フランスの最も美しい村々

訪問歴はイタリアよりも古い、美しい村々の本家フランス。最初はその存在を知らずして訪れ、後々わかってくるうちにその魅力にはまるのはなぜか?訪れた「フランスの最も美しい村々」をひとつずつ取り上げながら、筆者が魅了された各村の魅力を紹介します。

Sponsored Link

私が訪れたフランスの美しい村々 - ヴェズレー ブルゴーニュ / ヨンヌ県

筆者自身が添乗員として実際に訪れたフランスの美しい村を紹介する第9回目は、フランスの美しい村々に登録されていると同時にサント=マドレーヌ大聖堂と村そのものの丘が「ヴェズレーの教会と丘」として世界遺産にも登録されている、ヨンヌ県のヴェズレーだ。美しい村の中では比較的村の規模が大きく、グループから個人まで宿泊可能なホテルも充実しているのでじっくり滞在するのが良い村だ。 続きを読む

☆☆ 皆様の応援クリックが励みになります ☆☆
にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
このエントリーをはてなブックマークに追加

私が訪れたフランスの美しい村々 - ノワイエ・シュール・スラン ブルゴーニュ / ヨンヌ県

筆者自身が添乗員として実際に訪れたフランスの美しい村を紹介する第8回目は、前回までのミディ=ピレネーからブルゴーニュへ移動して案内するヨンヌ県のノワイエ・シュール・スランだ。人口わずか800人弱、スラン川の蛇行でできた土地に広がる、中世から時が止まったかのような佇まいの小さな村である。 続きを読む

☆☆ 皆様の応援クリックが励みになります ☆☆
にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
このエントリーをはてなブックマークに追加

私が訪れたフランスの美しい村々 - ナジャック ラングドック=ルシヨン=ミディ=ピレネー / アヴェロン県

筆者自身が添乗員として実際に訪れたフランスの美しい村を紹介する第7回目は、ラングドック=ルシヨン=ミディ=ピレネーの北部、アヴェロン県に位置するナジャックだ。鉄道を利用していくことが出来る美しい村が少ない中、このナジャックへは鉄道を利用して訪れることが出来る。山の稜線に沿って家並みが続き、ラウズという黒光りする瓦屋根がまるで恐竜の背のように連なっている、その光景の美しさがナジャックの最大の魅力だ。 続きを読む

☆☆ 皆様の応援クリックが励みになります ☆☆
にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
このエントリーをはてなブックマークに追加

私が訪れたフランスの美しい村々 - フラヴィニー=シュル=オズラン ブルゴーニュ / コート=ドール県

筆者自身が添乗員として実際に訪れたフランスの美しい村を紹介する第6回目は、ミディ=ピレネーから少し移動して、ブルゴーニュ地域圏からピックアップしてみる。最初はコート=ドール県のフラヴィニー=シュル=オズランだ。2000年に公開された映画「ショコラ」(出演:ジュリエット・ビノシュ、ジョニー・デップ)のロケ地として有名になったが、古くから修道院で作られるアニス・キャンディーのほうが知られているかもしれない。 続きを読む

☆☆ 皆様の応援クリックが励みになります ☆☆
にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
このエントリーをはてなブックマークに追加

私が訪れたフランスの美しい村々 - サン=シル=ラポピー ミディ=ピレネー / ロット県

筆者自身が添乗員として実際に訪れたフランスの美しい村を紹介する第5回目は、ミディ=ピレネー地域圏、ロット県のサン=シル=ラポピーだ。前回案内したコンクとともに、フランスの美しい村々を語るにあたり外すことが出来ない、美しい村の双璧ともいわれる村だ。そしてこちらのサン=シル=ラポピーは、日本で勝手に作ったものだがヨーロッパの美しい村30選にも選ばれている。 続きを読む

☆☆ 皆様の応援クリックが励みになります ☆☆
にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
このエントリーをはてなブックマークに追加

私が訪れたフランスの美しい村々 - コンク ミディ=ピレネー / アヴェロン県

筆者自身が添乗員として実際に訪れたフランスの美しい村を紹介する第4回目は、ミディ=ピレネー地域圏、アヴェロン県のコンクだ。フランスの美しい村々を語るにあたり、このコンクとサン=シル=ラポピー(ミディ=ピレネー地域圏、ロット県)を外すことは出来ないほど重要な村。どちらもミディ=ピレネーにあり、美しい村の双璧ともいわれる村だ。 続きを読む

☆☆ 皆様の応援クリックが励みになります ☆☆
にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
このエントリーをはてなブックマークに追加

私が訪れたフランスの美しい村々 - ベルカステル ミディ=ピレネー / アヴェロン県

筆者自身が添乗員として実際に訪れたフランスの美しい村を紹介する第3回目は、ミディ=ピレネー地域圏、アヴェロン県のベルカステルだ。Google Mapで「Belcastel」で検索すると、少なくとも3つのベルカステルが存在することがわかる。実際訪れた時にもドライバーが間違えそうになったくらいなので注意が必要だ(詳しくは当社ウェブサイト「ミディ・ピレネー2」参照)。美しい村々に登録されているベルカステルはアヴェロン県にあるベルカステルである。 続きを読む

☆☆ 皆様の応援クリックが励みになります ☆☆
にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
このエントリーをはてなブックマークに追加

私が訪れたフランスの美しい村々(番外編) - ブランシオン ソーヌ=エ=ロワール県

「フランスの最も美しい村々」を紹介し始めてまだ2回だが、今回番外編として紹介したいのはブルゴーニュ=フランシュ=コンテ地域圏、ソーヌ=エ=ロワール県のブランシオンだ。実のところブランシオンは「フランスの最も美しい村々」には登録されていない。にもかかわらず紹介するのは何故か? 続きを読む

☆☆ 皆様の応援クリックが励みになります ☆☆
にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
このエントリーをはてなブックマークに追加

私が訪れたフランスの美しい村々 – オートワール ミディ=ピレネー / ロット県

筆者自身が添乗員として実際に訪れたフランスの美しい村を紹介する第2回目は、ミディ=ピレネー地域圏、ロット県のオートワールだ。ここもコロンジュ=ラ=ルージュ同様2回訪れており、いずれもコロンジュ=ラ=ルージュとともにロカマドゥールからの日帰りで訪れているため、この2つの村は自身にとってはセットで記憶されている。しかし2つとも特徴は顕著で、コロンジュ=ラ=ルージュが赤レンガの村であるならオートワールはフランスの原風景ともいうべき村だろう。おそらく誰もが「フランスの田舎」といわれて思い浮かべるような風景が広がる村、それがオートワールだ。 続きを読む

☆☆ 皆様の応援クリックが励みになります ☆☆
にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
このエントリーをはてなブックマークに追加

私が訪れたフランスの美しい村々 – コロンジュ=ラ=ルージュ リムーザン / コレーズ県

このブログでは先にイタリアの美しい村々シリーズを掲載し始めたが、筆者自身の「美しい村々」訪問歴は本家、フランスから始まった。最初に訪れたのは1996年、もう20年も前だ。その時は訪れていながら美しい村を訪問した意識は全くなく、スケッチツアーの目的に合った村かどうかだけが意識の中心にあった。添乗員としてもまだ経験が浅く、観光とは違うスケッチという目的を持った参加者へ如何に訪れた村をアピールできているか、また参加者が絵のモチーフとしてその村を「描けて」いるかどうかということだ。 続きを読む

☆☆ 皆様の応援クリックが励みになります ☆☆
にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
このエントリーをはてなブックマークに追加
Sponsored Link
VELTRA