ギリシャ乗馬ツアー

ロードス島 7泊8日
サンプル日程

ロードス島
エーゲ南東部に浮かぶロードス島(Rhodes)は、ドデカネス(Dodecanese)諸島最大の島です。数々の歴史と手つかずの自然に恵まれ、加えて温暖な気候が訪れる者を魅了します。美しい景色と壮大なビーチ、魅力的な村々や美食により、ロードス島は乗馬愛好家にとって最初の選択肢になるはずです。
全行程110kmの乗馬はロングビーチでのギャロップと、対照的な山道、下り坂、登山などを通り、特に様々な地形やアスクリピオ(Asklipiio)村のような保存地区を進みます。
季節に合わせて2バージョンがあります: 時期、宿泊施設の種類にかかわらず日程は同じで、諸条件に応じて逆行程となる場合があります。

日本発着の航空券と併せて承ります。
ツアー前後の宿泊、他国、他都市への宿泊や観光など周遊プランとしてのご案内も可能です。
見積もりフォーム、又はメールにてお問い合わせ、ご依頼ください。

サンプル日程・宿泊
1日目
ロードス(Rhodes)空港に到着 乗馬センターへ
早く到着した場合は到着後さっそく馬に乗り 馬を知ることができます
宿泊・夕食 B&B
2日目 サリ(Thari)の修道院
朝食: ホテルにて
朝食後 丘を通りサリ(Thari)の修道院へ向かいます
途中山の中でピクニックランチ
午後 宿泊地へ戻ります
**1日2.5~3時間の乗馬**
宿泊・夕食 B&B
日程Top↑
3日目 サリ(Thari)~アギオス・イシドロス(Agios Isidoros)
朝食: B&Bにて
この日は標高523mのアタビロス(Ataviros)山の斜面に位置する小さな村アギオス・イシドロス(Agios Isidoros)へ
山羊の通る道を果敢に山頂目指して登り その後村に到着
村では地元のワインや地元産の蜂蜜を味わうことができます
典型的な地元料理を提供するタヴェルナに宿泊
**1日4時間の乗馬**
宿泊・夕食 タヴェルナ
日程Top↑
4日目 アギオス・イシドロス(Agios Isidoros)~モノリス(Monolithos)
朝食: タヴェルナにて
朝食後 15世紀にドデカネス(Dodecanese)諸島の監視のために建てられた城を見下ろすモノリス(Monolithos)村へのパノラマの景色を眺めながら進みます
午後 タイル張りの屋根と赤いゼラニウムで彩られた魅力的な白い石造りの村に到着
**1日5時間の乗馬**
宿泊・夕食 ホテル
日程Top↑
5日目 モノリス(Monolithos)~アルニサ(Arnitha)
朝食: ホテルにて
朝食後モノリス(Monolithos)の崖と約4km続くビーチへ
ビーチでは馬と一緒に泳ぐことができます
その後 13世紀に建てられた聖ニコラス礼拝堂を崇める小さな村アルニサ(Arnitha)へ
村のすぐ横にある小さな修道院に宿泊
**1日4.5~5時間の乗馬**
宿泊・夕食 修道院
日程Top↑
6日目 アルニサ(Arnitha)~ゲナディ(Gennadi)
朝食: 修道院にて
この日は様々な驚くべき風景の中を通って海と山の間へ向かいます
修道院を出発後 水際でギャロップを楽しみます
この日の目的地はゲナディ(Gennadi)村です
到着後ビーチバーでおくつろぎください
**1日6時間の乗馬**
宿泊・夕食 B&B
日程Top↑
7日目 ゲナディ(Gennadi)~アスクリピオ(Asklipiio)~サリ(Thari)
朝食: B&Bにて
乗馬最終日はアスクレピオス生誕の地アスクリピオ(Asklipiio)へ
村の中心部にある 1060年に建てられた島の中でも最も注目されているキミシス・テオトコス(Kimissis Theotokos)教会のドームは 17世紀のフレスコ画で飾られています
村の狭い通りを散策すると13世紀の城が見えてきます
その後乗馬センターがあるサリ(Thari)へ戻ります
**1日4時間の乗馬**
宿泊・夕食 B&B
日程Top↑
8日目
朝食: B&Bにて
朝食後 帰国便にあわせてタクシーで空港へお送りします

乗馬レベル

この乗馬は体力が十分な経験豊富な方向けです。 3時間の初日を除き、1日平均4~6時間、合計約110kmの乗馬です。

宿泊

最初の2泊と最終日は乗馬センターに近いサリ(Thari)のB&Bに宿泊します。客室はダブルルームと4人部屋があります。バスルームは共有ですが、シンプルで快適です。
ホテルでの宿泊は、専用バスルーム付きのダブルルームに宿泊します。
サマーシーズンの3、4、6泊目はテント泊です。
ロードス島2 ロードス島3

TOP