アルゼンチン乗馬ツアー

世界最南端の島フエゴ島 11泊12日 サンプル日程

アルゼンチン 世界最南端の島フエゴ島

ティエラ・デル・フエゴ州=フエゴ島Tierra del Fuegoはアルゼンチンの最南端に位置し、野生の自然のままの真の世界の果てです。すべての文明から遠く離れ、毎日馬に乗って特別な風景を横断します。 未知の世界に深く潜り込み、パタゴニアの先駆的な探検家の足跡をたどる準備をしてください。 馬に乗り、誰もいないビーチでロング・ギャロップを楽しみます。夕方、キャンプファイヤーの周りでは、波の音を聴きながら、この神秘的な土地に伝わる無数の物語を分かち合います。

日本発着の航空券と併せて承ります。 ツアー前後の宿泊、他国、他都市への宿泊や観光など周遊プランとしてのご案内も可能です。 見積もりフォーム、又はメールにてお問い合わせ、ご依頼ください。

サンプル日程・宿泊
1日目
正午までにウシュアイアUshuaia空港に到着 ガイドが出迎え 車で5分のゲストハウスにご案内します
チェックインの後 日程の詳細を説明します その後 夕食まで自由にウシュアイアUshuaiaを散策してください
宿泊・夕食 ゲストハウス
2日目
朝食:ゲストハウスにて
朝食後 車でエスタンシア・マリア・ルイーザEstancia Maria Luisaへ向けて出発
途中トルウインTolhuinで休憩し 約4時間で典型的なパタゴニアの牧場に到着 ここで馬に会います
昼食後荷物を積み込み ティエラ・デル・フエゴTierra del Fuego州で最も人里離れた野生の場所 ミトレ半島Peninsula Mitreでの本当のアドベンチャーが始まります 初日は慣れるための日で 翌日以降数日もさほど困難さはありません
緑の丘を越えて 干潮時にしか渡れないイリゴジェン川Río Irigoyenに向かいます この川は 巨大なマスで世界的に有名な川です
ビーチを散歩した後 未だガウチョが住んでいるこの日の宿泊施設 山小屋Puesto La Chiaraに到着
**一日約4時間の乗馬**
宿泊・夕食 山小屋 日程Top↑
3日目
朝食:山小屋にて
3日目は Puesto Rio Bueno山小屋までの長い一日です
途中で文明的な痕跡はすべてゆっくりと消え ティエラ・デル・フエゴTierra del Fuegoの荒野が徐々に見えてきます 古いボートや廃墟となった山小屋がいくつか見られますが その多くは船の残骸で建てられました
そして この地域での最初の動物(キツネ、グアナコ、コンドル、ビーバー)そしてさまざまな種類の鳥をみることができます 運が良ければ 海洋哺乳類さえ見ることができます
レティシアLeticia川を通過した後 山小屋に到着します
**一日約6時間の乗馬**
宿泊・夕食 山小屋 日程Top↑
4日目
朝食:山小屋にて
この日は 20世紀初頭に開拓者フランシスコ・ビルバオによって設立され 60年代以降に放棄された古いエスタンシア・ポリカルポEstancia Policarpoの中心であるカレタ・ファルサCaleta Falsa湾で終了します そのために いくつかの泥炭地と2つの川を横断します
ここでも野生の馬の群れやアシカの群れ そしてペンギンなど たくさんの野生動物に出会えるでしょう また この海岸で難破したイギリスの帆船「デューセス・オブ・アルバニー号」の残骸を見る機会もあります
その後ポリカルポPolicarpoの山小屋に到着
**一日約6時間の乗馬**
宿泊・夕食 山小屋 日程Top↑
5日目
朝食:山小屋にて
朝食後仲間と合流し ミトレMitre半島の海岸沿いを走り始めます 途中カワウ カラカラ アホウドリ アンデスコンドルなど多くの鳥類やアシカのコロニーを観察することができます
その後 湿地帯になった泥炭地を通り内陸に戻ります
一日の終わりに ティエラ・デル・フエゴTierra del Fuegoの最東端にあるトエティスThetis湾に到着
**一日約6時間の乗馬**
宿泊・夕食 山小屋 日程Top↑
6日目
朝食:山小屋にて
午前中は山小屋で休息
勇気のある方は サンディエゴSan Diego岬灯台までトレッキング(約7時間 全長20km)し 南大西洋 マヨールMayor海峡 ロスエスタードス島Isla de los Estados ビーグル水道Beagle Channelの入り口の素晴らしい眺めをお楽しみください
宿泊・夕食 山小屋 日程Top↑
7日目
朝食:山小屋にて
この日は休息日です
周辺を散策し ティエラ・デル・フエゴの本当の魅力に触れ 野生動物やこの土地に先住していたハウシュ族が残した痕跡を観察します
宿泊・夕食 山小屋 日程Top↑
8日目
朝食:山小屋にて
帰りは 来た道を戻ります
崖からの風景の光の光景は並外れています
夕食と一晩のためにポリカルポPolicarpoの山小屋に到着
**一日約5時間の乗馬**
宿泊・夕食 山小屋 日程Top↑
9日目
朝食:山小屋にて
馬の準備をして乗馬を再開し 最終的にポリカルポPolicarpo川の近くの海岸に到着します
この川の反対側には 長いギャロップを楽しむことができる この日程中で最も長いビーチがあります 運が良ければ 野生の馬が同行するかもしれません
古い帆船の近くで昼食
**一日約6時間の乗馬**
宿泊・夕食 山小屋 日程Top↑
10日目
朝食:山小屋にて
朝はレティシアLeticia川の横断から始まり 反対側にある崖の頂上に登ります ここから 地域全体のパノラマビューと過去数日間の道のりをお楽しみいただけます
壮大なビーチに沿って最後のギャロップ その後ラ・キアラLa Chairaの山小屋に到着
山小屋でフェアウエルディナー
**一日約6時間の乗馬**
宿泊・夕食 山小屋 日程Top↑
11日目
朝食:山小屋にて
乗馬最終日は徐々に文明に戻り エスタンシア・マリア・ルイサEstancia Maria Luisaに戻ります
馬から降りてすべての装備から解放した後 ウシュアイアUshuaiaに戻ります
**一日約4時間の乗馬**
宿泊・夕食 ゲストハウス 日程Top↑
12日目
朝食:ゲストハウスにて
フライト時間に合わせて空港へお送りします

乗馬レベル

3ペースで快適に走ることと、美しいビーチでギャロップをするために馬をどのように保持するかを知っておくことを求めます。Cangallaサドルの快適さは、高速走行でも鞍をしっかり支えてくれますのでご安心ください。 この乗馬で最も重要なことは、体調を整えることです。一方で、過酷な気候条件のためだけでなく、最も長い日のために1日あたり4〜7時間かかるためです。地形が難しいこともあり、徒歩や馬でゆっくり進むこともあります。 馬の世話(グルーミングや鞍の付け方)をお願いすることはありません。ご希望であれば、馬の世話をしていただくことも可能です。

宿泊

ウシュアイアでは、ゲストハウスに宿泊します。

トレイル中は、水や電気はなく、調理用の薪ストーブを備えたシンプルな快適さを備えた二段ベッドのある山小屋で過ごします。寝室はキッチンとは別です。3泊するバイーア・トエティスBahia Thetisでのみ、熱いシャワーを浴びることができます。ここではテント(2〜3人)でのキャンプも可能です。いずれの場合も、リフレッシュのための水場が利用できます。トイレは、2泊を除いて避難所の中か外にあります。 寝袋と、テント泊分のマットレスはご持参ください。

アルゼンチン 世界最南端の島フエゴ島2 アルゼンチン 世界最南端の島フエゴ島3

TOP