アルゼンチン乗馬ツアー

サルタ インカ トレイル
8泊9日
サンプル日程

アルゼンチン サルタ インカ トレイル
サルタはアルゼンチン北西部、アンデス山脈の人里離れた未知の地です。森と水源が点在する大きな渓谷には砂漠や多彩な山々が溶け込んでおり、アルゼンチンの比類なき景色を味わっていただけます。
海抜2740m以上を登り、森の王コンドルがいる高地の牧草地に向かい、数え切れないほどのサボテンだけが生えている赤土のカルチャキの谷(Calchaqui Valley)の砂漠を横断します。夕方には、南半球の空に輝く星の魔法を発見します。
滞在中は自然に加え、インカ文化から継承され、この地域で未だ続いている牧歌的な文化に出会う機会があります。アルゼンチンの遠く未知の地域で滞在する忘れられない乗馬です。

日本発着の航空券と併せて承ります。
ツアー前後の宿泊、他国、他都市への宿泊や観光など周遊プランとしてのご案内も可能です。
見積もりフォーム、又はメールにてお問い合わせ、ご依頼ください。

サンプル日程・宿泊
1日目
サルタ空港に到着 ホテルにお送りします
到着時間に応じてサルタ市内を訪れる自由時間があります
午後遅く参加者とガイドと会いMAAM(Museum of High Altitude Archeology:高地考古学博物館)を訪問します
最近オープンしたこの博物館は近くの発掘現場にあるインカのさまざまな発掘物を展示することを目指し 現在世界で最も保存状態の良いミイラが展示されています
夕食は地元のレストランにて
宿泊 ホテル
2日目
朝食:ホテルにて
標高3348のピエドラ・デル・モリノ(Piedra del Molino)へ向けて出発
途中ロス・カルドネス国立公園(Parque Nacional los Cardones)の息を呑むような景色を望むことが出来ます
その後馬とガウチョと会い 昼食の後トレッキングに向けて準備します
最初は南へ進み日没前にペーニャス・ブランカス(Penas Blancas:2760m)に到着
宿泊・夕食 山小屋もしくはキャンプ
3日目
朝食:山小屋もしくはキャンプにて
朝食後出発 途中泥や古い設備で作られた伝統的な家を見ることが出来ます
その後谷を2つに分ける非常に急な斜面のチロ(Chilo)に辿りつきます
ここの景色は美しく自然の力を感じます
川辺で昼食をとり近くでギャロップを楽しみます
また何世紀も前に描かれた古代インディオの絵文字を発見します
その後昔ながらのライフスタイルの牧場であるIsonzaを訪れ インカ時代のスタイルでヤギのチーズを作るLeuca Burgosを訪れます
宿泊・夕食 山小屋もしくはキャンプ
4日目
朝食:山小屋もしくはキャンプにて
この日は南に向かいロス・カルドネス国立公園(Parque Nacional los Cardones)内のYaslaguala(尾根の名前)を渡ります
ここには巨大なサボテンが点在しています
その後 この日の宿泊地アンブラヨ(Amblayo:2400m)に向かいます
この都市には主に馬で旅をする人が約150人住んでいます
途中私たちは考古学的なエリアを進み そこには掘り起こされた塗装のある陶器のかけらが散在していますがそれは当然触れることが禁じられています
宿泊・夕食 山小屋
5日目
朝食:山小屋にて
この日はアンブラヨ(Amblayo)の古い礼拝堂と17世紀の絵画を訪れます
その後シエラ・ペラダ(Sierra Pelada)山のふもとで乗馬を再開します
リオ・サラド(Rio Salado)でもギャロップを楽しみます
夕食は伝統的なヤギのバーベキュー
宿泊・夕食 山小屋
6日目
朝食:山小屋にて
この日は前日とは対照的です 東へ向かって進むと砂漠は徐々に高地の平原へと続きます
そこはコンドルたちの土地です 高度3000mまで登るとコンドルの姿を見ることが出来るでしょう
その後レルマ渓谷(Valle de Lerma)の密集した森へ降りて行き エル・チュルキ(El Churqui:1960m)に到着します
ここはハンドメイドの皿が名産です
宿泊・夕食 山小屋もしくはキャンプ
7日目
朝食:山小屋もしくはキャンプにて
朝食後 ラス・ピルカス(Las Pircas)川に沿ってラ・ヴィーニャ(La Vina)のキャンプへ向けて出発します
この道は何世紀にもわたって使用されており 地域住民のための唯一のコミュニケーション手段です
ラ・ヴィーニャ(La Vina)に到着後 車に乗り換えサルタへお送りします(2時間)
到着後レストランでお別れの夕食
宿泊 ホテル
8日目
朝食:ホテルにて
朝食後 サルタ空港へお送りします
**サルタ~ブエノスアイレス間の航空券は含まれません**
ブエノスアイレス到着後タクシーでホテルへ
その後ブエノスアイレス市内を訪れ タンゴ マヨール広場 ロサダの家のバルコニー エヴァ・ペロンなどを見学
昼食は自由
**オプションにてディナーショーとタンゴ・レッスンにご案内します
宿泊 ホテル
9日目
朝食: ホテルにて
朝食後 ご自身でブエノスアイレス空港へ

乗馬レベル

アウトドアで3ペースで快適に乗馬できることが不可欠です。基本的なペースはゆっくりですが、多くのトロットとギャロップの機会があります。危険な場所では、馬から降りるよう指示します。
1日5~6時間の乗馬です。

宿泊

この乗馬では、トレッキングの途中山小屋もしくはキャンプに宿泊します。この地域はインフラが整っておらず、数日は近代的な快適さを忘れる必要があります。
サルタとアンブラヨでは温かいシャワーを使用できます。
サルタとブエノスアイレスでは、ホテルのダブルルームに宿泊します。

TOP