フランス乗馬ツアー

セザンヌの故郷 5泊6日
サンプル日程

セザンヌの故郷
この乗馬は有名なサント・ヴィクトワール(Sainte-Victoire)山周辺をめぐります。セザンヌのような画家達がなぜ、この対照的な風景を惚れ込んだかがわかります。明るい白石灰岩の崖、空の青、松林の緑と山の麓の赤土の土地で、約900種類の植物、27種の哺乳動物と126種の鳥が生息しています。

日本発着の航空券と併せて承ります。
ツアー前後の宿泊、他国、他都市への宿泊や観光など周遊プランとしてのご案内も可能です。
見積もりフォーム、又はメールにてお問い合わせ、ご依頼ください。

サンプル日程・宿泊
1日目 - 日曜日
17:00 マルセイユ(Marseille)空港または17:30 エクス・アン・プロヴァンス(Aix en Provence)駅 または18:00頃までに直接乗馬センターに集合
宿泊・夕食 ゲストハウス
2日目 - 月曜日
朝食: ゲストハウスにて
午前 馬に慣れるためにリュベロン自然公園での乗馬
ゲストハウスでの昼食後 馬はトラックで 参加者は車でサン=ポール=レ=デュランス(Saint-Paul-lès-Durance)へ
この町はアルプスからマルセイユを始めとした地中海沿岸へ木材や多くの商品を輸送するために使用された古代ローマの河川港の町です
到着後森から快適なトレイルをスタートさせ ブドウ畑に沿ってジュク(Jouques)からペロル=アン=プロヴァンス(Peyrolles-en-Provence)へ
ペロル=アン=プロヴァンス(Peyrolles-en-Provence)は かつてエクス・アン・プロヴァンスとアッパー・プロヴァンス間の戦略的ポイントでした
その城はもともとローマ時代のものでしたが 16世紀末~17世紀初めに典型的なプロヴァンススタイルで建てられ カッシーニの有名な地図上に表示されました
宿泊・夕食 ゲストハウス
日程Top↑
3日目 - 火曜日
朝食:ゲストハウスにて
ペロル=アン=プロヴァンス(Peyrolles-en-Provence)の森で乗馬をスタート
松 緑の樫 ローズマリーやタイムなどのたくさんのハーブの香りの中での乗馬です
その後エクス・アン・プロヴァンスにアルプスの水をもたらすため1865年に造られた古いヴェルドン(Verdon)運河へ
サント・ヴィクトワール(Sainte-Victoire)山の北側に沿って進みます
松の木の木陰でピクニックランチ
午後 ターコイズブルーのビモン(Bimont)湖に到着
ここでは馬とともに水泳をお楽しみください
有名な城があるヴォヴナルグ(Vauvenargues)に到着
1958年にこの城を買った画家ピカソは1962年まで城に住んでいて 今は城の公園に埋葬されています
宿泊・夕食 ゲストハウス
日程Top↑
4日目 - 水曜日
朝食:ゲストハウスにて
午前 サント=ヴィクトワール(Sainte-Victoire)山の北側に沿ってシンヌ(Sinne)天文台があるオーゾン(Auzon)川へ
その後 ガルディオル(Gardiol)の森に沿ってアルプスと海岸の間の重要な交差点のリアン(Rians)へ
ハンニバルはローマ征服の前にアルプスを渡るためにこの道を通ったとのことです
宿泊・夕食 ホテル又はゲストハウス
日程Top↑
5日目 - 木曜日
朝食:ホテル又はゲストハウスにて
ブドウ畑を出発しサント=ヴィクトワール(Sainte-Victoire)山の日当たりの良い南側を進みます
そして緑の森とは対照的な高い白い石灰岩の崖が見えてきます
その後シャトーヌフ=ル=ルージュ(Chateauneuf-le-Rouge)近くのホテルに到着
宿泊・夕食 ホテル
日程Top↑
6日目 - 金曜日
朝食:ホテルにて
乗馬最終日は魅力的なサント=ヴィクトワール(Sainte-Victoire)山周辺で終了します
途中のビモン(Bimont)の素晴らしい風景とヴェルドン(Verdon)川を眺めながら古代ローマの水道橋へ
その後ビベミュ(Bibemus)採石場へ
古代から18世紀までエクス・アン・プロヴァンスのモニュメントはここで採石された赤い石で造られました
セザンヌはこの赤い石と植物との景観に惚れこみ油彩画11作品と水彩画16作品を制作しました
その後エクス・アン・プロヴァンス近くのサン=マルク=ジョームガルド(Saint-Marc-Jaumegarde)のインで昼食
午後 ミニバスでエクス・アン・プロヴァンスへ
到着後セザンヌの工房訪問と町の散策とショッピングをお楽しみください
午後遅く乗馬センターへ戻り駅又は空港へ

乗馬レベル

中級者以上の申し込みを受け付けます。3つの異なる歩法(ウォーク、トロット、キャンター)を習得していることが条件です。
乗馬のペースは地形に応じて異なります。乗馬中、騎乗する馬をより知ってもらうために自分で馬の世話をし、特別な絆を得ることが必要です。

宿泊

快適なゲストハウスや小さなホテル

TOP