジュネーブ。フランスから時計産業が伝わった時計産業の聖地と呼ばれる都市で、スイスの時計はここからすべてが始まっています。 最高級時計の証ジュネーブ・シールの刻印を受けているパテック・フィリップ・ミュージアムとヴァシュロン・コンスタンタンのThe Maison、 18のメジャーな高級時計ブランドを持つスウォッチグループのスウォッチ・ミュージアム「シテ・デュ・タン」があり、全て見学が可能です。 またスイス時計のほとんどのブティックが市内に揃っています。 そのほとんどが中心部に密集していますので、ジュネーブ・ウォッチ・ツアーに沿って効率よく見て廻ることが出来ます。
郊外では、ジュネーブから鉄道で7分のレマン湖畔ジェントッドにある見学可能なフランク・ミュラーのWatchland、ローザンヌへの途中ニヨンにはウブロの工場があります。

ローザンヌ(Lausanne)

ジュネーブから鉄道で約40分、レマン湖北岸の中央に位置するローザンヌは、ローマ時代から栄えた歴史ある古都。国際オリンピック委員会とオリンピック・ミュージアムがあるため、別名オリンピックシティと呼ばれています。この町にあるのはジュノー時計博物館。時計メーカーであり収集家でもあったジュノー家のコレクションを展示しています。 ジャガー・ルクルトのリヴェルソ初期モデルや個人収集家としては最大のオメガ・コレクションなどがあります。

ラ・ショー・ド・フォン(La Chaux-de-Fonds)
ル・ロックル(Le Locle)

ローザンヌから鉄道でヌーシャテル乗り換え1時間少々、フランスとの国境近く、ジュラ高地で時計産業の中心として栄えた町。近代建築の父として世界的に知られるル・コルビュジェの生地としても有名です。この町にあるスイス最大の国際時計博物館は時計学校の中に資料館として造られたことにはじまります。 近郊のル・ロックルと合わせ時計産業都市としてユネスコ世界遺産に登録されています。
ル・ロックルにも貴族の館を改装した時計博物館があります。
この2つの町を含むヌーシャテル地方は一大時計産業地域でもあり、観光局では各種ユニークなウォッチツアーを催しています。個人でめぐるのも良いですが、こういったツアーを利用して効率よく巡るのも一興です。

ビール/ビエンヌ(Biel/Bienne)

ラ・ショー・ド・フォンから鉄道で約50分のビール湖畔に位置し、13世紀にバーゼルの領主司教によって築かれた中世都市です。オメガやスウォッチ本社があるこの町では、それまで一般公開されていなかったオメガ本社前の時計博物館を2010年全面リニューアルして一般向けとなったオメガ・ミュージアムを訪れます。
さらにこの町から鉄道で片道30分のサン=ティミエ(St-Imier)にはロンジン・ミュージアムがあります。

ベルン(Bern)

ビール / ビエンヌから鉄道で約30分、旧市街がユネスコ世界文化遺産に登録されたベルンでは、ミュージアムやブティックから少し離れて時計塔(ツィットグロッゲ)を見学します。15世紀すでに時計塔として活躍しており、現在も時を刻み続ける世界最大級の時計塔です。オートマタ機能(からくり人形の仕掛け)を備えるメインの大時計は16世紀に、その下の天文時計は15世紀より機能しているものです。

ルツェルン(Luzern)

ベルンから鉄道で1時間、スイスのほぼ中央に位置するルツェルンは、美しい湖とアルプスの山々が織りなす絵のように美しい景観から観光客も数多く訪れるスイスの古都。時計工房やミュージアムが特にないこの町に立寄る理由は、世界の一流ブランドをそろえるスイスで最も有名な時計宝飾店「ブッヘラー(BUCHERER)」があること。公的機関のスイス観光局がわざわざウェブサイトで説明するほど時計大国スイスを象徴している時計店です。 特にロレックスの品ぞろえは比類ないもの。観光局のサイトはコチラ。 ジュネーブでお気に入りのブティックで時計を買うか、このルツェルンの老舗時計店で買うか、迷うところでしょう。

シャフハウゼン(Schaffhausen)

IWCミュージアム
© Schaffhauserland Tourismus
ルッツェルンから鉄道でチューリッヒ乗換え約1.5時間、ドイツとの国境に近いシャフハウゼンへ。ライン川交易で古くから栄えたこの町には、IWC(インターナショナル・ウォッチ・カンパニー)があります。他の地域と違ってこの町にはIWC1社しかないため、スイスの人々はこの会社のことを「シャフハウゼン」、IWCの時計を「シャフハウゼン・ウォッチ」と呼んでいるそうです。
数多いスイス時計で唯一ドイツ語圏のIWCミュージアムで、その魅力にどっぷりつかりましょう。 最後は鉄道で約40分、スイスの玄関口チューリッヒへ移動して旅の終了です。

◆◆◆バーゼル(Basel)~おまけ

工房やミュージアム探訪からは外れますが、バーゼルも時計をめぐる旅のスパイスとして大事な都市です。年に一度ここバーゼルで行われるバーゼル・ワールド(通称: バーゼル・フェア)は、世界最大の時計と宝飾品の見本市。時計業界のみならず一般人の入場も可能なため、話題の新作時計を求めて訪れる訪問客は10万人を超えるともいわれています。ただし開催時期はバーゼル市内はもちろん近郊都市までホテルが満室になるため、訪れるには綿密な計画が必要です。
チューリッヒ、ジュネーブに次ぐスイス第3の都市で、どの都市からもアクセス可能です。

スイス 時計めぐり

モデルプラン サンプル日程

1日目 日本発 ジュネーブ
*2017/3/26~10/27スケジュール
スイスインターナショナルエアラインズ利用の場合≫成田発 チューリッヒ経由*毎日
他の空港発や航空会社ご利用もスケジュールによりご案内可能です
又は他訪問地よりジュネーブへ
ジュネーブ空港到着後 鉄道にて市内へ(約7分)
到着後 徒歩にてホテルへ
ホテルへチェックイン
ジュネーブ
2日目 朝食: ホテルにて
午前 ジュネーブ・ウォッチ・ツアーで時計ブティックめぐり
午後 鉄道にてジェントッドにあるフランク・ミュラーのWatch Landへ(所要片道約10分)
ジュネーブ
3日目 朝食: ホテルにて
ホテルをチェックアウト 徒歩にて駅へ
鉄道にてローザンヌへ(所要約40分)
到着後 ジュノー時計博物館へ
再び鉄道にてヌーシャテルへ(所要約50分)
到着後 徒歩にてホテルへ
ホテルへチェックイン
ヌーシャテル
日程Top ↑
4日目 朝食: ホテルにて
ヌーシャテル発ガイドツアーを利用しラ・ショー・ド・フォンル・ロックルの時計めぐり
鉄道を利用して自由に2つの町をめぐるのも可
ヌーシャテル
日程Top ↑
5日目 朝食: ホテルにて
ホテルをチェックアウト 徒歩にて駅へ
鉄道にてビール / ビエンヌへ(所要約1時間)
到着後 オメガ・ミュージアム
時間に余裕があれば…
鉄道にてサン=ティミエ(所要片道約30分)のロンジン・ミュージアム
ビール / ビエンヌ
日程Top ↑
6日目 朝食: ホテルにて
ホテルをチェックアウト 徒歩にて駅へ
鉄道にてベルンへ(所要約30分)
到着後 ベルン市内を自由観光(時計塔ツィットグロッゲなど)
時間に余裕があれば…
鉄道にてルッツェルン(所要片道約1時間)の老舗時計店「ブッヘラー」へ
ベルン
日程Top ↑
7日目 朝食: ホテルにて
ホテルをチェックアウト 徒歩にて駅へ
鉄道にてチューリッヒ経由シャフハウゼンへ(所要約2時間)
到着後 IWCミュージアムへ
シャフハウゼン
日程Top ↑
8日目 朝食: ホテルにて
ホテルチェックアウト後 鉄道にてチューリッヒ経由空港へ(所要約50分)
チューリッヒ発 日本へ
*2017/3/26~10/27スケジュール
スイスインターナショナルエアラインズ利用の場合≫成田着*毎日
他の空港着や航空会社ご利用もスケジュールによりご案内可能です
又は他訪問地へ
機内 泊
日程Top ↑
9日目 日本着
スケジュールは予告なく変更される場合があります

PAGE TOP

facebook
twitter
google+
LINEで送る