ポルトガル乗馬ツアー

エクストラマドゥーラ〜ポルトガル 7泊8日 サンプル日程

ポルトガル エクストラマドゥーラ〜ポルトガル

この乗馬は、スペインとポルトガルの国境周辺を周遊し、イベリア半島の絵のように美しいポイントをめぐります。イベリア文化を愛する人に最適なコースであることはもちろん、ルシタニア馬のブリーダーの訪問により、さらに満足感を得ることが出来ます。

日本発着の航空券と併せて承ります。 ツアー前後の宿泊、他国、他都市への宿泊や観光など周遊プランとしてのご案内も可能です。 見積もりフォーム、又はメールにてお問い合わせ、ご依頼ください。

サンプル日程・宿泊
1日目
16:00〜16:30にリスボンLisbon空港にて受付、ミニバスで乗馬センターへお送りします。
ウェルカムディナー時に日程、スタッフ、その他の参加者をご紹介します。
宿泊はスペインとポルトガルの国境近くのゲストハウスです。
宿泊・夕食 ゲストハウス
2日目
朝食: ゲストハウスにて
朝食後、出発。
ファームに到着後、乗馬レッスンを始め、ハッカモアの使い方とポルトガル・サドルについてアドバイスを受けます。
その後、松やコルク樫の森を通り、この地域で最も標高が高いルンパローナLamparona山へ向かって乗馬を開始します。
途中、ヘボラGevora川が作る自然の池近くでピクニックランチ。 夏にはここで泳ぐことができます。
午後、引き続き乗馬を続け、丘と牧場を通りマヤジュMayadilに到着。 ここで馬から降りて車で約20分、ラ・コドセラLa Codoseraのゲストハウスに戻ります。
宿泊・夕食 ゲストハウス 日程Top↑
3日目
朝食: ゲストハウスにて
朝食後、車で馬の待つポイントへ。
その後、松林の中を進み、古い密輸業者の道に沿って山岳地帯へ。
途中、平原でピクニックランチ。
午後、ヘボラGevora川が横切る羊と牛の草原を進みます。
ギャロップを楽しんだのち馬から降りて、車で約15分のカヒオンCarrion修道院のすぐ隣にあるゲストハウスへ。
宿泊・夕食 ゲストハウス 日程Top↑
4日目
朝食: ゲストハウスにて
朝食後、車で馬の待つポイントへ。
ポルトガル側を進み、古い樫の木の森とハモン・セラーノを作るためのスペイン黒豚が横断する牧草地を進みます。
その後、樫の木陰でピクニックランチ。
昼食後、オリーブの木が点在する丘へ再び馬を進めます。
その後、山羊や牛の飼育をしているファームに到着してここで馬から降り、車で約30分のゲストハウスに戻ります。
宿泊・夕食 ゲストハウス 日程Top↑
5日目
朝食: ゲストハウスにて
朝食後、車で馬の待つポイントへ。
この日もポルトガル側を湖に沿って乗馬をスタート。
ルシタニア馬のブリーダーのファームに到着後、昼食。
午後、鳥類保護区へ。 運が良ければ、ここでハゲタカやコウノトリとワシを見ることが出来ます。
その後、馬を休ませるファームに到着後、車で約30分のゲストハウスに戻ります。
宿泊・夕食 ゲストハウス 日程Top↑
6日目
朝食: ゲストハウスにて
朝食後、車で馬の待つポイントへ。
この日は、牧草地・樫の木・コルク樫の間でのどかに牛達が放牧されている、ポルトガルの典型的な風景の中を進みます。
途中、緑豊かな平原でピクニックランチ。
午後、ルシタニア馬のブリーダーのファームへ。 ブリーディングの様子を見学したのち、ここで馬から降りて車で小さな白い村アレグレッテAlegreteを訪れ、古い城を見学します。
その後、ゲストハウスに戻ります。
宿泊・夕食 ゲストハウス 日程Top↑
7日目
朝食: ゲストハウスにて
朝食後、車で馬の待つポイントへ。
乗馬最終日は、出発点のスペイン側へ向かい そこからセーラ・デ・サン・マメデ自然公園Parque Natural da Serra de São Mamedeへ。
平野と畑の風景を横断した後、小さな村ラ・トヘラLa Tojeraの近くでピクニックランチ。
午後ファームへ戻り、その後ゲストハウスへ。
宿泊・夕食 ゲストハウス 日程Top↑
8日目
朝食: ゲストハウスにて
朝食後、14:00以降のフライトにあわせてリスボンLisbon空港へお送りします。

乗馬レベル

基本的な歩法はウォーキングで、豊富な乗馬経験は必要ありません。ただし、地形の性質上、3つの歩法すべてに慣れていて、屋外での乗馬経験があることが望まれます。

宿泊

毎晩、スペイン側の農村にあるゲストハウスに宿泊。カントリーコテージの客室は、イベリアスタイルで装飾され、専用のバスルームがあります。

1人部屋は、追加料金にて承ります。

ポルトガル エクストラマドゥーラ〜ポルトガル2

TOP