ボツワナ乗馬ツアー

チュリブロック モバイルサファリキャンプ
7泊8日
サンプル日程

ボツワナ チュリブロック モバイルサファリキャンプ
ここは南アフリカとジンバブエの国境上、ボツワナ南東端のチュリ(Tuli)ブロック。まさに野生のサバンナとバオバブ地帯の中心にあり、アフリカの野生動物を発見することができます。南アフリカ共和国で最大のゾウの群れが生息していて、「巨人の国」ともいわれています。
馬に乗ってこのエリアを進みながら非日常的で印象的な毎日を送る、そして安全な旅にご招待します。

日本発着の航空券と併せて承ります。
ツアー前後の宿泊、他国、他都市への宿泊や観光など周遊プランとしてのご案内も可能です。
見積もりフォーム、又はメールにてお問い合わせ、ご依頼ください。

サンプル日程・宿泊
1日目
ヨハネスブルグ空港に到着
午後出来るだけ長く乗馬できるよう ベースキャンプへエアタクシー(約2時間)でお送りします
税関手続き完了後サファリ車でベースキャンプへご案内します
あるいは 車でガイドが待っている南アフリカ / ボツワナ国境へ(約5.5時間)
昼食とベースキャンプでの部屋を確認した後 滞在中同行する馬と対面
最初の外乗で馬との相性を確認します
このイントロダクション乗馬の後 伝統的なサンダウナー(Sundowners:夕暮れ時のアウトドア・アペリティフのこと)をお楽しみください
その後夕食のためキャンプに戻ります
宿泊・夕食 ベースキャンプ(Two Mashatus)
2日目
朝食:キャンプにて
紅茶やコーヒーが宿泊用テントに直接運ばれ 一日が始まります
その後 共有スペースで他のグループメンバーと一緒に朝食
食後 6~7時間の終日乗馬に出発します
この日の目的地はマジャラ(Majala)川の急流を見下ろすバンガロー郡にあるカンダ(Kanda)キャンプです
ここはとくに野生動物が密集しています
キャンプに到着後遅い昼食
午後は周りの自然をよりよく観察し理解するため ガイド付きウォーキングサファリに出発します
夕食は当社の優れたシェフにより調理され キャンプファイヤーを囲んで
宿泊・夕食 サテライトキャンプ:カンダ(Kanda)
日程Top↑
3日目
朝食:キャンプにて
朝食後 ゾウたちが何千年もの間使用していた玄武岩の尾根を横切り 馬の乗り心地を確認しながら進みます
途中の平原ではロング・ギャロップを楽しみます
その後 モトゥルツ(Motloutse)川の堤防とマシャトゥの茂みの中心にあるボーア人のクゴットラ(Kgotla)まで6~7時間乗馬を続けます
クゴットラ(Kgotla)に到着後遅い昼食
丸太を使用して作られた伝統的な囲いの円形広場のクゴットラ(Kgotla)は外敵から身を守るために設計されています
午後は最寄りの村を訪問しブッシュマンの描いた絵を見せてもらった後 モトゥルツ(Motloutse川の川辺でサンダウナーを楽しみます
クゴットラ(Kgotla)キャンプに戻り キャンプファイヤーを囲んで夕食
宿泊・夕食 クゴットラ(Kgotla)キャンプ
日程Top↑
4日目
朝食:キャンプにて
朝食後出発 4~5時間馬で進み洞窟壁画を隠す砂岩層を訪れます
古代の人々はリンポポ(Limpopo)川とモトゥルツ(Motloutse)川の2つの大河が合流するこの丘陵地で富を得ました
この地でギャロップを楽しみます
昼食後この丘陵地の頂上まで徒歩で登り 360度の眺めと壮大なアフリカの夕日を一緒に楽しみます
宿泊・夕食 クゴットラ(Kgotla)キャンプ
日程Top↑
5日目
キャンプファイヤーでの朝食
この日はモパネの茂みを進み大きな平野へ向かいます
新しいキャンプに向かうため約7時間 日程中一番長い乗馬です
キャンプでは爽やかなドリンクと食事を用意して待っています
ヒョウ・チーター・ハイエナ・ライオンを求めて 午後いっぱい車でサファリを続けます
宿泊・夕食 サテライトキャンプ:リアナ(Liana)
日程Top↑
6日目
朝食:キャンプにて
この日はマジャラ(Majala)川とMatabole川のほとりへ向かいます
5~6時間このほとりを中心に森の中を乗馬し多くの動物に出会います
マシャトゥの木陰で昼食ののちベースキャンプへ
午後 ガイドとともにブッシュへのウォーキングサファリに出発
宿泊・夕食 ベースキャンプ(Two Mashatus)
日程Top↑
7日目
朝食:キャンプにて
この乗馬は過去の多くの証言や伝説をもとにアフリカの歴史に触れることが出来ます
この日は最初にこの地域の特徴を顕著にラ和しているPitsani台地へ向かいます
ここではシマウマやヌーと出会えるチャンスです
その後リンポポ(Limpopo)川とマジャラ(Majala)川の合流地へ向かいベースキャンプへ
到着後昼食
夕食はベースキャンプのメインロンダベルで
その後最後のナイトサファリに出かけます
宿泊・夕食 ベースキャンプ(Two Mashatus)
日程Top↑
8日目
朝 リンポポ(Limpopo)川周辺へ2時間の乗馬に出かけます
キャンプに戻り 簡単な食事とシャワーの後 車で送迎(約5.5時間)またはエアタクシー(約2時間)でヨハネスブルグ空港へお送りします

乗馬レベル

このサファリ乗馬は経験豊富な方向けです。少なくとも週に1~2回定期的に乗馬をしている方で、屋外で小さな障害物を飛び越えることができ、快適ギャロップ出来なければなりません。ウェスタンに慣れている方は、出発前にある程度クラシック乗馬レッスンを受けることをお勧めします。初心者~中級者は受け付けていません。
1日平均4~7時間の乗馬です。

宿泊

ベースキャンプ(1, 6, 7泊目)

何世紀もの歴史を持つマシャトゥ(Mashatu)の木に囲まれた2つの伝統的なデラックス・ロンダベル(注:アフリカの伝統的住居をイメージしたコテージ)を、ラウンジ及びレストランとしてお客様をお迎えします。
夜は、映画「愛と哀しみの果て」をイメージさせる大きな宿泊用テントに宿泊します。宿泊用テントにはホットシャワー、シンク付きの専用バスルームがあります。それぞれのテントには2台のベッドがあり、シエスタ時にはパティオの日陰で快適にくつろぐことができるように配置されています。
ボツワナ チュリブロック モバイルサファリキャンプ2 ボツワナ チュリブロック モバイルサファリキャンプ3

サテライトキャンプ(Kanda、Liana:2, 5泊目)

Kanda、Lianaキャンプはどちらもマシャトゥ野生動物保護区(Mashatu Reserve)に位置しています。テントは快適なベッドを装備しています。簡易シャワーとトイレはテントの外です。食事はキャンプファイヤーを囲んで。
ボツワナ チュリブロック モバイルサファリキャンプ4

クゴットラ(Kgotla)キャンプ(3, 4泊目)

クゴットラ(Kgotla)キャンプは、マシャトゥ野生動物保護区(Mashatu Reserve)を流れるモトゥルツ(Motloutse)川西側のほとりに移住してきた古代伝統の村落広場です。
ボマは、長い枝を立てて作られた伝統的なアフリカの円形広場です。中央のキャンプファイヤーの周りの快適なベッドで宿泊します。
ボツワナ チュリブロック モバイルサファリキャンプ5 ボツワナ チュリブロック モバイルサファリキャンプ6

TOP