ポルトガル乗馬ツアー

ゴレガン 馬の祭典 7泊8日 サンプル日程

ポルトガル ゴレガン 馬の祭典

馬と馬の愛好家は、毎年11月ゴレガンGolegaの馬の祭典Golega National Horse Fairに集まります。ここでは有名な馬のブリーダーたちが、クラスごとに自分の馬を品評会で紹介します。また、古典的な乗馬イベント、馬場馬術や馬車引きレースなどが催される、すべての馬の愛好家のためのイベントです。 乗馬はスペイン国境から始めて、この毎年恒例のイベントに出席するために、ゴレガンGolegaへ向かいます。

日本発着の航空券と併せて承ります。 ツアー前後の宿泊、他国、他都市への宿泊や観光など周遊プランとしてのご案内も可能です。 見積もりフォーム、又はメールにてお問い合わせ、ご依頼ください。

サンプル日程・宿泊
1日目
16:00〜16:30にリスボンLisbon空港にて受付、ミニバスで乗馬センターへお送りします。
ウェルカムディナー時に日程、スタッフ、その他の参加者をご紹介します。
宿泊はスペインとポルトガルの国境近くのゲストハウスです。
宿泊・夕食 ゲストハウス
2日目
朝食: ゲストハウスにて
朝食後、フィンカ(乗馬センター)へお送りし、そこで馬と会い、鞍に乗ります。
午前、スペインとポルトガル国境を渡り、樫の木が点在する草原の典型的な風景を通って西へ進みます。
途中ピクニックランチ。
昼食後、ウーラUrraへ向かい、そこで馬から降りてラ・コドセラLa Codoseraのゲストハウスに戻ります。
宿泊・夕食 ゲストハウス 日程Top↑
3日目
朝食: ゲストハウスにて
朝食後、巨大な平原や牛の牧草地と、コルクの樫の木の森へ向けて出発。 広く平坦な道をギャロップで進みます。
正午頃 ポルタレグレPortalegreの近くに到着し、ピクニックランチ。
昼食後、クラトCrato村近くで馬から降り、車で約30分、アルテル・ド・ションAlter do Chãoまで移動し、古い修道院を改装したホテルでこの日から3泊します。
宿泊・夕食 ホテル 日程Top↑
4日目
朝食: ホテルにて
朝食後、馬から降りた場所へ送迎し、そこからアルデイア・ダ・マッタAldeia da Mata村へ向かいます。
途中ピクニックランチ
午後、国の王室厩舎の一つを訪問。 この建物は建築から750年を超えています。
その後 アルテル・ド・ションAlter do Chãoのホテルに戻ります。
宿泊・夕食 ホテル 日程Top↑
5日目
朝食: ホテルにて
この日は日程中最も長い1日です。 朝食後、岩の風景とユーカリの森を通り、トーレ・ダス・ヴァルジェンスTorre das Vargensへ。
村でピクニックランチ
午後水田を横断し、草原で馬から降りて、車でアルテル・ド・ションAlter do Chãoへお送りします。
宿泊・夕食 ホテル 日程Top↑
6日目
朝食: ホテルにて
朝食後、ユーカリ林と樫の木の森の間を通り、ロスマニニャルRosmaninhalへ。
途中ピクニックランチ。
昼食後、馬と別れて馬の祭典へ。 会場内を自由散策。 のち、車でトーレス・ノーヴァスTorres Novas(ゴレガンGolegaから約20分)のホテルにお送りします。
宿泊・夕食 ホテル 日程Top↑
7日目
朝食: ホテルにて
朝、ゴレガンGolegaの祭典会場へお送りします。
終日ゴレガンGolegaの祭典会場で過ごします。 ご希望に応じてデモンストレーションや競技会など、イベントを楽しむことができます。
午後遅く、ホテルに戻ります。
宿泊・夕食 ホテル 日程Top↑
8日目
朝食: ホテルにて
朝食後、14:00以降のフライトにあわせてリスボンLisbon空港へお送りします。

【重要】このイベントに参加するには、ドレスコードとしてブーツ、白いシャツ、黒いズボン、可能であればソンブレロなど祭典に適した服を用意する必要があります。ご希望の場合は、衣装を購入することが出来ますが、とても高額です(€300〜)。乗馬中は、通常の服装で結構です。

乗馬レベル

基本的な歩法はウォーキングで、豊富な乗馬経験は必要ありません。ただし、地形の性質上、3つの歩法すべてに慣れていて、屋外での乗馬経験があることが望まれます。途中、馬を下りて手綱を取ることがあります。 1日平均4〜5時間の乗馬です。

宿泊

宿泊はシャワー・トイレ付のゲストハウスとホテルです。 宿泊施設と馬の放牧地との間は、毎晩と毎朝送迎しますので、同じホテルに連泊することができ、毎日の荷造りや荷解きの手間を省くことができます。 1人部屋は追加料金にて承ります。

ポルトガル ゴレガン 馬の祭典2

TOP