セントアンドリュース オールドコースエクスペリエンスプログラム-1

世界中のゴルファーの憧れ、セントアンドリュース・オールドコース。Home Of Golfとして知られ、聖地でもあります。ここでプレーをするには高倍率のバロットで当選するというラッキーな人を除けば、世界中で唯一事前にティーオフタイムを確約できるプログラム「オールドコースエクスペリエンス」を利用するのが確実です。
そのプログラムはどんな内容なのか、2回に分けてご案内します。

【追記】2017/6/2
2018年以降3泊プログラムは設定がなくなり、最低4泊からとなります。

Sponsored Link

基本内容

3泊3ラウンド、4泊4ラウンド、5泊5ラウンドの3タイプがあります。いずれもオールドコース1ラウンドを確約、3泊プログラムの場合その他セントアンドリュース・リンクスのニューコース、ジュビリーコース、キャッスルコースのいずれかで1ラウンド、キングスバーンズ又はカーヌスティのいずれかで1ラウンドが可能です。オールドコースの空き状況をベースに、その前後でその他コースのプレー日が決定します。プレーの前には各クラブハウスでドライビングレンジを使用できます。
宿泊はオールドコースに隣接したオールドコースホテル、ルサックスホテル、キャッスルコースやキングスバーンズに近いフェアモントホテルから選ぶことが出来ます。
プレー日の昼食はクラブハウスにて(スタート時間によりランチボックスの場合があります)、その他滞在中1回宿泊ホテル内レストランにて3コース・アラカルト・ディナーが含まれています。
(詳細は当社ウェブサイト内各プログラムのDetailをご覧ください。)

プログラムに沿ってシュミレーション

当社ウェブサイトに料金や含まれるもの、サンプル日程を掲載していますが、文字だけではわかりにくいのでシュミレーションしてみます。
シュミレーション条件としてオプションのエジンバラ空港~宿泊ホテルの往復送迎を加え、
1日目:到着
2日目:ジュビリーコース
3日目:キングスバーンズ
4日目:オールドコース
宿泊:オールドコースホテル
という設定でご案内します。

【1日目】 – セントアンドリュース到着

日本からロンドンなどを経由してエジンバラ空港に到着。

oldcourse-experience-meeting
到着ロビーではスタッフが出迎えてくれます。
oldcourse-experience-minibus

車はベンツのワゴン。空港からセントアンドリュースまでは約40分ほどで到着します。

oldcoursehotel
ホテルに到着。
welcome-receiption
シャンパンのウェルカムレセプション。

その後はフリー。日本からエジンバラに到着し、そのままホテルにチェックインすると夜ですので1日目はそこで終了です。

Sponsored Link



【2日目】 – ジュビリーコースでプレー

朝食後ティーオフタイムに合わせてスタッフがホテルにお出迎え、車でセントアンドリュース・リンクス・クラブハウスへ向かいます。オールドコースホテルから約10分で到着。

links-clubhouse

オールドコース、ニューコース、ジュビリーコースでプレーの日はこのクラブハウスを利用します。まずはロッカールームへ。

lockerroom
準備が出来たら1番ティーへと向かいます。
jubilee-1st-tee
jubilee-1st-tee2

ジュビリーコースでプレーするゴルファー。結構ラフな格好ですが、地元の人でしょうか?このプログラムでは襟付きシャツと長ズボン着用が原則です。

playing-jubilee

ラウンド後クラブハウスへ戻り、昼食。クラブハウス2階がレストランです。

clubhouse-restaurant
訪れた日は名物フィッシュ&チップスをオーダー。
fish&chips

セントアンドリュースでのプレー1日目はこれにて終了です。車でホテルへ戻ります。
夕食まで少し時間が開くので、ゴルフミュージアムを訪れるかセントアンドリュース市内を散策することが出来ます。
憧れのオールドコースでのプレーは後半のお楽しみとなります。

続きは次回へ。

☆☆ 皆様の応援クリックが励みになります ☆☆
にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
このエントリーをはてなブックマークに追加
Sponsored Link
VELTRA

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です