グルメ

旅に食事はつきもの。しかし単なる食事という枠を超えて、ミシュランガイドが提唱するように、そこで食事をすること自体に価値があるレストランがあることも事実。もはや、食事はれっきとした旅の目的のひとつです。
訪れた町の思い出の食事から、旅先での食事にまつわることを紹介します。

Sponsored Link

パトンビーチの行きつけ「Song Pee Nong」 – 行かなきゃ食べられない!絶品グルメ

プーケット・パトンビーチにはレストランやカフェが星の数ほどあるため、店選びに困ることがある。初めて訪れる人はたいてい、様々なネットの口コミやホテルの近く、あるいは知り合いからの紹介や行き当たりばったりで入る店を決めるだろう。タイに来たならタイ料理を、それも格式ばったものではなく、地元の人が食べているようなタイ料理が食べたいものだ。そんなとき、筆者は店構えがいかにも「食堂」といった店に入ってみることにしている。何度かそれを繰り返し、特に気に入った食堂を見つけることが出来た。「Song Pee Nong」がその店だ。 続きを読む

☆☆ 皆様の応援クリックが励みになります ☆☆
にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
このエントリーをはてなブックマークに追加

肉を求めて世界一周 – 行かなきゃ食べられない!絶品グルメ

世界一周航空券は「太平洋と大西洋を1度ずつ横断して地球を1本の線でつなぎ最低3大陸で滞在する」航空券のこと。今ではこの航空券を利用して世界一周旅行を楽しむ人が多くなってきた。せっかく世界一周の旅に出かけるのだから、何かテーマを持って出かけるとより充実した旅行になるに違いない。
そうだ!グルメはどうだ?それも「肉」を追求する世界一周の旅は。きっと楽しいに違いない。 続きを読む

☆☆ 皆様の応援クリックが励みになります ☆☆
にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
このエントリーをはてなブックマークに追加

うまいッ!ヨーロッパ添乗飯 6~カオール(フランス)

cahors

フランス、ミディ=ピレネー(現在はラングドック=ルシヨンと統合され、ラングドック=ルシヨン=ミディ=ピレネーとなった)の中心都市、カオールは「黒いワイン」と呼ばれるカオールワインとフォアグラで有名なグルメの町だ。ミディ―ピレネー周辺には「フランスの美しい村々」が点在しているので、スケッチツアーの周遊拠点として何度か宿泊している。そしてここカオールでは、思い出のホテルとそのホテルでの食事がとても素晴らしかったので紹介したい。 続きを読む

☆☆ 皆様の応援クリックが励みになります ☆☆
にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
このエントリーをはてなブックマークに追加

イギリスで「フィッシュ&チップス」 – 行かなきゃ食べられない!絶品グルメ

いまや世界中で食されているフィッシュ&チップス。白身魚のフライとポテトフライがセットになっているイギリスのファストフードだ。そして筆者もこのフィッシュ&チップスに目がない。しかし、自分で作ろうとするとどうもべちゃっとなってしまい、本来の「カラッ、サクッ」が出せない。本場イギリスの味はどんなものだろうと思い、仕事で出かけた際にいろいろなフィッシュ&チップスを食べてみた。 続きを読む

☆☆ 皆様の応援クリックが励みになります ☆☆
にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
このエントリーをはてなブックマークに追加

バイレイの「カオマンガイ」 – 行かなきゃ食べられない!絶品グルメ

そこに行かなきゃ食べられない、その店であの味を味わうことが旅の目的になる!筆者にとってのそんな店はヨーロッパだけではない。初めて行ったタイ・プーケットがやみつきになり、休みが取れればプーケットに出かけるようになって久しいが、近頃はパトンビーチしか行かない。そう、バイレイのカオマンガイを食べたいがためである。 続きを読む

☆☆ 皆様の応援クリックが励みになります ☆☆
にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
このエントリーをはてなブックマークに追加

ガールムのパスタ「ヴェルミチェッリ・アッラ・コラトゥーラ」 – 行かなきゃ食べられない!絶品グルメ

どんなにトライしても家庭では再現できない「味」がある。例えば誰もが大好きなあのフライドチキン、レシピサイトではあれこれ再現しようとしているが、お店で(またはテイクアウトで)食べる味には敵わない。同様に、その店でしか出せない「味」があるから、人はレストランにわざわざ足を運んで食事をするのだ。それが海外なら、そのレストランに行くこと自体が旅の目的になる。筆者自身にとって旅の目的になったメニューは、イタリア、チェターラのレストラン「サン・ピエトロ」のガールムのパスタ、「ヴェルミチェッリ・アッラ・コラトゥーラ」だ。 続きを読む

☆☆ 皆様の応援クリックが励みになります ☆☆
にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
このエントリーをはてなブックマークに追加

うまいッ!ヨーロッパ添乗飯 5~アンダルシア(スペイン)

いつもイタリアかフランスのことばかり添乗に出かけているように思われるが、スペインにも出かけている。それがイタリアなどと比べれば数が少ないだけだ。今回はスペインの添乗飯について書いてみよう。 続きを読む

☆☆ 皆様の応援クリックが励みになります ☆☆
にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
このエントリーをはてなブックマークに追加

うまいッ!ヨーロッパ添乗飯 4~モンタルチーノ(イタリア)

モンタルチーノ、というと何を想像するだろうか?最初に出てくるのはブルネッロ・ディ・モンタルチーノ、イタリアワインの女王と言われているワインだろう。あるいはオルチャ渓谷またはヴァレ・ドルチャだろうか?世界遺産に登録されているから興味がある人は多いかもしれない。
筆者にとってモンタルチーノのイメージは美味い食事とワインの町だ。これは宿泊したホテルの影響が大きい。 続きを読む

☆☆ 皆様の応援クリックが励みになります ☆☆
にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
このエントリーをはてなブックマークに追加

うまいッ!ヨーロッパ添乗飯 3~ガレッシオ(イタリア)

このシリーズの1回目、2回目を読んでくれた人の中には、「仕事にかこつけて、この添乗員はなんて豪華な食事をしているのだろう」と思う人がいるかもしれない。「添乗飯」と銘打ったくらいだから、もう少しリーズナブルでありながら美味しい食事を紹介してもよさそうなものだろう。それなのに、すでに書かれたメニューはトリュフやら鴨のフォアグラやら、名前だけで豪華そうなものばかりだ。 続きを読む

☆☆ 皆様の応援クリックが励みになります ☆☆
にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
このエントリーをはてなブックマークに追加

うまいッ!ヨーロッパ添乗飯 2~ロカマドゥール(フランス)

添乗員としてヨーロッパへ出かけて食した数々の添乗飯を紹介する2回目。前回はプロローグなので、この記事が実質1回目になる。最初に紹介したいのは、数あるツアー添乗経験の中で特に記憶に残るフランス・ロカマドゥールのホテルでの食事だ。添乗員が記憶に残る食事というからには、どんな豪華なホテルのどんなレストランなのだろうと誰もが思うだろう。しかし、紹介したいそのホテルは客室わずか12室の2つ星ホテル、Hotel Restaurant Le Terminus des Pelerinsである。 続きを読む

☆☆ 皆様の応援クリックが励みになります ☆☆
にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
このエントリーをはてなブックマークに追加
Sponsored Link
VELTRA