オーダーメイド・スタンダード
『行きたい旅』の作り方

オーダーメイドの旅をご提案する訳

ヴェネツィア
アマルフィ
オーダーメイドは利用者の『要望』に沿って作ります。
旅行の場合は『おまかせ』や『おすすめ』ではなく、自分で決めることこそがオーダーメイドです。
海外旅行見積もりは旅行者の『要望』に沿って具体化しますので明確であればはっきりとしたご回答ができます。
見積もりをご案内するには『いつ』、『どこで』、『誰と』、『何をする』が必要です。1つでも欠ければ料金は算出できません。
また、1つでも条件が変われば料金は幅広く変わり、日程も異なりますのでお考えのプランに近づけていく方法は多様です。
『いつ』、『どこで』、『誰と』、『何をする』が決まりましたら順不同で構いませんのでお知らせください。プラン『手段と方法』と料金をご提案させていただきます。プランは旅行者次第ですので漠然としたお考えや些細なこだわりも含めて詳細をお聞かせいただければよりご要望に近づけるご提案が可能です。
出発までのスケジュール(目安)
6か月前 見積もり依頼
出発までの流れ 見積もり回答
出発までの流れ 再考 再見積もりなど
出発までの流れ 再考 再々見積もりなど
3か月前 申し込み手続
出発までの流れ 手配開始
出発までの流れ 予約確認書
出発までの流れ 手配完了
出発までの流れ 最終書面お渡し
出発までの流れ 出発

■■計画時期

出発の半年前頃を目安に見積もりをご依頼いただくと多様なご提案が可能です。
船旅を除いて渡航の必須アイテム航空券は予約時期で空席の有無と運賃が異なります
ホテルや観光などすべての旅行素材も同様で、可能な限り1日も早くご計画されて時間を掛けすぎず、3か月前を目安に予約することで選択肢が広がり、安価なプランをご案内することが可能です。
ただし、年末年始、ゴールデンウィーク、シルバーウィークを含む混雑するシーズンや、オリンピック、ワールドカップなど大きなイベントの開催時期、そして、各国各都市の大きな見本市開催時期及び前後を含む日程の場合は、より早く手配する必要がありますのでご注意ください。

■■手段と方法

観光や移動の拠点となる滞在地を決めます。大まかに3つのパターンに分けてみます。 ご利用されたいホテルがあるなど宿泊場所として希望される場合と、目的地への利便性から滞在地を選定する場合。『どこで』の位置関係や移動手段と『何をする』の所要時間を鑑みて滞在順、訪問順を決めます。また、オプションで現地発着のツアーなどを利用する場合には発着地であるか否か、複数発着地がある場合は前後の移動を考慮して利便性の良い発着地を選びます。
『何をする』に必要な時間から全体の日程が決まる場合と、決められた日数内に『何をする』をおさめる場合。当社ではどちらも安全で効率の良い日程になるようご提案させていただきます。

■■ご要望あるある その1
移動に掛かる時間を忘れがち

ヨーロッパ便は一部の経由便などを除いて往路は日本出発日と同日に現地へ到着します。復路は現地出発日から機内泊を挟んで翌日日本へ到着します。8日間の日程ならば現地へは6泊します(往復機内泊の経由便利用の場合は現地5泊)。
6泊8日間日程を日本発直行便利用で1か所滞在の場合は、現地空港へ到着後、入国審査、そして荷物を受け取りホテルへ、と1日目のほとんどは移動にかかり、7日目は帰国のために同様に移動にかかるので、観光など目的に使える時間は正味5日間(5泊)です。2か所以上に滞在する場合は滞在地間を移動する時間が必要です。また、訪問する順序も重要で、距離や順序に関係なく北へ南へ移動すれば必要以上に時間と体力を使い疲れてしまいます。
例えばイタリアなら北からミラノ⇒ヴェネツィア⇒フィレンツェ⇒ローマと一方方向に線を引くように周遊(ミラノに到着してローマから帰国)すれば滞在地間の移動距離や掛かる時間も適度でスムーズな日程になります。仮に距離が離れている場合は1日移動日に充てれば無理のない日程になります。

■■ご要望あるある その2
伝わりそうで伝わらない曖昧な表現

「ローマでは2日必要です」・・・1泊2日のことを指すのか、2泊3日のことか、或いは観光に丸々2日必要で3泊4日なのか・・・滞在地への必要日数は泊数でお知らせください。

■■ご要望あるある その3
無理な日程 無謀な日程

「せっかく」だからとあれもこれも詰め込みすぎは危険です。旅慣れた旅行者でも海外では異なる文化や習慣に気づかぬうちに気を張り疲れがちです。けがや体調不良で「せっかく」が台無しに、なんてことを予防、解消するために1か所につき予定行動日1日に予備日として自由行動日1日を設けましょう。想定外の状況にもあわてずに無理なく対応することができます。また、長い日程の場合は中日から後半へ向けて余裕をもたせましょう。

■■ご要望あるある その4
どんなオプショナルツアーがありますか?

ほんの一部ですがコチラにご案内いたしました。 同じ目的地へのツアーでも主催会社ごとに多種多様にあり、全てをご案内するのは難しいので、その他のオプショナルツアーはお手数ですがお問い合わせください。
発着地ごとに、午前発又は午後発の半日、1日の日帰り、宿泊と移動手段、飲食、各入場料を含むもの、季節や曜日を限定して催行又は毎日、アシスタント付き又はガイド付き、円建て又は外貨建て、日本人向け又は多国籍向けなどなど、日程や内容も細かく異なり、これらすべての設定と料金が半年に一度大きく変わります。
また、オプショナルツアーや移動手段など既成の旅行素材が無い場合は、宿泊と移動手段にガイド又はアシスタント付き観光をプラスした宿泊パッケージとしてご案内可能な場合がございますのでご相談ください。

■■直行便と経由便

航空会社、就航先、時期により毎日運航と曜日を限定して運航している場合があり、フライトスケジュールは変わる場合があります。
直行便は利便性のいい発着時間で就航しているので、現地到着空港からホテルへの移動手段は選ぶほどあり、ホテルへチャックイン後は夕食や翌日に備えた散策時間もあり、帰国時はホテルで朝食後、余裕をもって空港へ向かうなど、日程全体にゆとりができます。
経由便は、経由地でリフレッシュすることでジェットラグの緩和やエコノミー症候群の予防と、体力的な負担が軽減できます。また、経由地でのストップオーバー(要追加料金の場合有)を利用した2か国周遊プランは経由便ならではです。
予算重視で経由便をご検討される場合には、運賃以外の空港諸税や日程との兼ね合いも確認する必要があります。
フライトスケジュールや往復とも機内泊など現地滞在時間は直行便より少なくなる場合があり、燃油サーチャージは搭乗区間分、空港諸税は乗継空港分余計にかかります。
また、帰国日は、ホテルで朝食を取ることができずに早朝チェックアウトして空港へ向かわなければならず、ホテルから空港への移動手段は公共交通機関の始発前で割増料金のかかるタクシーや空港送迎以外に無いなど、結果として直行便利用よりも旅行費用が嵩む場合があります。
直行便がない都市へはこの限りではありませんが、航空券の選び方ひとつで思い通りの日程と費用にならない場合があります。当社では旅行者の優先順位に沿った最も適切なフライトをご提案いたします。

■■手配先について

手配先を一つにまとめることも安全で快適な旅の基本です。
航空機の遅延や欠航、鉄道の運休、交通渋滞など移動手段だけでも旅程は予定通りにいかない場合があります。出発前、そして出発してから何か一つでも予定が変われば調整が必要になり、次の旅程に関わる変更は手配先へ連絡する必要もあります。
お値段優先で航空券は自分で手配、ホテルは旅行会社、観光ツアーはウェブ予約と、個別に手配された場合、旅程を把握していない旅行会社としては救いの手を差し伸べる術がありません。
リスク回避と必要なフォローアップはオーダーメイド専門旅行会社がお手伝いいたしますので、是非ご活用くださいませ。
当社では、優待航空券(要チケット提示)を除いて、現地手配のみのご依頼は旅程管理上お断りさせていただく場合があります。航空券を含めたご依頼をご検討ください。
上記各ポイントに沿って、ご計画された海外旅行の見積もりをご依頼、お申し込みいただければ、ご希望の旅行を作り、体験できるのがオーダーメイド旅行のスタンダート(基本)です。事前にご要望を整理してご依頼いただくことにより、旅行者と当社のコミュニケーションが円滑に進み、限りなくご希望に近いプラン『行きたい旅』をご案内することが可能です。
行きたい人の数だけプランがあるのがオーダーメイド、2つと同じプランはありません。よほど奇抜なプランでない限り、出来ないと思っていた旅がオーダーメイドなら実現できることがあります。ご希望の詳細を添えて見積もり依頼フォームからお問合せください。
オーダーメイド・スタンダード
『行きたい旅の作り方』
オーダーメイドの旅をご提案する訳

PAGE TOP

facebook
twitter
google+
LINEで送る