アルゼンチン乗馬ツアー

パタゴニア エスタンシアステイ
7泊8日
サンプル日程

アルゼンチン パタゴニア エスタンシアステイ
パタゴニアにはあなたの想像力が漂っています。
エスタンシア(大牧場)はパンパの海の真ん中にある島のようなオアシス、そして激しい風を防ぐ崖に作られたコンドルの巣... 長い一日のため馬を準備しているガウチョの拍車の音を想像してみてください。 砂漠と海の間の未知の感覚、パンパが波打つ巨大な黄金の平原が見える崖の頂上に到着したとたん、襲ってくるめまいを想像してみてください。 広いスペースで荒れ狂う牛を集めつつ、山での乗馬の楽しさを想像してみてください。世界で最高と評される肉を焼くアサード(焼肉料理)の熱い香りを想像してみてください。
真のエスタンシアで生きたパタゴニアを体験してください。ガウチョとともに牛の仕事に参加し、無限に広がるパタゴニアの中アンデスへの冒険に出かけます。

この乗馬は、1万ヘクタールあるエスタンシアで牛を扱うアルゼンチンのガウチョの生活の体験へと誘います。いつ訪れてもパンパの広大な平原の中、牛の群れの移動に同行することができます。そして乗馬の間にグアナコス(ワイルド・ラマ)、ワシ、アンデスの有名なコンドルの群れに遭遇する機会があります。9~11月と3~4月はコンドル観察に最適な時期、また1~2月は川を楽しむのに最適な時期です。
牧場の仕事は季節によって異なります。11~12月は春の集まりです。ガウチョが夏に向けて牧草地へ家畜を移動させるのを手伝うことができます。そして3~4月には、南半球の冬の厳しさに戻ります。
この乗馬は、エスタンシアで過ごす様々なアクティビティをご案内します。どの時期に滞在しても、参加者の希望、レベル、滞在期間、およびその他の条件にあわせて、以下プログラムと同様の体験が可能です。

日本発着の航空券と併せて承ります。
ツアー前後の宿泊、他国、他都市への宿泊や観光など周遊プランとしてのご案内も可能です。
見積もりフォーム、又はメールにてお問い合わせ、ご依頼ください。

サンプル日程・宿泊
1日目
午後 バリローチェ(Bariloche)空港に到着 エスタンシアへお送りします(約30分)
到着時間に応じて昼食 その後最初の乗馬に出かけます
クリオージョ(Criollo)種の馬とアルゼンチンのハーネスに慣れてください
**18:00以降の到着の場合は初日の乗馬はありません**
宿泊・夕食 エスタンシア
2日目
朝食:エスタンシアにて
終日エスタンシアの敷地で乗馬
昼食はアサードと呼ばれるガウチョスタイルのバーベキュー
エスタンシアを横切る川に沿って険しい峡谷を渡り その後ときおり湿地に変わる牧草地でギャロップ
そこには釣り人がいたりトキの仲間を見かけることがあります
その後チェンケ(Chenque)山頂に向かい その向こうにあるアンデスとパタゴニア平野に向かいます
宿泊・夕食 エスタンシア
日程Top↑
3日目
終日パドックで牛を集めるガウチョたちと過ごします
朝食はガウチョとともにバーベキュー それを切ったパンとともに食べます
これがガウチョ・ダイエットです
黄金に輝くパンパで昼寝の後仕事を再開し 馬に乗って牛を選別したり投げなわを扱います
宿泊・夕食 エスタンシア
日程Top↑
4日目
朝食:エスタンシアにて
エスタンシアの敷地内に住むアメリカン・インディアンの かつて儀式に使用された洞窟へ向けて出発
この洞窟はアンデス火山から流れてきた古い固体溶岩流の通路を作った氷河によって形成されました
テウェルチェ(Tehuelche)族と呼ばれるアメリカン・インディアンはそこにフレスコ画と彫像を壁に掘って残しました
宿泊・夕食 エスタンシア
日程Top↑
5日目
朝食:エスタンシアにて
午前 生まれたばかりの仔馬を連れた馬を探しに出かけ また若い馬をパドックに戻します
若い馬はまだ野生的で正しい方向に移動させることはガウチョの醍醐味です
遅い昼食の後 コンドルとワシが巣をなす崖へとむかいます
日没時に彼らが巣に戻るのをカクテルとともに待ちます
宿泊・夕食 エスタンシア
日程Top↑
6日目
朝食:エスタンシアにて
この日はインディアンの保護区「Neighbor」へ向かいます
エスタンシアで使用されているサドルバッグとサドルマットはそこにいるインディアンの女性たちによって縫製され 牛革はストラップへと変貌します
彼らの仕事ぶりを見てほっとする暖かい一時を過ごします
宿泊・夕食 エスタンシア
日程Top↑
7日目
朝食:エスタンシアにて
この日はまだ未踏のエリアへ向けて出かけます
エスタンシアは広大で、まだまだ発見すべきことがたくさんあります
川辺でピクニックランチ
宿泊・夕食 エスタンシア
日程Top↑
8日目
朝食: エスタンシアにて
出発便が11:00以降の場合は 帰国便に乗る前に最後の乗馬を楽しみます
その後バリローチェ空港へお送りします

乗馬レベル

必要に応じてグループに分け、そのレベルに応じてプログラムは柔軟に対応しますので、特別上級者である必要はありません。
もちろん上級者は、牛の仕事、パンパでのロング・ギャロップ、ハイキングを完ぺきに楽しむことが出来ます。

宿泊

エスタンシアの敷地内に建てられた、2棟に分かれた小さなコテージの快適な客室に宿泊します。各客室には専用バスルームが付いています。
アルゼンチン パタゴニア エスタンシアステイ2 アルゼンチン パタゴニア エスタンシアステイ3

TOP