乗馬でサンティアゴ・デ・コンポステーラ巡礼

スペイン、サンティアゴ・デ・コンポステーラへ向かう巡礼路は、キリスト教徒にとって重要なものです。その巡礼路を乗馬でめぐるプランをご案内します。壮大な全4週間の日程は1週間ごとに4つのコースに分かれており、どのコースからも、また2週、3週続けて参加することが可能です。キリスト教にとって重要な町や村を通り、あまたある歴史的モニュメントはどれも見逃せません。

Sponsored Link

サンティアゴ・デ・コンポステーラ巡礼

Santiago de Compostella

《概要》

サンティアゴ(Santiago)へ向かう巡礼の群集は中世の最も重要な宗教的・文化的現象の一つでした。その現象は今日も続いています。
この巡礼路上で、中世の巡礼の素晴らしさと名声の名残を見ることが出来ます。信者でなくてもスペインの風景、豊かな文化と美食を発見できる乗馬です。

** どの週の行程からでも参加可能です **

《日程》- 第1週

1日目(土曜日) マドリッド(Madrid)~ロンセスバリェス(Roncesvalles)

マドリッド空港に到着、ロンセスバリェス(Roncesvalles)へお送りします(4.5時間)。
宿泊・夕食:ホテル

2日目 ロンセスバリェス(Roncesvalles)~ブルラダ(Burlada)

この日は山の牧草地と美しい森林の中、日程中で最も美しい一日です。朝食後、ロンセスバリェス(Roncesvalles、950m)からアルト・デ・メスキリツ(Alto de Mezkiritz、922m)とエロ(Erro、801m)を登ります。そこからスビリ(Zubiri、500m)へ向かい、「The Rabbits Bridge」と呼ばれるアルガ(Arga)川に架かるゴシック様式の橋でピクニック。
午後、トリニダー(Trinidad)やブルラダ(Burlada)などの重要な村へ。
宿泊・夕食:ホテル

3日目 ブルラダ(Burlada)~プエンテ・ラ・レイナ(Puente la Reina)

朝食後、カミノ・デ・サンティアゴ(The Camino de Santiago、「サンティアゴ・デ・コンポステーラへの道」の意味)の5つの首都の一つ、パンプローナ(Pamplona、5km)へ向かいます。到着後、マグダレナの中世の橋、フランシアの門、城砦を見学。そしてアルト・デル・ペルドン(Alto Del Perdon)へ。その後、昼食のためウテルガ(Uterga)へ。
昼食後プエンテ・ラ・レイナ(Puente la Reina)へ向かいます。この日宿泊するこの象徴的な町は、2つの有名な巡礼ルート、ナヴァラ(Navarra)ルートとアラゴン(Aragon)ルートの合流点です。
宿泊・夕食:ホテル

4日目 プエンテ・ラ・レイナ(Puente la Reina)~ビジャマヨール・デ・モンハルディン(Villamayor de Monjardín)

朝食後、丘を通りヴィリャトゥエルタ(Villatuerta)へ。
昼食後、エステーリャ(Estella)を含むいくつかの村を通ります。エステーリャ(Estella)では東洋の影響を感じることができる多くのモニュメントを見ることが出来ます。その後、時折ワインを流す世界の唯一の泉があるイスラム修道院を訪れます。丘の上の小さな村、ビジャマヨール・デ・モンハルディン(Villamayor de Monjardín)に到着後、宿泊。
宿泊・夕食:ホテル

5日目 ビジャマヨール・デ・モンハルディン(Villamayor de Monjardín)~ビアナ(Viana)

この日はナヴァラ州とリオハ州の間のオープンフィールドでの乗馬から始まります。その後、聖墳墓教会(Santo Sepulcro)の素晴らしい教会があるトレス・デル・リオ(Torres del Rio)へ。
昼食後、丘の中を進みビアナ(Viana)に到着。
宿泊・夕食:ホテル

6日目 ビアナ(Viana)~ログローニョ(Logroño)~ナヘラ(Najera)

朝食後、リオハの象徴的な町ログローニョ(Logroño)へ。その後ブドウ園を通って、ナバレテ(Navarrete)に到着、ピクニック。
午後、リオハの旧首都ナヘラ(Najera)へ向かいます。
宿泊・夕食:ホテル

7日目 ナヘラ(Najera)~サント・ドミンゴ・デ・ラ・カルサダ(Santo Domingo de la Calzada)

カミノ・デ・サンティアゴ(The Camino de Santiago)の第1週日程を完了するため、サント・ドミンゴ・デ・ラ・カルサダ(Santo Domingo de la Calzada)へ進みます。到着後、徒歩でこの町を散策。
宿泊・夕食:ホテル

8日目(土曜日) マドリッド(Madrid)

朝食後、マドリッド空港までお送ります(約3時間)。またはカミノ・デ・サンティアゴ(The Camino de Santiago)の行程を続けます(ランチは含まれていません)。

《日程》- 第2週

1日目(土曜日) マドリッド(Madrid)~サント・ドミンゴ・デ・ラ・カルサダ(Santo Domingo de la Calzada)

マドリッド空港に到着、サント・ドミンゴ・デ・ラ・カルサダ(Santo Domingo de la Calzada)へお送りします(3時間)。
宿泊・夕食:ホテル

2日目 サント・ドミンゴ・デ・ラ・カルサダ(Santo Domingo de la Calzada)~ビジャフランカ・モンテス・デ・オカ(Villafranca Montes de Oca)

カミノ・デ・サンティアゴ(The Camino de Santiago、「サンティアゴ・デ・コンポステーラへの道」の意味)の第2週は、リオハ最後のブドウ畑とカスティーリャの平野の交わるところから開始します。朝食後馬に乗り、16~17世紀の教会がある中世の村ベロラド(Belorado)で昼食。
午後、ビジャフランカ・モンテス・デ・オカ(Villafranca Montes de Oca)へ向かいます。
宿泊・夕食:ホテル

3日目 ビジャフランカ・モンテス・デ・オカ(Villafranca Montes de Oca)~ブルゴス(Burgos)

朝食後、オカ山(Oca、950m)の頂上に登り、その後アルト・デ・ラ・ペドラハ(Alto de la Pedraja)へ。有名なサン・フアン・デ・オルテガ(San Juan de Ortega)教会と、1054年のカスティーリャ王とレオン王の戦いを記しているメンヒル(石碑)を通ります。その後ピコ(Pico)川近くで昼食。
午後、ブルゴス(Burgos)へ向けて出発します。ブルゴス到着後馬から降りて、車でタルダホス(Tardajos)村へ(約20分)。
宿泊・夕食:ホテル

4日目 ラベ・デ・ラス・カルサダス(Rabé de las Calzadas)~カストロヘリス(Castrojeriz)

朝、ラベ・デ・ラス・カルサダス(Rabé de las Calzadas)で馬に乗り、小麦や大麦やヒマワリの畑を走ります。途中ピクニックランチ。
昼食後、カストロヘリス(Castrojeriz)へ向かいます。この町には美しい風景、サンアントンの修道院の遺跡があります。
宿泊・夕食:ホテル

5日目 カストロヘリス(Castrojeriz)~カリオン・デ・ロス・コンデス(Carrion de los Condes)

朝食後、ポブラシオン・デ・カンポス(Poblaion de Campos)まで開いた地平線を進みます。その後、巨大で印象的な修道院を備えた合計12の教会が建つカリオン・デ・ロス・コンデス(Carrion de los Condes)へ向かいます。
宿泊・夕食:ホテル

6日目 カリオン・デ・ロス・コンデス(Carrion de los Condes)~サアグン(Sahagun)

この日は、小さな村カルサディージャ・デ・ラ・クエサ(Calzadilla de la Cueza)まで古いローマの道を進みます。
昼食後、州境を越えてレオン州へ。ムーア人の影響力の強い都市サアグン(Sahagun)に到達します。
宿泊・夕食:ホテル

7日目 サアグン(Sahagun)~エル・ブルゴ・ラネロ(El Burgo Ranero)

カミノ・デ・サンティアゴ(The Camino de Santiago)の第2週日程の終点はエル・ブルゴ・ラネロ(El Burgo Ranero)です。到着後、自家製の「チュピート」で乾杯してこの行程の終了です。昼食後は自由行動。
宿泊・夕食:ホテル

8日目(土曜日) マドリッド(Madrid)

朝食後、マドリッド空港までお送ります(約3時間)。またはカミノ・デ・サンティアゴ(The Camino de Santiago)の行程を続けます(ランチは含まれていません)。

Sponsored Link

《日程》- 第3週

1日目(土曜日) マドリッド(Madrid)~エル・ブルゴ・ラネロ(El Burgo Ranero)

マドリッド空港に到着、エル・ブルゴ・ラネロ(El Burgo Ranero)へお送りします(3時間)。
宿泊・夕食:ホテル

2日目 エル・ブルゴ・ラネロ(El Burgo Ranero)~アルカウエハ(Arcahueja)

カミノ・デ・サンティアゴ(The Camino de Santiago、「サンティアゴ・デ・コンポステーラへの道」の意味)の第3週は、昼食場所のマンシージャ・デ・ラス・ムラス(Mansilla de las Mulas)まで、レオン州の乾燥したオープンな風景を進むことから始まります。その後アルカウエハ(Arcahueja)で馬から降りて、車でラ・ビルヘン・デル・カミーノ(La Virgen del Camino)へ。
宿泊・夕食:ホテル

3日目 ラ・ビルヘン・デル・カミーノ(La Virgen del Camino)~オスピタル・デ・オルビゴ(Hospital de Órbigo)

朝食後、車でラ・ビルヘン・デル・カミーノ(La Virgen del Camino)へ。ここで馬に乗り、ビジャール・デ・マサリフェ(Villar de Mazarife)までオープンフィールドでギャロップを楽しみます。
昼食後平野を進み、オルビゴ(Orbigo)川を渡ります。その後オスピタル・デ・オルビゴ(Hospital de Órbigo)に到着。
宿泊・夕食:ホテル

4日目 オスピタル・デ・オルビゴ(Hospital de Órbigo)~カストリージョ・デ・ロス・ポルバサレス(Castrillo de los Polvazares)

朝食後、小さな村を通り司教邸とサンタマリア大聖堂があるアストルガ(Astorga)へ向かいます。
昼食後、石造りの村カストリージョ・デ・ロス・ポルバサレス(Castrillo de los Polvazares)に到着。
宿泊・夕食:ホテル

5日目 カストリージョ・デ・ロス・ポルバサレス(Castrillo de los Polvazares)~フォンセバドン(Foncebadon)

朝食後、レオンの大平原と山を越え、エウロパ山(Picos de Europa)の景色を楽しみながら、ラバナル・デル・カミーノ(Rabanal de Camino)へ。到着後昼食。
午後、イラゴ(Irago)山の一番高い村、フォンセバドン(Foncebadon)へ。
宿泊・夕食:ホテル

6日目 フォンセバドン(Foncebadon)~モリーナセカ(Molinaseca)

この日の乗馬は午前中のみです。カミノ・デ・サンティアゴを拓く意思を象徴する石から出発し、象徴的な「クルス・デ・イエロ(Cruz de Hierro)」を通ります。ここは巡礼者が旅行中に保護を求めるところでもあります。その後、丘を下ってモリーナセカ(Molinaseca)に到着後、昼食。
その後ここに馬を残し、車でビジャフランカ・デル・ビエルソ(Villafranca del Bierzo)へ向かいます。
宿泊・夕食:ホテル

7日目 ビジャフランカ・デル・ビエルソ(Villafranca del Bierzo)~オ・セブレイロ(O Cebreiro)

朝食後、レオン州を出発し、バルカルセ(Valcarce)川沿いのガリシアへ向かいます。ベガ・デ・バルカルセ(Vega de Valcacel)で昼食後、オ・セブレイロ(O Cebreiro)まで登ります。ここはガリシアの典型的な石造りの村で、息をのむような素晴らしい景色が楽しめます。
宿泊・夕食:ホテル

8日目(土曜日) マドリッド(Madrid)

朝食後、マドリッド空港までお送ります(約4時間)。またはカミノ・デ・サンティアゴ(The Camino de Santiago)の行程を続けます(ランチは含まれていません)。

《日程》- 第4週

1日目(土曜日)  マドリッド(Madrid)~オ・セブレイロ(O Cebreiro)

マドリッド空港に到着、オ・セブレイロ(O Cebreiro)へお送りします(4時間)。
宿泊・夕食:ホテル

2日目 オ・セブレイロ(O Cebreiro)~サモス(Samos)

カミノ・デ・サンティアゴ(The Camino de Santiago、「サンティアゴ・デ・コンポステーラへの道」の意味)の第4週(最終週)は、トリアカステーラ(Triacastela)へ向けて樫と栗の木が点在する緑豊かな丘での乗馬から始まります。トリアカステーラ(Triacastela)で昼食後、森林の中を進み、6世紀のベネディクト修道院で有名な村、サモス(Samos)に旅を続けます。
宿泊・夕食:ホテル

3日目 サモス(Samos)~ポルトマリン(Portomarin)

朝食後、サリア(Sarria)を通ってバルバデロ(Barbadelo)に向かいます。
昼食後、多くの人々が巡礼を始める伝説的な「100㎞の道」を進みます。そして、1960年に建造した人工湖に古い中世の村が沈没した新しい町、ポルトマリン(Portomarin)へ。
宿泊・夕食:ホテル

4日目 ポルトマリン(Portomarin)~パラス・デ・レイ(Palas de Rei)

朝食後、リゴンデ(Ligondeへ向かいます。到着後昼食。
午後、パラス・デ・レイ(Palas de Rei)まで、サンティアゴ・デ・コンポステーラへ向かって進みます。
宿泊・夕食:ホテル

5日目 パラス・デ・レイ(Palas de Rei)~アルスーア(Arzua)

朝食後、ア・コルーニャ(ア・コルーニャ)を通り、タコ料理で知られる近代的な村、メリーデ(Melide)へ向かいます。東夷着後、有名な蛸専門店「エセキエル(Pulperia Ezequiel)」で昼食。この町の代表的な料理を楽しんだ後、アルスーア(Arzua)へ向かいます。
宿泊・夕食:ホテル

6日目 アルスーア(Arzua)~モンテ・ド・ゴゾ(Monte do Gozo)

朝食後、アルスーア(Arzua)とオ・ピノ・ペドロゾー(O Pino Pedrouzo)の間にある森林と村を進みます。昼食後、サンティアゴ・デ・コンポステーラ(Santiago de Compostella)まであと15㎞の道を進みます。最初にアメナル(Amenal)川を渡り、モンテ・ド・ゴゾ(Monte do Gozo)に到着します。
宿泊・夕食:ホテル

7日目 サンティアゴ・デ・コンポステーラ(Santiago de Compostella)

最終日は、サンティアゴ市の中央にあるオブラドイロ広場(Obradoiro Square)に入ります。大聖堂がある市内中心部を馬でめぐります。最後は馬から降ります。
ホテルでフェアウェル・ディナー
宿泊・夕食:ホテル

8日目(土曜日) マドリッド(Madrid)

朝食後、マドリッド空港へお送りします(約6時間)。もしくは市内中心部から30分のサンティアゴ・デ・コンポステーラ空港へ(この場合、送迎は含まれていません)。

Sponsored Link



《乗馬レベル》

この乗馬は異なる速度で快適に乗馬でき、一日平均5〜6時間(25~30キロ)の騎乗に耐えられる十分な体力が必要です。

《宿泊》

2つ星ホテルに宿泊。各客室には専用バスルームが備わっています。一人部屋は追加料金にて利用可能です。

《食事》

食事は旅の重要な要素です。このコースでは日程中のすべての食事が含まれます。トレイル中のランチは本格的なピクニックスタイル。別途ケータリング専用車がコースに追随して食事を用意します。朝、夕食はホテルにて地元の食材を生かした食事をご用意します。
コーヒー、紅茶を含む食事中の全ての飲み物が料金に含まれます。

《日本からは》

乗馬ツアーは航空券が含まれない現地発着型のツアーです。別途国内各地~マドリッド空港の往復航空券が必要です。空港からホテルまで、往復送迎が料金に含まれます。必要に応じ、前後泊の手配を承ります。

上記コースの料金、詳細は以下からご覧ください。

Thumbnail of 海外乗馬ツアー 一覧海外乗馬ツアー 一覧

有限会社フライト
ファームステイからトレッキングまで、1名参加可能な各種コースを取り揃えた海外乗馬ツアーです。初心者から上級向けまで1週間の日程を中心に世界各国の乗馬ツアーをご案内しています。リピーターにも人気です。

☆☆ 皆様の応援クリックが励みになります ☆☆
にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
このエントリーをはてなブックマークに追加
(Visited 11 times, 1 visits today)
Sponsored Link
VELTRA

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.