ヨーロッパ鉄道旅情
アイルランド エメラルドの島めぐり

多彩な魅力が詰まった島

アイルランド島は北海道と同じくらいの面積で、北部はイギリス領北部アイルランド、中部・南部はアイルランド共和国というように2つの国に分かれています。もともとはこの島全体をイギリスが支配していましたが、後にアイルランド共和国がイギリスから独立して現在の形になっています。このページでは島を縦横無尽に周遊するプランとして紹介するため、2つの国が共存するアイルランド島全体を「アイルランド」としてご案内します。
40種類もの緑色があるという緑豊かなこの島の森林には神々と妖精が暮らすといわれており、先住民ケルト人は古代からこの島の自然の全てに精霊が宿るという言い伝えを守ってきました。八百万の神を重んじる日本と考え方が少し似ていますね。さらにケルト文化とキリスト教が融合し、他のヨーロッパ圏とは少々異なる独自の文化を形成しています。
そんなアイルランドは、実は旅行者にとって多彩な魅力が詰まった島。鉄道を利用して緑のグラデーションが美しいエメラルド色にも見える島を周遊したり、雄大な自然の中で乗馬が楽しめ、イギリス同様島内に点在するビール醸造所やウィスキー蒸留所を巡るなど、個人旅行の要素がこの島一つに詰まっています。
アイルランド政府観光庁のウェブサイトでは代表的な3大観光ルートを案内していますが、当社ではそれと少し趣を変えて個人旅行向きに鉄道の旅をメインにアレンジした3ルートの周遊プランをご紹介します。ご案内のルートが全てというわけではないので、下記プランをもとにご自身だけのオリジナルプランをご計画ください。

アイルランドの鉄道事情

首都ダブリンから北はロンドンデリーまで、西はゴールウェイ及びウェストポートまで、南はコーク及びキラーニーまで放射線状に鉄道路線が延びておりますが、南西部のキラーニー、西のゴールウェイ及びウェストポート、北部のロンドンデリーを結ぶ路線がありません。鉄道だけを利用する限りでは北から南へ行くにも、南から北、西から南、西から北へ行くにも全て東海岸の首都ダブリンを経由することになります。詳しくはこちらの路線図をご覧ください
事前に用意するレイル パスはアイルランドの鉄道路線を網羅するユーレイル・アイルランド・パス。アイルランドではどの列車も事前予約をすることなく乗車できますので、レイル パスだけ用意すれば準備はOKです。
レイル パスでは乗車できませんが、鉄道ルートの補足としてアイルランド内を運行するアイルランド・バス(Bus Eireann)も活用しましょう。

世界遺産と世界最古のウィスキー蒸留所
北部ルート
ダブリン発着の最短周遊目安: 1泊2日~

エンタープライズ号
まずは北部へ。ダブリンからベルファスト経由で終点のロンドンデリーまでは片道約4時間ですので、途中観光しながら周遊しても1泊2日から可能です。次の中央ルート、南部ルートへ行くには再びダブリンに戻ります。
最初にダブリンベルファスト間を結ぶ列車「エンタープライズ号」で約2時間、国境を越えて英国北アイルランドの首府ベルファストへ向かいます。
北アイルランド鉄道アイルランド鉄道の共同で運行するエンタープライズ号は無骨なディーゼル車が牽引する急行列車。他のヨーロッパ圏を運行する特急と同様、1等、2等に分かれ、1等では食事のサービスがあります。別に食堂車(カフェスタイル)も連結しているので、田園風景や東海岸線を眺めながら簡単な食事を取ることも出来ます。
この列車の目的地、造船業で栄えたベルファストを一躍有名にしたのは、豪華客船「タイタニック号」をこの町で造ったこと。今でもこの町の港にはタイタニック号を造船した世界最大のドックがあり、一見の価値あり。
ダブリン、ベルファストからは別途空港から送迎を含む乗馬ツアーをご案内しております。アイルランドはイギリス同様乗馬が盛んな国。競走馬の育成も盛んです。当社ご案内の乗馬ツアーには、アイルランドの古城を巡る乗馬やのどかなカントリーサイドを乗馬するプランなどございますので、乗馬がお好きな方はこの鉄道プランと組み合わせてはいかがでしょうか?
料金や詳細などお見積もりしますので見積もり依頼フォーム、又はメールにてご要望を添えてお問い合わせください。 ベルファスト~ロンドンデリー間には、火山活動によって出来た六角形の岩が積み重なる巨大なテーブルのような岸壁の世界自然遺産ジャイアンツ・コーズ・ウェー巨人の石道)があります。
ジャイアンツコーズウェー
ここにはこんな神話が...
アイルランド伝説の巨人フィン・マックールがスコットランドの巨人ベナンドナーと戦うために出来たのがコーズウェー。フィンはスコットランドに行く前に眠くなってしまい、それを見たフィンの妻ウナはフィンに毛布をかけて巨大な赤ん坊であるかのように見せました。そこへやってきたベナンドナーはその赤ん坊の姿を見て、「父親のフィンはいったいどんなに大きいのだろう」と恐れをなして逃げてしまったそうです。』
このような神話が多数残っていることがアイルランドらしさなのかもしれません。
このジャイアンツ・コーズ・ウェーへは、最初にアイルランド鉄道の最寄駅ポートラッシュPortrush又はコールレーンColeraineからバスで約30分のブッシュミルズへ移動します。ブッシュミルズからはジャイアンツ・コーズ・ウェーブッシュミルズ鉄道で約30分。とてもかわいらしいトラム列車が印象的です。私鉄のためレイルパスの適用外ですのでご注意を。
このブッシュミルズには、世界最古のウィスキー蒸留所である「オールド・ブッシュミルズ蒸留所」があります。ウィスキー発祥の地であるアイルランドで現在では4つの蒸留所しか残っていないうちのひとつで、1608年創業です。ウィスキー好きであればアイリッシュ・ウィスキー巡りの起点にしてはいかがでしょう。アイリッシュ・ウィスキーは4つの種類(モルトグレーンブレンデッドピュア・ポット・スティル)に分かれており、このうちブッシュミルズで蒸留されるのはモルト・ウィスキー。ここではティスティングを含めた見学ツアーに参加することが出来ます。
その他の蒸留所は南部コーク郊外ミドルトンにあるミドルトン蒸留所コークよりバスで約30分、アイリッシュ・ウィスキーのみに見られるピュア・ポット・スティル・ウィスキーを蒸留)、島のほぼ中央キルベガンにあるクーリー蒸留所及びキルベガン蒸留所(ともに最寄駅マリンガーMullingarよりバスで30分)です。アイルランド島の北部、中部、南部に点在するこの4つの蒸留所を巡るだけで、アイリッシュ・ウィスキー巡りの旅が出来そうです。いずれも列車とバスを利用して訪れることが出来ます。
北部ルートの終点は北アイルランド第2の都市、ロンドンデリーベルファストから運行している北アイルランド鉄道の終点です。西暦546年、蛇行するフォイル川岸聖コロンバが修道院を建てたのが街の始まりで、アイルランド唯一の城塞都市でもあります。尖塔が美しい聖コロンバ大聖堂を中心とした旧市街は、ヨーロッパ圏の他の街に負けない美しさです。アイルランドの人々は街の名前にイギリスの都市名がつくのを嫌い、単に「デリー」と呼ぶこともあるそうです。
ロンドンデリーの美しい町並みを楽しむため、ここで1泊して折り返しダブリンへ戻ります。

5っ星の古城ホテル
中央ルート
ダブリン発着の最短周遊目安: 2泊3日~

モハーの断崖
ダブリンから列車インター・シティで約3時間、アイルランドを横断するルートでは、西海岸の中心都市ゴールウェイまで移動します。ここからさらにバスで1時間のコリブ湖畔のコングにあるアッシュフォード・キャッスル・ホテルへの宿泊がこのルートのメインです。この5っ星ホテルは13世紀に建造された古城をホテルにしたもの。外観は冷たいグレーの岩肌のような荘厳な造りにもかかわらず、ひとたび中に入ると、世界のトラベル・リーダーが選ぶベスト・リゾート・ホテルを始め数々の賞賛を得ているラグジュアリー・リゾートであることにうなずけます。
全ての部屋からコリブ湖と広大な敷地に広がる庭園を眺めることが出来るほか、館内では様々なスパ・トリートメントメニューをそろえています。城の中心に位置するメイン・ダイニング「George V」は、1906年プリンス・オブ・ウェールズ訪問の際ギネス・ファミリーがもてなすために建てられたもの。広大な敷地では様々なアクティビティーが用意されており、ゴルフ、乗馬、フィッシング、レイク・クルーズ、クレイ射撃などを体験することが出来ます。このホテルのためだけにコリブ湖を訪れるのも立派な旅の目的になる、そんなホテルです。
アッシュフォード・キャッスル・ホテルに1泊の後、コリブ湖とは反対の南側の「モハーの断崖」とバレン高原へも行っておきましょう。この2つはゴールウェイ発の1日ツアー(英語案内のみ)がありますので、ツアーを利用すれば効率よく廻ることが出来ます。モハーの断崖バレン高原にあるアイルランド西端の断崖。その高さは最も高いところで200mにもなります。晴れた日にはゴールウェイ湾に浮かんだアラン諸島が望めます。この1日ツアーは午前10時より所要時間7.5時間ほどですので、コリブ湖宿泊の翌日ゴールウェイに1泊して参加するのが良いと思います。よってこの中央ルートは最短で2泊3日、最後は再びダブリンに戻ります。

ビール醸造所巡り
南部ルート
ダブリン発着の最短周遊目安: 2泊3日~

南部はダブリンキラーニー及びコークルート、ダブリンウォーターフォードルートを中心にご案内します。インター・シティで約3時間のキラーニーまで行けば、キラーニー国立公園があります。ここはアイルランドの湖水地方とも言われるところ。夏にはたくさんの観光客が訪れるリゾート地でもあります。また、アイルランドの妖精が住むといわれる森としても有名で、公園内には「妖精横断注意」の看板まであります。公園までの交通の便が悪いので、キラーニーからの半日ツアーを利用したほうがよさそうです。
南部には上述の通り、コーク郊外にミドルトン蒸留所がありますのでウィスキー巡りもよし、ダブリン市内にあるギネスから出発してビール醸造所巡りもよしの"アルコール"ルート。ここではビールめぐりの一案をご紹介します。出発地はダブリンにあるギネス(スタウト)ですが、当ウェブサイト内「ヨーロッパ・ビールめぐり」のページでもご紹介しておりますのでここでは割愛します。
マーフィーズ
ビールめぐりの列車ルートは2本。キラーニーまでのインター・シティは途中マローコーク行きに分かれます。その列車で終点コークまで行くと、以下①、③の醸造所を訪問することが出来ます。 もう1本は南部ウォーターフォード行きのインター・シティで行くルート。途中カーローにて④、キルケニーにて以下②、⑤の醸造所を訪問することが出来ます。
この2本の列車ルートはコーク行きのルート途中、リムリックウォーターフォード行きのルートとを結んでいるので、コークを訪れた後ダブリンに戻ることなくウォーターフォード経由でキラーニーカーローを訪れることが可能です。
文字だけではわかりにくいので、詳しくはこちらの路線図にてご確認ください 醸造所を訪れるにはいずれも事前予約が必要です。各ウェブサイトより連絡しておきましょう。
⑥は上述の中央ルートの途中で立ち寄るとして、コークキルケニーに各1泊ずつすると上記醸造所を制覇することが出来ると思います。
ミュージック・セッション@パブ
ビールめぐりにはパブも欠かせません。アイルランドイギリス同様どの町にも必ずアイリッシュ・パブがあります。行く先々でふらっとその町のアイリッシュ・パブに立ち寄り、はしごをしてみるのも良いでしょう。日本の味噌汁に当たる「お袋の味」がアイリッシュ・シチュー。本来は家庭料理で、ラム、たまねぎ、ジャガイモを煮込んだシチューです。どのパブでも召し上がることが出来ると思いますので、ビール同様食べ比べをすると面白いかもしれません。
また、アイリッシュ・ダンスとミュージックセッションもパブならでは。フィドル(ヴァイオリン)、アコーディオン、ギターに似たブズーキーという楽器が奏でる軽快な音楽にあわせ、見事なステップでパブの夜を盛り上げます。
各ルートごとに周遊の目安を記載しておりますが、それぞれプラス1泊くらいの余裕をもってご計画していただくのが良いと考えます。またいずれのルートも発着地はダブリンですので、全てのルートを巡るのであればダブリンには複数回宿泊することになります。この分の宿泊数を考慮してご計画ください。
このプランに沿ったお見積もり依頼は、見積もり依頼フォーム、又はメールにてご要望を添えてお問い合わせください。
旅の目的に合わせて選ぶことが出来るアイルランドを一度訪れてみてください。
写真提供: アイルランド政府観光庁www.discoverireland.jp

PAGE TOP

facebook
twitter
google+
LINEで送る