フランス乗馬ツアー

『リヨンの森』周遊
6泊7日
サンプル日程

『リヨンの森』周遊
この乗馬は、アンデル(Andelle)の谷からリヨンの森を通ってブレイ地方までのおよそ200kmを進み、自然・美食・伝統・文化がミックスされています。馬と共存し、仲間たちと食事を共にし、そして魅力的な環境で乗馬することで、リフレッシュできることでしょう。

日本発着の航空券と併せて承ります。
ツアー前後の宿泊、他国、他都市への宿泊や観光など周遊プランとしてのご案内も可能です。
見積もりフォーム、又はメールにてお問い合わせ、ご依頼ください。

サンプル日程・宿泊
1日目
19:00 乗馬センターに集合
夕食時に参加者の紹介と乗馬プログラムをご案内します
宿泊・夕食 コテージ
2日目
朝食: コテージにて
朝食後 クルボン(Crevon)の谷とエロンシェル(Héronchelles)へ向けて最初の乗馬に出発します
途中さまざまな色合いの丘陵風景と対照的な緑の森の中を進みます
森林の道はペースを変えて楽しむことが出来ます
その後ボワ=ギルベール(Bois-Guilbert)の彫刻庭園を訪問します
宿泊・夕食 コテージ
日程Top↑
3日目
朝食: コテージにて
この日はブレイ地方を越えて11世紀のベネディクト派修道院だったシジー=アン=ブレ(Sigy en Bray)教会へ
その後 ラ・フェルテ=サン=サムソン(La Ferté-Saint-Samson)にある封建墳墓を訪れ ここで中世に配備された独創的な防衛システムを理解することができます
夕方ブレイにあるファームに戻ります
宿泊・夕食 コテージ
日程Top↑
4日目
朝食: コテージにて
朝食後丘と谷を通って進みます
ファームはペイ・ド・ブレイ(Pays de Bray)の最も奥まったところにありますが この地方ではまだ耕されていない農地もあります
その後 この地域でかつて繁栄していた産業の痕跡があるクレイ(Clayes)地方へ
この日の宿泊地ビュイクール(Buicourt)に到着します
宿泊・夕食 コテージ
日程Top↑
5日目
朝食: コテージにて
朝食後 ペイ・ド・ブレイでの乗馬を続けるためコテージを出発します
すぐにフランスの最も美しい村のひとつジェルブロワ(Gerberoy)村の石畳の通りを訪れます
その後 7世紀に設立されたベネディクト派の元修道院だったサン=ジェルメール=ド=フリ修道院(Saint-Germer-de-Fly Abbey)へ
この修道院は9世紀中頃にバイキングによって破壊され その後再び12世紀に再建されました
その後この日の宿泊地の山小屋に到着
宿泊・夕食 山小屋
日程Top↑
6日目
朝食: 山小屋にて
この日はセント・ヘレナ(St. Helena)海岸へ
そこにある遺跡の頂上からはエプト(Epte)川とペイ・ド・ブレイの印象的なパノラマを望むことが出来ます
そして考古学的かつ歴史的なこの遺跡には 多くの伝統があります
また希少な動植物の驚異的な生態系が広がっています
その後ノルマンディーで最大のブナの森で ヨーロッパ一美しい森と言われるリヨンの森を通ります
そしてこの日の夕方ロルロー(Lorleau)に到着
宿泊・夕食 コテージ
日程Top↑
7日目
朝食: コテージにて
乗馬最終日はファームへ戻るためリヨンの森での乗馬を続けます
そして小さな村リヨン=ラ=フォレ(Lyons-la-Forêt)に到着
この村は国有林の中心に位置しているのでその名前が付けられました
その後海の幸の昼食にご案内します
昼食後再びファームへ向けて乗馬を続け 1789年のフランス革命以前ノルマンディーで初めてのシトー会の称号を得たモルトメール修道院(Abbaye de Mortemer)跡の前を通ります
その後、ファームに到着
最後に鞍を下して食前酒でリフレッシュした後 ルーアン駅へお送りします

乗馬レベル

この乗馬は、3ペースで快適に乗馬できる方向けです。外乗が初めてでも構いません。

宿泊

宿泊施設は各土地のコテージで、客室は2〜4名で1室利用します。1人部屋の設定はありません。
『リヨンの森』周遊2

TOP