フランス乗馬ツアー

リュベロンのフレンチコロラド 5泊6日
サンプル日程

リュベロンのフレンチコロラド
プロヴァンスで最も素晴らしい場所の一つ、リュベロンの丘は自然公園に位置しています。
有名なイギリスの作家、ピーター・メイル(Peter Mayle)の「南仏プロヴァンスの12カ月」でも書かれているように、リュベロンには緑の森と白樫、石灰岩の崖、この地方特有の乾いた石造りの家並みの村など、本物の美しい風景があります。
ラベンダーとプロヴァンス・ハーブの香りで五感を満たし、地中海料理の味に魅了されて神秘的なフレンチコロラドを見つけて下さい。

日本発着の航空券と併せて承ります。
ツアー前後の宿泊、他国、他都市への宿泊や観光など周遊プランとしてのご案内も可能です。
見積もりフォーム、又はメールにてお問い合わせ、ご依頼ください。

サンプル日程・宿泊
1日目 - 月曜日
朝 マルセイユ(Marseille)空港またはエクス・アン・プロヴァンス(Aix en Provence)駅から乗馬センターへお送りします
到着後コース全体のプレゼンテーションと昼食
午後 馬を紹介したのち美しい鷲の巣村ボニュー(Bonnieux)へ
16~18世紀に遡るボニューの素晴らしい家並みは この地域がまだ教皇的な地位を保っていた時裕福な村であったことを思い出させます
その後 登山家たちにとって有名なエギュ・ブラン(Aiguebrun)の谷のふもとへ向けて下降し乗馬センターに到着
宿泊・夕食 ゲストハウス
2日目 - 火曜日
朝食: ゲストハウスにて
素敵な松林、桜の果樹園やブドウ園などで覆われた丘を通り カラヴォン(Calavon)の谷へ
新鮮な地元の産物で作られる食事を囲んで松の木の下でランチビュッフェ
午後 ローズマリーとタイムの香り漂う丘を通りリュストル(Rustrel)へ
宿泊・夕食 ホテル
日程Top↑
3日目 - 水曜日
朝食:ホテルにて
リュストル(Rustrel)はフレンチコロラドへのゲートウェイです
午前中 素晴らしい崖と黄土色の丘の間で乗馬
リュベロンの麓に戻り美しい村ヴィヤン(Viens)を通ってカラヴォン(Calavon)川へ
夕方セレスト(Cereste)に到着
宿泊・夕食 ホテル
日程Top↑
4日目 - 木曜日
朝食:ホテルにて
リュベロン山脈の麓に広がるブドウ チェリー アプリコット 桃などの果樹園に沿って馬を進めます
これらはすべて4~5月にかけて花が咲きます
素敵な鷲の巣村オリボー(Auribeau)を訪れた後エギュ・ブラン(Aiguebrun)川を下って緑の渓谷で乗馬
宿泊・夕食
ホテル
日程Top↑
5日目 - 金曜日
朝食:ホテルにて
午前 南に地中海と北にアルプスを望むことが出来るリュベロン山脈を登ります
その後ルールマラン(Lourmarin)を訪れピクニックランチ
昼食後 村と12世紀の城を訪問
この村は今も作家ピーター・メイルが近くに住んでいて この村からインスピレーションを得た魅力的なプロヴァンスの村です
その後 セザンヌの山と言われるサント・ヴィクトワール(Sainte Victoire)山の素敵な景色を眺めながら オリーブの木と桜の果樹園を通って乗馬センターに戻ります
宿泊
ゲストハウス
日程Top↑
6日目 - 土曜日
朝食:ゲストハウスにて
朝食後空港又は駅へお送りします

乗馬レベル

1日平均5時間の乗馬です。歩法は徒歩、トロット、キャンターですがスピードは速くありません。
すべての歩法で自信を持って乗馬できることが条件です。

宿泊

基本料金はドミトリータイプのお部屋に基づいていますが、追加料金で2~3名1室や1人部屋にアップグレードすることもできます。

TOP