トルコ乗馬ツアー

カッパドキアエクスプレス 夏 キャンピング
7泊8日
サンプル日程

トルコ カッパドキアエクスプレス 夏 キャンピング
トルコのほぼ中心部に位置するカッパドキア(Cappadocia)は、火山の噴火や自然浸食によって、まるで月世界の石の迷路のような独特の風景を形成しています。カッパドキアという名前は、ペルシャ語の「カタツカ(Katpatuka、美しい馬の国の意味)」に由来しています。馬に乗ってこの地域を探検することは、妖精の煙突、地下都市、古くからの伝統がある村の中心部に掘られた岩窟教会や大聖堂の隠された秘密を探し出す冒険です。
時には砂漠、時には緑豊かなといったさまざまな渓谷による強いコントラストはライダーを魅了します。マス・ツーリズムから離れ、時を忘れた村々を横断し、壁面にビザンチンのフレスコ画で装飾された教会が建てられた峡谷の中心で乗馬を楽しみます。
この乗馬は5月中旬~9月中旬の催行です。

日本発着の航空券と併せて承ります。
ツアー前後の宿泊、他国、他都市への宿泊や観光など周遊プランとしてのご案内も可能です。
見積もりフォーム、又はメールにてお問い合わせ、ご依頼ください。

サンプル日程・宿泊
1日目
カイセリ(Kayseri)~アヴァノス(Avanos)
カイセリ空港に到着 約1時間15分のカッパドキア・アヴァノス(Avanos)へお送りします
中庭を中心に配置された改装されたトルコ風ゲストハウス(Ottoman House)にチェックイン
客室は専用バスルーム付きの快適な部屋です
宿泊・夕食 ゲストハウス
2日目
アヴァノス(Avanos)~デヴレント(Devrent)渓谷
朝食: ゲストハウスにて
早朝 オプションでカッパドキアの谷のバルーンバルーンツアーにご案内します(有料)
短い馬のテストの後 アヴァノス(Avanos)からサルヒジル(Sarihidir)村までのトレッキングを開始します
13世紀に遡るサルハン・セルジュク・キャラバンサライ(隊商宿)を見るため トルコ最長のクズルウルマク(Kizilirmak)川に沿って進みます
その後素晴らしいシルクロードを駆け抜け 壮大な地層のデヴレント(Devrent ラクダ岩)渓谷へ
渓谷の水辺でキャンプ
**1日4.5時間の乗馬**
宿泊・夕食 キャンプ
日程Top↑
3日目
デヴレント(Devrent)渓谷~ケスリック(Keslik)
朝食: キャンプにて
朝食後 モイン(Moines)渓谷と妖精の煙突で有名なパシャバー(Pasabag)へ
その後チャヴシン(Cavusin)の印象的な崖を通り ギュルルデレ(Güllüdere)渓谷とクズルチュルク(Kizilcukur)渓谷の丘陵地帯へ
そして印象的な岩の頂上に建てられたオルタヒサール(Ortahisar)村に到着
途中キャラバンサライが残る古い村ムスタファ・パシャ(Mustafa Pasa)を通ります
カッパドキアの最も美しい渓谷を通りケスリック(Keslik)に到着 温泉の近くでキャンプ
**1日6時間の乗馬**
宿泊・夕食 キャンプ
日程Top↑
4日目
ケスリック(Keslik)~ソーアンル(Soganli)
朝食: キャンプにて
朝食後妖精の煙突群を通ります 進むにつれ峡谷の景色の変化に気づくでしょう
ジェミル(Cemil)からDerbentbasi村まで高原を横断し 豊かな植物に囲まれた峡谷の底にあるBaskoy村へ
再び高原を登り 険しい崖や岩の教会で飾られたソーアンル(Soganli)渓谷に到着
**1日6時間の乗馬**
宿泊・夕食 ペンション
日程Top↑
5日目
ソーアンル(Soganli)~ホドル(Hodul)山
朝食: ペンションにて
カッパドキアは3916mのエルジェス(Erciyes)山が支配しています
アッコイ(Akköy)湖のほとりを進み 運が良ければ冠雪したエルジェス山を見ることが出来ます
その後谷を下り 壮大なビザンチン建築で12世紀建造のエルデメリ(Erdemli)修道院とカッパドキア最大の岩(100平方m)へ
訪問の後 この日のキャンプ地ホドル(Hodul)山の高原へ
**1日7時間の乗馬**
宿泊・夕食 キャンプ
日程Top↑
6日目
ホドル(Hodul)山~ボズカ(Bozca)
朝食: キャンプにて
朝食後Akçaoren高原を進み 同名の村に到着
この高原からケルメス樫の森を通りボヤリ(Boyali)村へ
道沿いにカライン(Karain)村の壮大なパノラマがご覧になれます
その後Aksalur Sofular ボズカ(Bozca)村を通って標高1150mのトプツ(Topuz)の頂上へ
**1日7時間の乗馬**
宿泊・夕食 キャンプ
日程Top↑
7日目
ボズカ(Bozca)~アヴァノス(Avanos)
朝食: ゲストハウスにて
鉄分を含む通称「赤い川」に沿って進み 橋を渡ってサルヒジル(Sarihidir)村へ
到着後村の上にある2つの古墳(Tumuli)に登ります
この場所からはバイラムハジュ(Bayramhacı)湖の美しい景色が見えます
その後アヴァノス(Avanos)へ
**1日4~5時間の乗馬**
宿泊・夕食 アヴァノス(Avanos)のゲストハウス
日程Top↑
8日目
アヴァノス(Avanos)~カイセリ(Kayseri)
朝食: ゲストハウスにて
朝食後 フライトスケジュールにあわせてカイセリへへお送りします

乗馬レベル

この乗馬は3ペースで快適に、1日5~6時間 30~40km乗馬を続けられることが条件です。全体的なペースはゆるやかです。ときどき荒れた地形は、馬から降りることが必要な場合があります。

宿泊

初日と最終日はアヴァノスのトルコ風ゲストハウス(Ottoman House)に宿泊。客室はプライベートバス付きのダブル、トリプルルームで、素敵な装飾が施されています。その他は各地でのキャンプ。

TOP