ヨーロッパ鉄道旅情
フランスの美しい村々を訪ねて

鉄道で巡るラングドック=ルシヨン,
リムーザン, ミディ・ピレネー&アキテーヌ

ナジャック
フランスの最も美しい村々のひとつ ナジャック
フランスで最も美しい村々のほとんどは、戦禍を逃れるため切り立った崖の上に築かれた要塞を中心とした立地や、人里離れた山奥など交通が不便なところにあることが多く、だからこそ中世からの景観が美しいまま保存されているのだと思います。 どの土地でも訪れる前は様子がわからず不安があるものですが、美しい村々はいずれも訪れた途端その不安が見事に感動に変わり、旅人の期待を裏切りません。
その中でも駅がある、もしくは駅に近い村に絞ってラングドック=ルシヨン地方、リムーザン地方、ミディ=ピレネー地方、アキテーヌ地方を鉄道で巡るプランをご案内します。トゥールーズを基点に鉄道網が放射状に伸びているため、この町からの小旅行を組み合わせます。
フランスだけを鉄道で旅行するなら、フランス・レイル・パスが便利です。 こちらのプラン、またはアレンジと各料金については見積もり依頼フォームからお問い合わせください。

フランス南西部の小さな村々周遊

モデルプラン サンプル日程

1日目 日本発 トゥールーズ
*2017/3/26~10/27スケジュール
エールフランス航空利用の場合
≫成田,羽田発 パリ経由*毎日
≫関空発 パリ経由 *水除く毎日
他の空港発や航空会社ご利用もスケジュールによりご案内可能です
又は他訪問地よりトゥールーズへ
夜到着後 エアポートバスにてトゥールーズ市内へ(Matabiau駅まで約20分)
別途 空港送迎の専用車手配も可能です
ホテルへチェックイン
2日目 朝食: ホテルにて ホテルをチェックアウト 徒歩にて駅へ
08:11発のTGVにてペルピニャン(Perpignan)へ(所要約2時間)*要事前座席予約
各駅停車へ乗り換えてヴィルフランシュ=ド=コンフラン(Villefranche-des-Conflent)へ(所要約45分)
最寄駅名はヴィルフランシュ・ヴェルネ・レ・バン(Villefranche Vernet les Bains)
村入口まで徒歩約10分

到着後 徒歩にてホテルへ
ヴィルフランシュ=ド=コンフランVillefranche-de-Conflent(ラングドック=ルシヨン)はその地理的条件から長い間軍事上の要塞都市としての役割を担っていた村。 南北わずか100mでありながら完全に城壁で囲まれ、当時の要塞建築がよく残っています。同時にスペインとの国境に近いことから商人が行きかい、商人の村として栄えました。 スペインとの国境に近いラトゥール=ドゥ=カロル(Latour-de-Carol)とこの村を結ぶかわいらしい黄色い電車ル・トラン・ジョーヌ(Le Train Jaune)は乗ってみる価値あり。
ヴィルフランシュ=ド=コンフラン
3日目 朝食: ホテルにて
ホテルチェックアウト後 徒歩にて駅へ
黄色い電車ル・トラン・ジョーヌ(Le Train Jaune)にてラトゥール=ドゥ=カロル(Latour-de-Carol)へ(所要約3時間)
各駅停車へ乗り換えてトゥールーズ(Toulouse)へ(所要約3時間)
到着後 徒歩にてホテルへ
4日目 朝食: ホテルにて
ホテルチェックアウト後 徒歩にて駅へ
各駅停車にてブリーヴ(Brive-la-Gaillarde)で乗り換えてテュレンヌ(Turenne)へ(所要約3時間)
到着後 徒歩にてホテルへ
テュレンヌTurenne(リムーザン)はテュレンヌ子爵のリーダーシップの下約10世紀以上にわたって統治されてきた村で、ランドマークの城を中心にらせん状に家並みが広がっています。 数多くの古く美しい家並みや16世紀の大学の教会と17世紀の礼拝堂がみどころ。
テュレンヌ
日程Top ↑
5日目 朝食: ホテルにて
ホテルチェックアウト後 徒歩にて駅へ
各駅停車にてカプドナック・ル・オー(Capdenac-le-Haut)へ(所要約1時間)
到着後 徒歩にてホテルへ
ロット川とその渓谷を見下ろす高台にあるカプドナック・ル・オーCapdenac-le-Hau(ミディ・ピレネー)は、過去ジュリアス・シーザーが戦いの拠点としたところ。 切立った崖の上にある村から美しい渓谷が見下ろせます。村の入り口である14世紀に建てられた門をくぐるとシーザーの名前がついた噴水があります。
カプドナック・ル・オー
日程Top ↑
6日目 朝食: ホテルにて
ホテルチェックアウト後 徒歩にて駅へ
各駅停車にてナジャック(Najac)へ(所要約40分)
到着後 徒歩にてホテルへ
ナジャックNajac(ミディ・ピレネー)は田園風景の中にぽっかり浮かぶ城塞の村。 切り立った丘の上に村を見下ろすように建つ砦は波乱に満ちた歴史を感じさせます。巡視塔からはアヴェロン渓谷やラウズの屋根を見渡すことができ、その眺望は見事です。
7日目 朝食: ホテルにて
ホテルチェックアウト後 徒歩にて駅へ
各駅停車にてトゥールーズアジャン(Agen)で乗り換えてベルヴェス(Belves)へ(所要約4.5時間)
到着後 徒歩にてホテルへ
ベルヴェスBelves(アキテーヌ)は7つの教会の尖塔が建ち、ペリゴール・ノワール地方の壮大なパノラマが見渡せる村です。 中世にはローマ法王クレメント5世により保護されるようになり、Pope's Cityという愛称で親しまれていました。
ベルヴェス
日程Top ↑
8日目 朝食: ホテルにて
ホテルをチェックアウト後 徒歩にて駅へ
各駅停車にてアジャン(Agen)で乗り換えてトゥールーズへ(片道約2時間)
到着後 徒歩にてホテルへ
9日目 朝食: ホテルにて
ホテルチェックアウト後 エアポートバスにて空港へ(トゥールーズMatabiau駅約20分)
別途 空港送迎の専用車手配も可能です
トゥールーズ発 日本へ
*2017/3/26~10/27スケジュール
エールフランス航空利用の場合
≫パリ経由 成田,羽田着*毎日
≫パリ経由 関空着*水除く毎日
他の空港着や航空会社ご利用もスケジュールによりご案内可能です
又は他訪問地へ
機内 泊
日程Top ↑
10日目 日本着
スケジュールは予告なく変更される場合があります

PAGE TOP

facebook
twitter
google+
LINEで送る