イストラ半島 スロヴェニア&クロアチア

オーダーメイド美食の旅

ロヴィニ

「おいしい!」は旅を豊かにする

スロヴェニアには、

「人の心を開くには、まずはその腹を満たすことから」

という古いことわざがあるそうです。また、「人は食なり」ということわざも・・・。

この2つのことわざからわかるように、スロヴェニアは古くから「食」と「人」との密接な関係を現代へと繋いできました。

西はイタリア、北はヨーロッパのアルプス地方、東、南はクロアチアと出会う位置にあり、さらにはアドリア海に面したスロヴェニアは、周辺国の良い食文化を取り入れながら多様性に富む独自の食文化を築いてきた国です。

一方、クロアチアもスロヴェニア同様の地理的要因から、各地方ごとに独特の食文化を長きにわたり築いてきました。例えば、イストラ地方では生ハムやチーズ、春には採れたてアスパラガスの卵とじ、そしてアドリア海に面しているからこその新鮮なシーフードなどが特色です。その他の地方も、トリュフやグヤーシュと呼ばれる煮込み料理など、独自の食文化があります。

食と同様に、ワインも古くからクロアチアの伝統的手法で作られてきました。内陸部、海岸地方ともにさまざまな銘柄があります。また、Rakijaと呼ばれる蒸留酒は、クロアチアのプランデー。日本で輸入されたものではなく、その地で味わいたいものです。

旅行における「食」は、とても重要な要素のひとつ。その土地土地のおいしい、日本では味わえない独特な料理やワインに出会うと、その旅行がとても充実した旅行になると思います。

ここでは、まだまだ知られざるスロヴェニア、クロアチアの食文化を訪ねるプランをご案内します。

ハイライトその1ピラン(スロヴェニア)

ピラン

スロヴェニア南西部、ピラン湾に面した港町。

スロヴェニア領のイストラ半島では、3つの著名な町の中の一つです。町には中世の建築物や文化的な遺産が豊富に残っており、大規模な野外博物館のようになっています。細い通りには小さな家々が建ち並び、その魅力から多くの人を惹き付けています。ピランは、この地域の行政的な中心かつスロヴェニアの一大観光地でもあり、「スロヴェニアの小さな秘宝」と呼ばれています。

ハイライトその2プーラ(クロアチア)

プーラ

イストラ半島南部プーラ湾に古代の町、公園の町、そしてサマーフェスティバルの町といわれるプーラがあります。

イストラで一番大きな港町であり、経済、行政の中心であるプーラは、一年に2350時間もの日照時間があり、多くの観光客を魅了する町です。

この町の歴史は、一つ一つの石に刻まれています。それは、過去のおおよそ全ての時代からの歴史的遺跡の膨大な数によっても見受けられます。その中でも、最もよく知られ貴重とされているのが、世界でも第6番目に大きいとされる、2世紀に建立された壮大なコロッセウム、アリーナです。

ハイライトその3ロヴィニ(クロアチア)

ロヴィニ

ロヴィニは、7世紀までにすでに町が防壁で囲まれており、その後、塔の建設により町はより強化されました。

旧市街には7つの門があり、そのうちのベネディクト、ポルティコ、十字架門の3つは現在も存在します。バルビエフ・ルクと呼ばれるバロック様式のアーチは、今日も旧市街への入り口として利用されていますが、これは17世紀まで門があった場所に建てられたものです。

ハイライトその4モトヴン(クロアチア)

モトヴン

モトヴンも防壁に囲まれた町です。

この防壁は13~14世紀に造られ、現在も良い状態で保たれています。また、町の中心には、14~17世紀に造られた門や防壁システムと同じ、ロマネスク様式、ゴシック様式の家もあり、見ごたえのある町です。ゴシック様式とロマネスク様式の鐘楼は、モトヴンの丘の頂上の広場にあります。

また、ルネサンス様式の城は14~19世紀のものです。17世紀に建てられた聖ステファン教区教会は、後期ルネサンス建築の特徴を持つ教会で、教会内の絵画や彫刻は、有名な芸術家の手によるものです。

このプランは、オーダーメイド型の現地発着宿泊パッケージです。旅行費用は、その都度見積もりにてご案内いたします。また、日本発着の航空券とあわせ手配旅行として承ります。

All above photos ©Slovenian Tourist Board & Croatia National Tourist Board

スロヴェニア&クロアチア 美食の周遊

モデルプラン日程
1日目

日本発 経由便にてスロベニアの首都リュブリャナ

又は他訪問地よりリュブリャナへ

↑宿泊パッケージ 前はご要望に沿って承ります↑

リュブリャナ空港到着後 専用車にてホテルへ

リュブリャナ
Hotel Park 又は同等クラス
2日目

朝食: ホテルにて

専用車にて「アルプスの瞳」と称されるブレッド湖へ 片道約1時間

湖に浮かぶように建つ聖マリア教会は8~9世紀に建てられたものです

ブレッド城にあるレストランにて昼食

高台から望むブレッド湖の景色は最高です

メニュー例
  • ベジタブルスープとマス料理

食後 専用車にてリュブリャナのホテルへ戻ります

ウォルナッツとはちみつのデザート

夕食は地元レストラン「Gostilna Sokol」にて

メニュー例
  • パンとマッシュルームスープ
  • ポークテンダロイン
  • ウォルナッツとはちみつのデザート
リュブリャナ
Hotel Park 又は同等クラス
日程Top ↑
3日目

朝食: ホテルにて

ホテルチェックアウト後 専用車にてピランへ 片道約2時間

魚のスープ

昼食は地元レストラン「Gostilna Pri Mari」にて

メニュー例
  • 魚のスープ “ピラン”スタイル
  • 牡蠣などの貝
  • 海老のリゾット
  • アップルパイ

昼食後 専用車にてホテルへ

ピラン
Hotel Piran 又は同等クラス
日程Top ↑
4日目

朝食: ホテルにて

ホテルチェックアウト後 スロヴェニアよりクロアチアへ移動
専用車にてプーラ近郊の町ヴォドニアンへ 片道約1.5時間

オリーブオイル

オリーブ農場「Meloto」にて
オリーブオイルの試食

クロアチアのオリーブオイルの生産はこの町でベルチ兄弟によって始められました。ベルチ家の歴史は16世紀頃に遡ります。彼らの専門知識と情熱により、質の高いオリーブオイル作りが現在まで続いています。

試食後 専用車にてプーラへ 片道約20分
到着後 プーラの町並みを自由散策

昼食はオプションでご案内可能です
Milan 1967」ランチ€30~

午後 英語ガイドと徒歩にてプーラ観光へ
観光後 専用車にてロヴィニへ 片道約1時間

ロヴィニ
Hotel Eden 又は同等クラス
日程Top ↑
5日目

朝食: ホテルにて

英語ガイドと終日クロアチアイストラ地方を巡ります

専用車にてモトヴンへ 片道約1時間

モトヴンを1時間ほど観光後 近郊の町リヴァデ

この地域はトリュフがとれることで有名です

イストラ風パスタトリュフ添え

トリュフ採りのデモンストレーションを約1時間見学後
リヴァデの地元レストランにて
昼食とトリュフの試食

メニュー例
  • イストラ風パスタ トリュフ添え
  • イストラ風フリッター

午後 モトブン近郊の小さな町 ナルドゥチにてワイン試飲

アーマンファミリーのピノやシャルドネワインをお楽しみください

専用車にてホテルへ

ロヴィニ
Hotel Eden 又は同等クラス
日程Top ↑
6日目

朝食: ホテルにて

英語ガイドと 終日クロアチアイストラ地方を巡ります

専用車にて小さな町ジュミンへ 片道約2時間
手作りチーズ、生ハム、ワインなど名産品の試食

試食後 専用車にて スヴェティヴィンチェナトへ 片道約1時間

イストラ半島南側の内陸と南端を結ぶ道路は、中世の城や教会、鐘楼のあるこのスヴェトヴィンチェナトという古い町へ続いています。

スヴェティヴィンチェナトの地元レストランにて昼食

メニュー例
  • イストラ風ベジタブルスープ
  • イストラ風手作りパスタ
    又は 仔羊, 仔牛, 手作りソーセージ
  • 伝統的なペイストリー

専用車にてホテルへ

ロヴィニ
Hotel Eden 又は同等クラス
日程Top ↑
7日目

朝食: ホテルにて

専用車にて クロアチアの首都ザグレブへ 片道約4時間

到着後 5☆ホテル「Esplanade」のレストランにて昼食

メニュー例
  • ローカルフードランチとデザート(ザゴリスキ・シュトゥルクリ)

ザグレブの北部、メドヴェドニツァ山の反対側に位置する町ザゴリエ。
ここは絵のように美しい牧草地が広がる丘陵地帯です。
ホテルエスプラナーデのレストランはアールデコ調のインテリアでエレガントな雰囲気と、素晴らしいおもてなしとともにザゴリエの伝統料理や各国の料理が楽しめます。
クロアチアのローカルデザート「ザゴリスキ・シュトゥルクリ」はユネスコの無形文化遺産に登録されていますが、1951年に最初に作られたのがこのホテル。
クロアチア各地から様々な手法を集めた独自のレシピは世界の著名人を魅了しました。
ここでは、その伝統的な製法の「ザゴリスキ・シュトゥルクリ」が楽しめます

昼食後 ホテルへ

ザグレブ
Hotel Laguna 又は同等クラス
日程Top ↑
8日目

朝食: ホテルにて

ホテルチェックアウト後 専用車にて空港へ

↓宿泊パッケージ 後はご要望に沿って承ります↓

日本へ 又は他訪問地へ

9日目 日本到着
上記スケジュールは予告なく変更される場合があります
All photos in itinerary ©Croatia National Tourist Board

TOP