ブルガリア乗馬ツアー

『Singing Rocks』自然保護区
7泊8日
サンプル日程

ブルガリア 『Singing Rocks』自然保護区
バルカン国立公園の東側にはブルガリアでは「Peeshti Skali」、英語で「Singing Rocks」と呼ばれる1700haの自然保護区があります。この保護区は公園内で最も高い山の一つに位置し、名前が示す通り岩が歌っているように聞こえます。
保護区内ではシャモア、ヒグマやイヌワシなどの保護動物に会えるチャンスが数多くあります。またシカ、オオヤマネコ、野生のイノシシや珍しい鳥もいます。
このような環境から、様々なレベルで多数のバリエーションを持つエリアでの乗馬です。風が通るたびに岩が鳴り響く瞬間と、バルカン国立公園の動・植物群をお楽しみください。

日本発着の航空券と併せて承ります。
ツアー前後の宿泊、他国、他都市への宿泊や観光など周遊プランとしてのご案内も可能です。
見積もりフォーム、又はメールにてお問い合わせ、ご依頼ください。

サンプル日程・宿泊
1日目 土曜日
ソフィア空港で出迎え 空港から約3時間 180kmの乗馬の出発地アプリルツィ(Apriltsi)へお送りします
到着後ゲストハウスにチェックイン
夕食時に1週間の案内とガイドを紹介します
宿泊・夕食 ゲストハウス(ダブルルーム)
2日目 日曜日
朝食: ゲストハウスにて
朝食後馬を選択し 山に向かってアプリルツィ(Apriltsi)の田園地帯からスタート
途中昼食のため 川のほとりで最初の休憩を取ります
午後 アプリルツィ(Apriltsi)へ戻ります(約4~5時間)
宿泊・夕食 ゲストハウス(ダブルルーム)
日程Top↑
3日目 月曜日
朝食: ゲストハウスにて
朝食後 伝統的なブルガリアの建築物でできた 隔離された小さな村を通って北東へ向かいます
途中川のほとりでピクニックランチ
昼食後 尾根に沿って花の草原を約6時間後 マラギディク(Maragidik)山の麓にあるタバシュコ(Tabashko)村に到着
ここから見る国立公園の景色は息をのむようです
宿泊・夕食 ゲストハウス(ダブルルーム)
日程Top↑
4日目 火曜日
朝食: 修道院にて
朝食後 タバシュコ(Tabashko)村から森や平原 川を通り 美しい山間の村のストーカイト(Stokite)とクペン(Kupen)へ向かい さらに山へ向かいます
途中ピクニックランチ
午後 海抜1000mに位置する山小屋「パルチザンカ・ペセン」(Partisanska pesen、「パルチザンソング=革命の歌」の意味)に到着するため 約6.5時間かけて1044mのオセニコヴェッツ(Osenikovets)の頂上を通ります
宿泊・夕食 山小屋(2~4人1室)
日程Top↑
5日目 水曜日
朝食: 山小屋にて
この日はバルカン山脈の北斜面の古代の森を通って山を登り続けます
山の牧草地ではトロットとギャロップの機会があります
川のほとりでピクニックランチの後引き続き山の頂上をめざし 標高1620mにある山小屋に午後遅く到着
宿泊・夕食 山小屋(2~4人1室)
日程Top↑
6日目 木曜日
朝食: 山小屋にて
朝食後 「Singing Rocks」へ向けて出発します
風が吹くと岩が歌うのを聞くことができます
この保護区では途中馬を引いて10~20ヤードほどの2本の小さな通路を渡ります
その後 1889mのマラギディク(Maragidik)山と2376mのボテフ(Botev)山に沈む夕日を眺めながら 暖炉のそばで暖かい夕食を楽しめる別の山小屋へ
宿泊・夕食 山小屋(2~4人1室)
日程Top↑
7日目 金曜日
朝食: 山小屋にて
朝食後 北へ向けて出発
山を下り 国立公園をあとにしてアプリルツィ(Apriltsi)へ向かいます(約5時間)
宿泊・夕食 ゲストハウス(ダブルルーム)
日程Top↑
8日目 土曜日
朝食: ゲストハウスにて
朝食後 ソフィア空港へお送りします

乗馬レベル

この乗馬ではすべてのペースで快適に、1日平均5~8時間の乗馬が出来ることが条件です。

宿泊

1~2、7日目:アプリルツィのシャワー/トイレ付きゲストハウス(ダブルまたはトリプルルーム)
3日目:途中の村のゲストハウス(ダブルまたはトリプルルーム)
4~6日目:様々な山の山小屋(2~4人1室)
山小屋では共用バスルームとなります。
ブルガリア 『Singing Rocks』自然保護区2

TOP