アメリカ乗馬ツアー

ノースモンタナ ランチステイ
7泊8日
サンプル日程

ノースモンタナ ランチステイ
モンタナ北西部のカリスペル(Kalispell)に位置し、カナダ国境に近いこの牧場の主な仕事は牛の繁殖作業です。そしてここでの主なアクティビティは主に牛の群れを管理する方法を学び、牧場のいたるところにある湖と山々の美しい地域を知ることです。
初心者から経験豊富なライダーまで、馬、乗馬、家畜作業の知識を向上させます。牧場は週に約20人の宿泊が可能で、牧場のチームは参加者のがここで何をしたいのかをカウンセリングします。そして提案可能なアクティビティ(季節によって異なります)を参加者の希望へと変えていきます。

この牧場では調教師バック・ブランナマン(Buck Brannaman)のエソロジーを使用し、より簡単で効果的な馬へのアプローチと、馬とライダーの本物の絆を求めていきます。この方法は有名な映画「モンタナの風に抱かれて(The Horse Whisperer)」でも使用され、牧場のスタッフは参加者と分かち合えるよう鍛錬を重ねています。その精神は伝統的な馬具の品質、多くの設備を備えた宿泊施設や食事に加え、馬の世話にも注がれています。

牧場は標高1000m、渓流を横切る巨大な牧草地にあり、山と森に囲まれ、広大な景色の中の静けさを見つけることができます。近くの草原ではヘラジカ、アメリカアカシカやコヨーテを見ることは珍しいことではありません。
デイビス家によって1890年に建てられたこの牧場は、いにしえの面影を残しています。今日でもまだ使用されている小さなログハウスは、森と牧草地のはずれにあります。

経営者ファミリーのShayneとJo-Anneは、乗馬への情熱と伝統な「Vaquero」という馬術法を伝えたいという思いから、世界中のライダーを招くために1998年に牧場を改装しました。牧場での主なアクティビティは馬と親しむことですが、そのた数々のアクティビティの提案が可能です(周辺のハイキング、マウンテンバイク、古い森の馬場、夕食のためのフィッシング、あるいは単に周囲の自然に耳を傾けることなど)。新しいものと古いものが調和しているこの牧場へいらしてください。

主なライディングモードは、バック・ブランナマン(Buck Brannaman)のソフトドレッサージュ法に基づいています。馬はよく訓練され、初心者から経験豊富なライダーまで、レベルに合わせた馬をご案内します。馬具はKent FreckerとMacCallサドルです。参加者と馬に最高の快適さを提供します。チームによるカスタマイズされた案内で、すぐに牧場からあらゆるエリアへの探索を可能にし、エソロジーライディングについての知識を深めることができます。

経験豊かな牧場に勤める「ラングラー(wranglers)」が提供するコースにより、牧場が推奨する乗馬に早く慣れることができます。牧場では、馬とライダーの間に特別な絆を生み出す穏やかかつ活発な「Vaquero」の伝統に基づいて馬を育て、教育しています。この方法は、人間に対する馬の忠誠心と自信を自然に高めます。

日本発着の航空券と併せて承ります。
ツアー前後の宿泊、他国、他都市への宿泊や観光など周遊プランとしてのご案内も可能です。
見積もりフォーム、又はメールにてお問い合わせ、ご依頼ください。

サンプル日程・宿泊
1日目 土曜日 カリスペル(Kalispell)
午後 カリスペルに到着
タクシーでカリスペルのホテルへ(約US$25)
宿泊 ホテル
2日目 日曜日
カリスペル(Kalispell)~牧場
朝食:ホテルにて
午前 自由行動
12:00~13:00にホテルにお出迎え 車で1.5時間の牧場へお送りします
到着後チェックイン 17:30にチームと会い滞在中についてご紹介します
宿泊・夕食 ロッジ
日程Top↑
3~7日目 月~金曜日 牧場
朝食:ロッジにて
典型的な1週間の予定は7:00に馬を準備して出発するか 8:00の朝食までゆっくりするかのいずれかで始まります
9:00には誰もが馬と会い スタッフが鞍を調整し ここでの乗馬スタイルの特異性について説明します
チームスタッフは参加者のライディングを向上させるために家畜を馬で動作する技術をお教えし またフィールドでの乗馬を楽しみます
プログラムは完全にア・ラ・カルトで牧場の仕事を体験することができます
宿泊・夕食 ロッジ
日程Top↑
8日目 土曜日
朝食: ロッジにて
朝食後 カリスペルへお送りします
カリスペルのホテルに到着後自由行動
昼食・夕食は各自
宿泊 ホテル
日程Top↑
9日目 日曜日
朝食: ホテルにて
フライトスケジュールに合わせタクシーでカリスペル空港へ
以下のプログラムは、滞在中に牧場で何ができるかの例として案内しており、アクティビティはご希望と季節によって変わります。 夏の緑の牧草地では、家畜を分類して集める方法、馬術を向上させる方法、投げなわを使用する方法、周囲の新しい道を見つける方法などを学びます。

4月

毎日、牧場の優秀なスタッフがバック・ブランナマン(Buck Brannaman)のエソロジーコースを提供しています。このコースでは、英語を理解していることが不可欠です(必ずしもバイリンガルである必要はないが、多くの説明は英語レベルが不十分では理解しにくいでしょう)。そして全てのライディングレベルに対応しています。
また家畜を分類して集める方法と、投げなわをどのように扱うかを学ぶ機会があります。さらには牧場の広大な周辺を探索します。滞在中は、ダイニングルームでの昼食です。

5月上旬

上旬の2週間は、家畜を識別するプログラムです。家畜を集めたり、分類したり、移動させたりするために乗馬に取り組むことは、初心者レベルの人に適しています。牛で実践する前に、ターゲットを利用して投げなわを使う方法を学ぶことができます。また、馬に乗ってランチピクニックに出かけます。希望者はもちろん、牧場のコースで自分自身の馬術を向上することができますし、単に周辺を探索することもできます。

5月中旬~10月いっぱい

この時期は牧場の仕事のハイシーズンです。出産、家畜の識別、ケア、新しい牧草地への牛の移動など。各ライダーはレベルにかかわらず、この偉大な体験に参加することができます。時々山に迷った家畜を探したり、怪我をした人の世話も必要でしょう。他のシーズン同様自分自身の馬術を向上することができますし、単に周辺を探索することもできます。

乗馬レベル

すべてのレベルの参加が可能で、レベルに合った馬に乗ることが出来ます。
プログラムはア・ラ・カルトで、ご希望に応じて、また乗馬スキルを向上させるために「エソロジー(動物行動学)」を学ぶことができます。

宿泊

宿泊施設の品質と快適性はこの牧場の財産です。西洋風の建物は木々の中に位置しています。各部屋は個別に装飾されており、カウボーイの雰囲気を楽しむことができます。
ダイニングルーム、キッチン、石造りの暖炉のあるラウンジ、そして500冊の蔵書がある図書室があるメインハウス(ロッジ)は、自宅のようにくつろげる空間です。ご希望に応じWIFI接続をご利用いただけます。

客室は2つのタイプを用意しています。
メインロッジには、1名参加またはカップル向けに3部屋あります。各客室には専用バスルームがあります。
2~4人用のログキャビンはメインハウスから数メートル離れています。ガス暖炉、小さな専用テラス、専用バスルーム、冷蔵庫、コーヒーメーカーが備わっています。
各客室はいずれも、シーツと毛布を備えたダブルベッド、バスローブ、スリッパ、大きなバスタオル、乗馬中にお持ちいただけるポーチを完備。冷蔵庫はセルフサービスです。
1日中乗馬をした後、リラックスできる屋外ホットタブを楽しむことができます。夕食後は牧場のプレイルームでビリヤード、ピンポンなどでくつろぎます。

朝食は通常午前8時、遠出のない日はロッジでの昼食、夕食は午後6時半です。遠出の日には、ピクニックランチです。
ノースモンタナ ランチステイ2 ノースモンタナ ランチステイ3

TOP