ポーランド乗馬ツアー

ピェニンスキ国立公園ステイ 6泊7日
サンプル日程

ポーランド ピェニンスキ国立公園ステイ
この滞在型乗馬ツアーは自然と民話の中での乗馬です。ピェニンスキ国立公園(The Pieniny National Park)はロング・トレイル乗馬を推奨しています。公園内には長い間培われてきた伝統があり、またタトラ山脈(Tatras)の息を呑むような美しい景色を提供しています。
ピェニヌィ(Pieniny)山地の谷には、かつて16世紀に棲みついた多くのレムコ民族(Lemks)が住んでいました。先の戦争で苦しんだこの少数派民族は、主に農業と畜産に携わり、偶像、小さな礼拝堂、素晴らしい正教会の教会、魅力的な木造住宅など多くの興味深い遺跡を残しました。

日本発着の航空券と併せて承ります。
ツアー前後の宿泊、他国、他都市への宿泊や観光など周遊プランとしてのご案内も可能です。
見積もりフォーム、又はメールにてお問い合わせ、ご依頼ください。

サンプル日程・宿泊
1日目
クラクフ空港に到着 スパで有名なシュツァブニツァ(Szczawnica)へお送りします
ここでは16世紀にすでに治癒の特性が知られていた温泉水を飲むことができます
シュツァブニツァはアレルギーや呼吸疾患および消化器系の治療に効能があります
その後宿泊するヤボルキ(Jaworki)へ
宿泊・夕食 ゲストハウス
2日目
朝食: ゲストハウスにて
朝食後準備を済ませたら、3時間の最初の乗馬に出発します
ピェニヌイ(Pieniny)の斜面を登ると そこから壮大なパノラマが全域に広がります
頂上ではこの地域とタトラ(Tatra)山脈のシンボルである標高982 m のThree Crownsが見えます
その後昼食のためゲストハウスに戻ります
午後 ドゥナイェツ(Dunajec)川のラフティングに参加するためミニバスでスロモフツェ・ビジネ(Sromowce Wyzne)村へ(23km、約30分)
ここでのラフティングは木製のいかだで行い ルートはピェニンスキ(Pieniny)国立公園~スロモフツェ・ビジネ~シュツァブニツァまでの約15 kmです
川は山の斜面の間を蛇行しているのでとても印象的な景観です
川の両側には数百メートルの壮大な崖や印象的な険しい壁があります
シュツァブニツァでは土産物屋や地元の食材店でお土産を購入することができます
その後ミニバスでゲストハウスへ
宿泊・夕食 ゲストハウス
日程Top↑
3日目
朝食: ゲストハウスにて
朝食後 ポーランドでの乗馬ツーリズムで有名なTadeusz Trzeszczonによる乗馬トレイルでPrzehyba山へ
道は美しい森とRadziejowa山脈の南斜面へ続いています
約3時間乗馬の後 天気が良ければピクニック休憩
天気が悪い場合はゲストハウスに戻り昼食
午後は自由時間:庭園散策、自転車を楽しむことができます
また非常に美しい自然保護区のHomole渓谷散策はお勧めです
宿泊・夕食 ゲストハウス
日程Top↑
4日目
朝食: ゲストハウスにて
この日はこの地域の最高峰 標高1050mのWysokaへ
途中Homole渓谷の近くを通過します
周囲の壮観な風景を眺めながらの約3時間の乗馬です
天気によってはランチはピクニックまたはゲストハウスで提供されます
午後は自由時間:ご希望によりヤボルキから27km、約40分の1320~1326年の間に建てられたニエジツァ(Niedzica)城へご案内します
伝説ではこの城にはインカの隠された宝があると言われています
宿泊・夕食 ゲストハウス
日程Top↑
5日目
朝食: ゲストハウスにて
この日はピブニチュナ(Piwniczna)村へと続く赤土の道を進みオビザ(Obidza)への道を登ります
Grajcarek Creekに沿った道のりはプチ・ピェニヌイとタトラ山脈の壮大な景色を楽しめる広い牧草地に続いています
ビャワ・ボダ(Biala Woda)渓谷とツァルナ・ボダ(Czarna Woda)の美しい景色も見渡せます
その後 レムコ民族(Lemks)が住む村のPokrywiskoの頂上へ
この地域に住む人々は1947年の 「ヴィスワ作戦(Operation Vistula)」により 56,000人以上の人々が強制的に移住させられた人たちです
オビザへの登山道にあるコテージで昼食
午後は自由時間:ゲストハウス近くにある非常に特別な音楽クラブ「Muzyczna Owczarnia(音楽羊農場)」へ飲みに出かけます
多くのアーティストによるコンサートが開催される雰囲気あるパブです
宿泊・夕食 ゲストハウス
日程Top↑
6日目
朝食: ゲストハウスにて
この日は素晴らしい一日が待っています:約5~6時間の乗馬でピェニヌイ山のスロバキア側へ
途中美しい森林を通り その後タトラ山脈を望む山の尾根を通ります
その途中にはギャロップに適したオープンスペースがたくさんあります
時間が許せば昼休み中に火の周りでバーベキューをします
夕食時 フェアウェルディナーが開催されます
宿泊・夕食 ゲストハウス
日程Top↑
7日目
朝食: ゲストハウスにて
朝食後 クラクフ空港へお送りします

乗馬レベル

この乗馬は3ペースで快適に乗馬できる方向けです。

宿泊

ガイドの家のゲストハウスを利用します。シンプルで快適な滞在中は暖かく、ガイドの妻のおいしい料理を提供します。ご要望があれば、ご家族や団体のお客様は3~4人部屋のリクエストができます。
タオル、リネンは用意しています。無料の無線LANアクセス。
1人部屋も可能です(予約時のリクエストに応じて)。
ポーランド ピェニンスキ国立公園ステイ2 ポーランド ピェニンスキ国立公園ステイ3

TOP