南アフリカ乗馬ツアー

ベスト・オブ・ウォーターバーグ 7泊8日 サンプル日程

南アフリカ ベスト・オブ・ウォーターバーグ

このサファリは、質の高い乗馬を提供します。馬に乗って壮大な風景を眺めながら150km以上を移動し、定期的にさまざまな野生動物を観察することができます。

馬と一緒に泳ぐこと、夜明けに馬が集まること、ポロクロスなどの珍しい馬術アクティビティの体験、ウォーキングと小さな自然の障害物を乗り越えることを組み合わせたコースなどのハイライトも計画されています。

この周遊サファリでは、美しい湖のほとりで馬に囲まれたウォーターバーグ保護区のロッジや、人里離れた尾根にあるキャンプ・デビッドソンでのキャンバステントでのグランピング、野生動物の群れが生息する広大な平原を見渡せるベルビュー平原のロッジなど、さまざまなタイプの宿泊施設を楽しむことができます。

日本発着の航空券と併せて承ります。 ツアー前後の宿泊、他国、他都市への宿泊や観光など周遊プランとしてのご案内も可能です。 見積もりフォーム、又はメールにてお問い合わせ、ご依頼ください。

サンプル日程・宿泊
1日目 - 日曜日
10:30 ヨハネスブルグJohannesburg空港にてお出迎え、車で3時間のファームへお送りします。
ロッジの庭園で軽い昼食をとり、伝統的なアフタヌーン・ティーを楽しんだら、馬たちと対面。
最初のサファリ乗馬は保護区への入門編として優しく、シマウマ、キリン、カバなどの動物に初めて出会う絶好の機会です。 砂の道で簡単なギャロップに挑戦し、最後は平原に沈む夕日を眺めながらアペリティフを楽しみます。
最初の2泊は、100頭近い馬を所有する厩舎の拠点となるロッジで過ごすので、自分に合った馬を見つけるチャンスは十分にあります。
宿泊・夕食 ウォーターバーグ・メインロッジ
2日目 - 月曜日
朝食: メインロッジにて
この日の朝のサファリ乗馬は全般的にスポーティです。 ルートは、特に様々な種類のアンテロープ(クドゥ、ハーテビースト、インパラなど)の生息地である開けた谷の中心に沿っています。 砂地の道は素晴らしく、ルートは開けた牧草地を横切り、鬱蒼とした森を縫うように横切ります。
2時間の乗馬後は、絵のように美しいダムで休憩し、軽食をとり、馬上遊泳の爽快な体験を楽しむことができます。 このダムは、近年徐々にその数を増やしているワニから守られており、馬を疲れさせることなく泳ぐのに理想的な大きさです。
午後は川に沿って東に向かい、カバに遭遇する可能性のあるダムをいくつか通り過ぎた後、開けた平原に戻ります。 この時間帯に平地では多くの活動が行われ、柔らかな日差しの中で群れが交じり合い、夜の準備のためにさまざまなグループが行き来します。 馬の存在にすっかりリラックスした野生の動物たちのすぐそばを走ることができるのは、本当に不思議な体験です。
宿泊・夕食 ウォーターバーグ・メインロッジ 日程Top↑
3日目 - 火曜日
朝食: メインロッジにて
メイン・ロッジと保護区の南西端にあるサバンナ・ロッジ、あるいは南東端にあるセリンガ・ロッジを結ぶ長旅には、早めの出発が必要です。
2ルートの最初の部分は、ライダーがすでにある程度慣れ親しんでいるエリアを走りますが、すぐに新しい地形に入ります。 場所によっては藪が茂っていますが、しばらくすると南と西の景色が一望できる草原が広がります。 この風景を横切ると、アフリカの平原の広大さを実感することができます。
この地域は非常に多くの狩猟動物が生息しており、300頭以上のブレスバックや80頭以上のイランドの群れが見られることもあります。 平原には他にもレッド・ハーテビースト、ツェセベ、ダチョウなどが生息しています。 シマウマ、ヌー、インパラ、キリンが多く、アンテベラムやローン・アンテロープの小さな群れ、ウォーターバックもいます。 サバンナ・ロッジまでの最後の行程は、クドゥやブッシュバックを見ることができる森の小川に沿っています。
この素晴らしいロッジのプールでくつろいだ後は、ケープ・バッファローを探しに保護区の最南端に向かいます。 後者はアフリカの有名な「ビッグ5」の一部であり、その恐るべき評判に値します。したがって、ガイドの指示に注意深く従わなければなりません。 この地域は、ウォーターバーグ断崖の遠くの岬に沈む壮大な夕日で知られており、アフリカの大自然の中での思い出に残る、素晴らしい一日を締めくくるのにふさわしい場所です。
宿泊・夕食 ベルビュー保護区のロッジのひとつ 日程Top↑
4日目 - 水曜日
朝食: ロッジにて
狩猟動物が多く生息する場所をまた長く走り、メインロッジに戻ります。
往路とはルートが異なるため、さまざまな風景や生態系を巡るエキサイティングなサファリ乗馬になります。 狩猟動物は一般に異なる生息地を好みます。 たとえば、ニアラとブッシュバックは密林に似た保護区の一部を占めていますが、ブレスバックとハーテビーストは開けた平原に残り、ウォーターバックとハーテビーストのリードバックは、通常小川やその他の水路の近くで見られます。 このルートではキリンを見つける絶好の機会があり、常にハイライトとなっています。
サドルに5時間以上乗った後、午後のアクティビティは近くのエンタベニ・ゲーム保護区Entabeni Game Reserveか、ヴェルハヴォンデン・ゲーム保護区Welgevonden Game Reserveへの4WDサファリです。 これらの目的地に到達するには1時間以上の移動が必要ですが、自然環境の中でライオン、ゾウ、サイを見る機会は、このサファリを旅のハイライトにするでしょう。
宿泊・夕食 ウォーターバーグ・メインロッジ 日程Top↑
5日目 - 木曜日
保護区での乗馬サファリは、どんな動物に遭遇するかわからないので、常に興味をそそられます。この日のルートは保護区の奥深く、自然が真に野性的な場所へと向かいます。
約3時間のサファリ乗馬の後、巨大な野生のイチジクの木に到着し、キャンプファイアーで調理される朝食。
朝食の後、ロッジへの帰り道は鬱蒼とした森を通り抜けます。
午後メインロッジを出発し、デビッドソン・サファリ・キャンプへ向かいます。 キャンプは、東側に広大な原生地域を見下ろす尾根の上にあります。長くはありませんが、尾根の端に沿った細い道をたどるルートはエキサイティングです。 この地域でよく遭遇する野生動物は、ヒヒ、イボイノシシ、クドゥ、クリップスプリンガーなどです。 キャンプには夜行性のヤマアラシが頻繁に訪れ、テントの外にヒョウの足跡が残ることも珍しくありません。
宿泊・夕食 キャンプ・デビットソン 日程Top↑
6日目 - 金曜日
朝食:ロッジにて
この日のルートは保護区の北東部をカバーし、キャンプから下って小川と開けた平原を渡り、手付かずの低木地帯を通ってサンセットSunset湖の上流まで進みます。 この湖は保護区のカバのお気に入りのたまり場であり、ワニ、カワウソ、ウミワシや、美しいアフリカレンカクなどの水鳥が生息しています。
私たちは常にカバを探しながら水辺を歩きます。カバはアフリカで最も危険な動物の一つとして知られており、日中は危険を及ぼすことはありませんが、馬が通り過ぎるのを見ながら叫んだり吹き飛ばしたりすることがよくあります。 湖を利用して、新しい爽快なギャロップを楽しみます。
湖を出た後、開けた平原を横切ってメインロッジに戻ります。 午前中のサファリ乗馬の後は、スイミングプールの周りでリラックスし、壮大で自然のままの環境をお楽しみください。
午後のアクティビティは、アメリカで広く行われているポロとラクロスを組み合わせたポロクロスです。 このゲームは非常に中毒性があり、競争の情熱を刺激すること間違いなしです。 使用される馬はこのゲームのプレイに慣れており、事前の経験は必要ありません。
宿泊・夕食 ウォーターバーグ・メインロッジ 日程Top↑
7日目 - 土曜日
この日の朝のハイライトは、夜明けに馬の群れが集まることです。 早めのスタートが必要ですが、思い出に残る経験になります。 約100頭の馬の群れが集まると、すべての馬が放たれ、朝霧の中、乗り手に導かれながら湖に沿って中庭へとゆっくりと疾走します。
ロッジに戻って朝食を楽しんだ後、ウォーターバーグ高原の非常に絵のように美しい景色を眺めながら、保護区の自然豊かな東部への魅惑的なサファリ乗馬に出かけます。
午後は、簡単なクロスカントリー ジャンプが点在するトラックをたどります(ご希望であれば回避できます)。 その後、なだらかな丘陵を見渡す素晴らしい場所でアペリティフを楽しみます。
夜、ロッジに戻ります。
宿泊・夕食 ウォーターバーグ・メインロッジ 日程Top↑
8日目
朝食: メインロッジにて
最終日のプログラムは、ガイドがグループの希望に合わせられるように柔軟に設定されています。 アフリカの驚くべきカモシカの群れの中を、素晴らしい環境の中、馬に乗って走る最後の機会です。
庭園で昼食をとった後は、20:00以降のフライトにあわせてヨハネスブルグJohannesburg空港へお送りします。

乗馬レベル

グループの結束を維持しながらこの日程をカバーし、すべてのアクティビティを楽しむには、3つの歩法で快適に騎乗できる中級者向けです。 このサファリ乗馬に必要なレベルを持っていないとガイドが判断した場合、他のプログラムを手配します。

宿泊

Main Lodge

壮大な湖を見下ろす快適なロッジです。コロニアルスタイルのベランダは、カバやジャッカルの鳴き声を聞きながら南アフリカの美しさを堪能するのに最適な場所です。テレビも新聞もなく、活力を充電するのに理想的な場所です。 ご希望の部屋にご宿泊いただきます:

  • メインロッジにある快適なスタンダードダブルルーム3室(専用バスルーム付き)
  • 休暇をスムーズに過ごすために必要なすべての静けさを提供する、ロッジから少し離れた"ガーデン・シャレー"2室(バスルーム付)
  • 大きなプライベート・テラスが付いていル、湖畔にある"ラグジュアリー・シャレー"2室

湖の端にある美しいスイミング・プールでは、夏の日中に涼むことができます(南半球の夏は11月から3月までです)。また、湖で泳ぐこともできます(スイミング・プール用タオルあり)。

南アフリカ ベスト・オブ・ウォーターバーグ2

Camp Davidson

このキャンバス・サファリ・キャンプでは、アフリカの野生のブッシュの中に身を置くことができます。 ヘミングウェイの小説やアフリカの最初の探検家の時代を彷彿とさせる雰囲気です。 快適なスイミングプールもあります。

南アフリカ ベスト・オブ・ウォーターバーグ3

Bellevue Lodges

この洗練されたロッジは、多くのバッファローや、メイン保護区とは異なる多様な野生動物が生息する保護区内に位置しています。

南アフリカ ベスト・オブ・ウォーターバーグ4

TOP