カナダ乗馬ツアー

バンフ国立公園周遊キャンプ 7泊8日
サンプル日程

カナダ バンフ国立公園周遊キャンプ
狩猟用のわなを仕掛けるトラッパーのように周遊するこのロッキー山脈乗馬では、ユネスコ世界遺産に登録されているバンフ国立公園の美しさを体験できます。観光地ではない多様な風景のため、非常に優れたクオリティーです。

日本発着の航空券と併せて承ります。
ツアー前後の宿泊、他国、他都市への宿泊や観光など周遊プランとしてのご案内も可能です。
見積もりフォーム、又はメールにてお問い合わせ、ご依頼ください。

サンプル日程・宿泊
1日目 カルガリー(Calgary)
カルガリーに到着後 ホテルにチェックイン
夕食は各自
宿泊 ホテル
2日目 カルガリー(Calgary)~バンフ(Banff)
朝食:ホテルにて
7:00頃 車でバンフへお送りします(約2時間)
8:30 ロッキー山脈の中心にある厩舎にご案内し そこで他の参加者や馬とガイドを紹介します
出発前にキャンプ装備を準備します
フォント(小物入れ)とサドルバッグを参加者に提供し それ以外の全ての装備はガイドに任せます
羽毛布団と枕は伝統的な柔らかい袋"ダッフル(duffel)"に入れて運びます
日程中は物流チームが参加者の個人的な持ち物を安全に運ぶので身軽に乗馬することができます
キャンプ地に到着すると参加者ごとの"ダッフル"をひも解いてテントに落ち着くことができます。
厩舎を出発し ほとんどの観光客が決して見ることのできないバンフ国立公園の隔離された野生のエリアにあるトレッキングの出発ポイントに到着
空を突き抜ける鋭い峰へと続く素晴らしい眺めの登り道を進みます
峠の最上部でピクニックランチ
昼食後 いくつか峰を渡り川の近くの最初のキャンプ地に到着
この歴史あるキャンプはネイティブアメリカン時代にさかのぼる 歴史的にも文化的にも非常に重要なキャンプ地です
まだ初日にもかかわらず すでにバンフ国立公園を訪れるほとんどの観光客よりもロッキー山脈に浸っています
キャンプでの生活は初歩的ですが快適です このキャンプは素朴ですが設備が整っています
理想的な山脈の側にあり 近くに流れる川の柔らかいせせらぎを聞くことができます
キャンプファイヤーの周りで夕食後 静かな森の中心での最初の夜を過ごします
宿泊・夕食 キャンプ
3日目 ドナー・パス・トレイル(Dorner Pass Trail)
朝食:キャンプにて
この日はこの乗馬で最も美しい道の一つ 曲がりくねったドナー・パス・トレイル(Dorner Pass Trail)での乗馬です
この自然のカナダの大地に没頭したときの気分を表現する言葉はありません
どの方向をとっても文明の痕跡はなく 手つかずの野生の中をさまようことができ ロッキー山脈の自然の巨大さとパワーを再認識します
かつてカナダで自然の城壁であったバンフ国立公園の境界を管理している警備員たちが使用する道を進みます
途中壮大な景色を見ながら狭い道を進み 山をより高く登ります
途中典型的なカウボーイランチ
1日の終わりにはストーニー(Stoney)川近くのキャンプに戻ります
宿泊・夕食 キャンプ
4日目 バイソン・フリーレンジ・ゾーン(Bison Free Range Zone)
朝食:キャンプにて
早朝に出発して16km進みます
この日はバイソンの群れが140年ぶりに確認されたバイソン・フリーレンジ・ゾーン(Bison Free Range Zone)での乗馬です
この広大なエリアを横切るときにはここに住む多くの野生動物に遭遇するチャンスです
川のほとりでピクニックランチ
その後 ロッキー山脈の素晴らしい景色を眺めながら進み 開けた緑の角礫岩の肥沃な谷底にある新しいキャンプ地に到着します
ここは電話の通じない素晴らしいエリアです
夜は街の光よりも輝く星のもと 暖かく居心地の良いテントで森の心地よい静寂をお楽しみください
宿泊・夕食 キャンプ
5日目
朝食:キャンプにて
この日はガイドがライダー達の興味と経験に合わせたハイキングを創造します
キャンプ地からアクセスできる壮大な場所は数多くあります
野生の花や鳥や蝶が住む中や谷底で馬に乗ったり 山に登ることができます
どの方向に行っても どこにいてもカナダのロッキー山脈の素晴らしい風景に囲まれています
1日の終わりにはキャンプファイヤーの周りでリラックス
宿泊・夕食 キャンプ
6日目
朝食:キャンプにて
この日は自由な1日です
ロッキー山脈の中で最も孤立した自然の中で この日をどのように過ごしたいかを決めるのはあなた次第です
この地域で最も美しいハイキングをしたり 仲間と一緒にを読んだりカードゲームでくつろぐことが出来ます
また 日程中の親友である馬の世話をすることができます
宿泊・夕食 キャンプ
7日目
朝食:キャンプにて
乗馬最終日は早朝に起きてバンフに戻ります
ミネワンカ(Minnewanka)湖まで27km(途中ピクニックランチ)の乗馬です
ミネワンカ(Minnewanka)湖で待機しているシャトルで厩舎へ
18:00頃厩舎に到着 その後車でカルガリーのホテルへ
夕食は各自
**オプション
7日目の日程をバンフとレイクルイーズ(Lake Louise)への日帰り旅行にアレンジできます
午前 自由時間
午後 有名なターコイズブルーのレイクルイーズへのツアー
夕方カルガリーへお送りします
料金はお問い合わせください
カナダ バンフ国立公園 周遊6
宿泊 ホテル
8日目
朝食:ホテルにて
ホテルのシャトルで空港へお送りします

乗馬レベル

非常に荒れた地面や高い山々を進みます。しかし経験豊富なライダーである必要はなく、初心者が本物のアドベンチャー乗馬に参加する機会であり、また上級者は経験が少ないライダーと情熱を共有する機会でもあります。
しかしながら、山岳地帯では1日4~6時間連続して進みますので、体力は必要です。

宿泊

乗馬中、トラッパーキャンプで 5泊を過ごします。
マットレスと暖房と木製のデッキを備えたカナディアン・キャンバスのテントを使用します。
キャンプは野生動物を遠ざけるための電気フェンスに囲まれています。トイレは屋外のカバナにあります。
カナダ バンフ国立公園 周遊キャンプ2 カナダ バンフ国立公園 周遊キャンプ3

TOP