乗馬ツアー紹介-5~ランド・シルバーコースト乗馬

当社ウェブサイト掲載の乗馬ツアーのうち人気の高いコースから少しずつ日本語日程でご案内する5回目、フランス・ランド地方から1コース選んでご紹介します。

Sponsored Link

ランド・シルバーコースト乗馬

《概要》

フランスで最も日照時間が長いと言われるアキテーヌ地域圏の太平洋岸一帯がランド地方。ほぼスペイン国境に近いこの海岸はフランス語でコート・ジャルダン(銀海岸)と呼ばれており、一年中温暖かつ見渡す限りの砂浜でのギャロップは爽快そのもの。
そしてそのランド地方に広がる「ペイ・ド・ボルヌ」は、ヨーロッパ最大の「ランドの森」に広がる地帯。海岸に近く松林が密生するランドの森の湿地や池の間を乗馬します。
ご滞在中ガイドは自然あふれる海岸、河川や運河へと案内します。そして、この地方特有の自然の中収穫される素材で作るローカル料理が楽しめます。

《日程》

1日目 – 月曜日

午後2時、シルバーコーストの乗馬センターへ集合。最初は馬に慣れることと参加者のレベルや希望を把握するため、センター周辺を乗馬することがから始まります(途中プログラム説明のためのコーヒーブレイクを含む)。
宿泊・夕食:ホテル

2~5日目 – 火~金曜日

2~5日目は潮の状況により、午前中又は夕方に海岸にて乗馬。大西洋特有の自然が風景に影響し、日々変化しているためです。
1日平均5~6時間、約40キロの騎乗を目安とし、トロット、キャンターいずれもほぼ同じ時間を費やす予定です。これは、このトレイルがすべてのペースで自信を持って乗馬できることが必要で、時には困難な地形も進むことが出来る中級者以上に適していることを意味しています。
ランドの森は非常に美しく広大で、列に制限されることなく自由に騎乗でき、馬のためにもよいルートです。
昼食は、保存自然地域での素敵な湖のそばでピクニック。昼食後は、天候が良ければ湖で泳ぐことが出来ます(6~9月の終わりくらいまで)。
宿泊・夕食:ホテル

6日目 – 土曜日

土曜日は大西洋の波打ち際でエキサイティングなギャロップを楽しみます。
ビーチは平均200メートルの幅で、ほとんど参加者だけでビーチを独占できます。海水中でのキャンターやギャロップも問題ありません。6~9月の終わりくらいまで、天候に問題がなければ馬とともに海で泳ぐことができます。
もう半日は、周辺の村を訪問したり、ショッピングに出かけたり、ビーチでくつろいで過ごしてください。
【注意】干潮のときは波打ち際で騎乗できません。固い砂の上で走ると、鞍と馬の皮膚との間に入った湿った砂が馬達を傷つけることがあるからです。そのため最終日は潮に応じ最も良い時間帯(午前中や夕方のいずれか)に波打ち際でのギャロップの機会を提供します。
宿泊・夕食:ホテル

7日目 – 日曜日

朝食後終了。



《乗馬レベル》

主にアングロアラブ種。多くは農場で育ち、安全かつバランスがとれるトレイルライディングに適した馬です。
1日平均5~6時間、約40キロの騎乗に耐えうる体力と、すべてのペースで自信を持って乗馬できることが必要で、時には困難な地形も進むことが出来る中級者以上に適しています。

《宿泊》

乗馬センターはランドの森の中心部ミミザン(Mimizan)にあり、ビーチから400メートルに位置しています。
1日目及び4~6日目は2つ星ホテルにて宿泊します。
2~3日目はビーチ近くのゲストハウスに宿泊します。この施設は4~6人部屋でバスルーム、キッチンを備えた快適なゲストハウスです。
いずれも追加料金にて1人部屋が利用できます。
8月は2~3日目がテント泊になりますので、寝袋を持参してください。シングルテント希望でも追加料金はありません(予約時にお問い合わせください)。テント泊の際、マットレスの提供と暖かいシャワーの利用が可能です。

《食事》

食事は地元の美食を思う存分ご堪能いただきます。
朝・夕食はホテルにて。ランチは、サポート車が昼食地までケータリングします。
基本的に全食事付ですが、1日目と6日目の昼食は含まれません。

《日本からは》

上記乗馬ツアーへのご参加には別途日本~ボルドー往復航空券が必要です。
ボルドー~最寄り駅モルサンス(Morcenx)は鉄道、モルサンスからは乗馬センターの車で送迎します(別途費用)。
必要に応じ、前後泊の手配を承ります。

料金、詳細はウェブサイトをご覧ください。

(画像提供:RandoCheval)

☆☆ 皆様の応援クリックが励みになります ☆☆
にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
このエントリーをはてなブックマークに追加
Sponsored Link
VELTRA

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です