宿泊施設が楽しみな乗馬ツアー

5月に入り、乗馬を楽しむ人にとって良い気候となってきました。そろそろ外乗へと気持ちがうずうずしている頃だと思います。
さて、通常乗馬ツアーではゲストハウスやキャンプなど宿泊設定は二の次のコースが多く、海外旅行においてバスタブ必須の日本人にはなかなかなじめないコースが多いのが実情です。
乗馬を楽しみたい、でもその土地土地の快適な宿泊施設にも泊まってみたいというライダーのため、数あるコースから宿泊施設にこだわったコースを紹介します。

Sponsored Link

1.パラドールに宿泊する乗馬(レベル:中級者~)

スペイン、カスティーヤ地方を周遊するコースでは、スペインならではのパラドールに宿泊するコースを3コース揃えています。パラドールとは国営ホテルチェーンが運営しているスペイン全土に94軒ある宿泊施設。古城や教会を改装したり、景勝地に建てられるなどそれぞれ独自の特徴を持っています。
いずれもスーペリア~デラックスクラスで快適な宿泊が楽しめ、また古のスペインへ思いを馳せることが出来ます。

1-1. グレドスの谷乗馬

このコースでは1928年パラドール第1号としてオープンしたParador de Gredosに3泊するコース(4泊は通常のホテル)。グレドス山脈の中、1650mの高地に広がる森に囲まれた石造りの重厚な建物です。

1-2. シエラ・デ・グレドス乗馬

このコースはグレドスのパラドール2泊にアヴィラのパラドール1泊を加えた7泊8日のコース。旧市街全体を城壁が囲み、世界遺産に指定された町。その城壁内にある旧ピエドラス・アルバス邸をパラドールとして利用しています。首都マドリッドにも近く、コース自体も楽しめるものとなっています。

1-3. セゴビア乗馬

セゴビア郊外、ラ・グランハのパラドール1泊、古城ホテル2泊するコース。このパラドールはグアダラマ山脈のふもとに位置するかつての王室の避暑地に、2007年王家の離宮を改装して建てられたものです。

2.フランスの古城に宿泊する乗馬(レベル:初心者~)

allier

フランスの古城と言えばロワール渓谷沿いに建ち並ぶかつての王家の館を指します。当社案内の乗馬コースでもロワール古城めぐりのコースがありますが、ここで紹介するのはアリエの古城に滞在して乗馬を楽しむコース。初心者から乗馬と古城滞在を楽しめ、ファミリー向きでもあります。パリから鉄道で2時間ほど、フランス滞在のオプションとしても良いコースです。

allier1
allier2

16世紀の貴族の館を改装した施設ではスタンダードからデラックスまで4タイプの部屋を用意しており、最低2泊3日から受付け、延泊も可能です。
滞在中は午前中2時間の乗馬レッスン、午後は自由に滞在を楽しむことが出来ます。乗馬レベルに沿ってドレッサージュ、ジャンピングなど様々なメニューを用意しています。
延泊の場合や、午後も乗馬を楽しみたい人には乗馬プログラムを追加することが出来ます。
午後はアリエの森に囲まれた広大な敷地でゆっくりとバカンスを楽しむことが出来ます。敷地内にはプールがあり、サマーシーズンはプールサイドでのんびり過ごすのも良いでしょう。

allier3

食事はすべて古城ホテル内にあるレストランで様々なローカルグルメを堪能できます。
家族で乗馬を楽しむファミリーに、夏休みの乗馬旅行として検討してもらいたいコースです。

3.グランピングと乗馬(レベル:中級者~)



フランス、ロット地方カオール周辺のワインヤードを周遊する乗馬では、日本でも人気が高まってきているグランピングが楽しめます。

lot

4泊5日の日程のうち1泊は移動式のラグジュアリーコテージに宿泊、これこそがグランピングです。客室はプライベートな空間を保ちながら、同時にキャンプ気分も味わえる宿泊施設。夕食はそれぞれの宿泊施設でご用意します。
カオールワインはロット地方が誇る別名「黒いワイン」と言われるほど重厚な赤ワイン。コース中にカオールのワイナリーでのテイスティングが含まれるほか、食事中のワインは費用に含まれます。

紹介したコース以外にも様々なタイプの宿泊施設を使用しているので、気になるコースがありましたらお問い合わせください。

(画像提供:RandoCheval)

☆☆ 皆様の応援クリックが励みになります ☆☆
にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
このエントリーをはてなブックマークに追加
Sponsored Link
VELTRA

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です