スコットランドを走る豪華列車「ロイヤル・スコッツマン」

royalscotsman

豪華列車の代名詞、オリエント急行のベニス・シンプロン・オリエント・エクスプレスを運行するベルモンドがご案内する、スコットランドの伝統と気品ある快適さを併せ持つ豪華列車「ロイヤル・スコッツマン」。1車両わずか36名しか乗車できないエクスクルーシブなこの列車は、出発した瞬間から感動的な歴史と息を飲むような大自然の中を、松の木に覆われてそびえ立つ山々を走り抜けながら、スコットランドの魅力的な街の数々やハイランド地方の中心を数日間で巡ります。

ベルモンド・ラインナップを取り扱うフライトがご案内する、スコットランドの豪華列車「ロイヤル・スコッツマン」を是非ご体験ください。

Sponsored Link

キャビン

RS_cabin

写真はツイン・キャビン

寝台車は5輌。寄木細工で装飾が施されたキャビンは、ツイン・タイプ15室、ダブル・タイプ3室、シングル・タイプ4室があり、全室ともシャワー、洗面台、トイレを備えたプライベート・バスルームと、24時間の温水設備を完備し、アメニティやタオルもご用意しています。

【キャビン・プラン】

twn_cabin

ツイン・キャビン

dbl_cabin

ダブル・キャビン

sgl_cabin

シングル・キャビン

Sponsored Link

レストラン・カーとバー・カー

RS_restaurant

レストラン・カー

食堂車両は『スウィフト』と『レーブン』の2輌。36名が一同に楽しいひと時を過ごせる展望車両は、窓やオープンデッキからスコットランドの壮大なパノラマ風景をお楽しみいただけます。
列車内では、旅を共にする他のお客様たちとのおしゃべりを楽しみながら優雅にアフタヌーンティー。夜はマホガニー製のパネルで美しい装飾が施された食堂車にてキャンドルライトがゆらめく中、スコットランドの自然の恵み、旬の食材をふんだんに使用したスコットランド料理をご堪能ください。鮮魚のたたきやお口の中でとろけるようなアバディーン・アンガス・ビーフなど、いずれのお料理もお客様の期待を裏切りません。

rs_bar

バー・カー

スパ・カー

rs_spa1

ベルモンド・ラインナップの中でスパ車両があるのは、このロイヤル・スコッツマンだけ。コッツウォルズ生まれのボタニカルトリートメントで知られるバンフォードのヘイバーン・スパをお楽しみいただけます。ボディ、フェイスにネイルのコースをご用意しています。

rs_spa2

Sponsored Link



スコットランド・クラシック・ジャーニー

スコットランドを網羅するロイヤル・スコッツマンの各ルートの中から、定番の「スコットランド・クラシック・ジャーニー(4泊5日)」を紹介します。最も運行数が多く、ハイランドの景勝地からスコッチ・ウィスキーの故郷スペイサイド、そして王室のかつての棲家だった美しい城の数々をめぐります。

1日目 エディンバラ(Edinburgh)

13:45 エディンバラ・ウェーバリー駅(Edinburgh Waverley)を出発、世界遺産フォース橋(Forth Railway Bridge)を渡って北へ向かいます。
アーブロース(Arboath)、モントローズ(Montrose)、アバディーン(Aberdeen)を通りキース(Keith)に到着するまでの間、車内でアフタヌーンティーをお楽しみください。
列車はキース(Keith)に到着し、ここで一晩停車します。
初日の夕食はインフォーマルで、エンターテイメントを楽しみながら。

rs_iti1

2日目 カイル・オブ・ロカルシュ(Kyle of Lochalsh)

朝、キース(Keith)を出発。列車はマレー湾(Moray Firth)に沿って西へ、ハイランドの首都インヴァネス(Inverness)方面へ進みます。
カイル・オブ・ロカルシュ(Kyle of Lochalsh)までの間、英国で最も美しい鉄道ルートの車窓を楽しみながら昼食をどうぞ。
昼食後、絵のように美しいプロックトン(Plockton)で下車。ここでは、
・野生のあざらしを見ることが出来るボートトリップ
・Plockton Hotelでの伝統的なハイランドの歓迎
・スコットランドの最も象徴的な名所のひとつ、アイリーン・ドナン城(Eilean Donan Castle)の訪問をお楽しみください。列車はカイル・オブ・ロカルシュ(Kyle of Lochalsh)に到着し、ここで一晩停車します。
この日の夕食はフォーマル、食後はコーヒーとリキュールでおくつろぎください。

*ご注意:2018年4月12日、6月15日、7月25日、8月6日、10月8日、14日発の2日目の午後は日程が変わります。昼食と夕食の間に下車してコーダー城(Cawdor Castle)を訪問します。

3日目 ボート・オブ・ガーテン(Boat of Garten)

朝食を召し上がっている間に列車はカイル・オブ・ロカルシュ(Kyle of Lochalsh)を出発し、ディングウォール(Dingwall)へ向けて、前日までのルートを戻るように走ります。車窓から左手にプロックトン(Plockton)が見えてきたら、シャッターチャンスです。
1838年に設立されたスコットランドで最古の蒸留所の一つであるグレン・オード蒸留所(Glen Ord Distillery)を訪れるためにガーブ(Garve)で下車。この蒸留所はインヴァネス(Inverness)西側のブラックアイル(Black Isle)の端に位置し、独自の大麦を麦芽に変え、長い発酵とゆっくりとした蒸留方法を何世代にわたって続けています。訪問中は、蒸留所内ツアーやプライベートなテイスティングをお楽しみください。
その後南へ向かいキャルブリッジ(Carrbridge)で下車、美しいスペイサイド(Speyside)にあるロマンチックなバリンダロック城(Ballindalloch Castle)を訪問します。
オプションでプライベートキャッスルツアー、9ホールの城のゴルフコース、スコットランド唯一の単一蒸留所の特別見学が含まれます。
この夜は、ストラススペイ鉄道(Strathspey Railway)のボート・オブ・ガーテン(Boat of Garten)に到着し、ここで一晩停車します。
インフォーマルな夕食の後、ハイランドの語りべによるスコットランドの談話をお楽しみください。

rs_iti2

*ご注意:2018年4月12日、6月15日、7月25日、8月6日、10月8日、14日発の3日目は日程が変わります。朝早く起きて、有名なアイリーン・ドナン城(Eilean Donan Castle)へのショートトリップの後、列車はキャルブリッジ(Carrbridge)に向かい、グレンリヴェット蒸留所(Glenlivet Distillery)を訪問します。

4日目 ロザーマーチャス(Rothiemurchus)

朝、バスにてケアンゴームズ国立公園(Cairngorms National Park)の中心にあるロザーマーチャス・エステート(Rothiemurchus Estate)を訪れます。ここでは釣り、クレイ射撃、園内ツアーにてお楽しみください。
キンガスジー(Kingussie)に停車している列車に戻り、ダンケルド(Dunkeld)へ向かうあいだ、昼食をお楽しみください。ダンケルド(Dunkeld)にて下車し、ジョージ6世妃エリザベス(女王エリザベス2世の母)が幼少時代を過ごしたグラミス城(又はグラームス城、Glamis Castle)を訪れます。
パース(Perth)に停車している列車に戻り、フォーマルな夕食とエンターテインメントをお楽しみください。
列車はダンディー(Dundee)に到着し、ここで一晩停車します。

5日目 エディンバラ(Edinburgh)

朝食後列車は南へ向かい、 エディンバラ(Edinburgh)に9:48に到着。

royalscotsman2

料金、その他日程、運行日は以下をご覧ください。

Thumbnail of ロイヤル・スコッツマン|スコットランド|豪華寝台列車ロイヤル・スコッツマン|スコットランド|豪華寝台列車
有限会社フライト
スコットランドの伝統と気品ある快適さを併せ持つ豪華寝台列車ロイヤル・スコッツマンはわずか36席。スコットランドの豊かな自然と文化を体験する旅へご案内します。

また、あわせて以下もご覧ください。

Thumbnail of 豪華列車の代名詞、オリエント急行 - ベニス・シンプロン・オリエント・エクスプレス豪華列車の代名詞、オリエント急行 - ベニス・シンプロン・オリエント・エクスプレス
GO! GO!! GO!!!
アガサ・クリスティの小説、「オリエント急行殺人事件/Murder on the Orient Express」の舞台となり、映画では実際の列車の中で撮影された、豪華列車の代名詞ベニス・シンプロン・オリエント・エクスプレス。当社ではこの豪華列車のご案内とお申し込みを承っています。

(一部当社ウェブサイトより引用)

ブロトピ:海外旅行

☆☆ 皆様の応援クリックが励みになります ☆☆
にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
このエントリーをはてなブックマークに追加
(Visited 162 times, 1 visits today)
Sponsored Link
VELTRA

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.