気軽にセイシェル
インド洋の真珠

オーダーメイド リゾート

ハネムーンだけじゃないセイシェルの楽しみ方

セイシェルといえばもっぱらハネムーナーやカップルを対象としたラグジュアリーリゾートのイメージが強く、かつ日本から遠いため旅行費用も高額と思われがちですが、実はセイシェルまでの航空運賃は(エミレーツ航空、エティハド航空利用)一年を通じてあまり上下することなく、時期によってはヨーロッパへ行くよりも安価です。また、リーズナブルなホテルやゲストハウス、キッチン付のセルフケータリング(コンドミニアムタイプ)など様々なスタイルの宿泊施設があります。このようなスタイルのホテルを利用して暮らすようにゆったりと滞在したり、短期間でも仲間内でわいわいと合宿感覚でセイシェルを楽しんでいただけるよう、セルフケータリングホテル利用プランをご紹介します。

セイシェルで長期滞在するには

入国時に帰国便予約日(最長1か月)までの滞在許可が取得可能です。
滞在を延長するには首都ヴィクトリアの入国管理局で滞在期間の延長申請をすることとなります。入国時に渡される査証の半券と滞在許可申請書(入国管理局で入手可)にて申請します。入国から3か月までは無料、以降3か月ごとに1,000セイシェル・ルピー(約US$200)の申請料が必要で、最長1年間の滞在が可能です。
※2018年1月現在の資料によります。今後変わる場合もございますので、ご計画の際は最新の情報にてご確認ください。
日本⇔セイシェル
フライトスケジュール

例: エミレーツ航空利用の場合
往路 毎日 復路 毎日
羽田 成田 関空 日本 羽田 成田 関空
22:00発 23:40発 22:45着
00:30発 17:25着 17:10着
翌03:40着
乗継
6h
翌04:50着 08:00発
06:15着 乗継
4h
3.5h
乗継
乗継
3h
ドバイ
翌04:25着 翌02:50発 翌03:00発
23:45発 14h
乗継
09:50発
12:45着
14:30着
セイシェル 08:15発
2018/3/26~10/28スケジュール

マヘ島のセルフケータリングホテル

最初はセイシェルのメインアイランド、マヘ島北西部に位置するボー・ヴァロン湾のセルフケータリングホテル利用プランです。
首都ヴィクトリアにはほとんどホテルがなく、多くの観光客は70以上もあるビーチ沿いに建つホテルに宿泊します。中でもマヘ島北西部のボー・ヴァロン湾は古くから拓けたマヘ島最大のビーチ。海岸沿いにはかっての大農園主の美しい家々が建ち、エキゾチックな植民地時代の雰囲気と伝統的なクレオールの生活の魅力があふれています。ビーチに沿って数々のホテルが建ち並び、周辺にはリゾートライフに必要なカフェやレストランなどがそろっています。ホテルの中にはカジノがあるものも…ナイトライフも充実しています。
Hanneman Holiday Residence
このプランで利用する、ボー・ヴァロンビーチから内陸に向かって徒歩4分に位置するHanneman Holiday Residenceは、ちょっとユニークなセルフケータリングホテル。3泊以上の予約であれば、部屋のみの予約でも最初の3泊分「朝食スターター・パック」が宿泊代に含まれています。チェックインの際部屋に用意されているコーヒー、紅茶、牛乳、パン、バター、マーマレード、砂糖、卵、ヨーグルト、チーズ、お水のパックを利用して部屋に備え付けられたキッチンで調理すれば、スーパーマーケットに行くことなく朝食を取ることが出来ます。別途お部屋やプール横のガゼボで取ることが出来る朝食付料金プランも用意されています。
3階建ての建物にわずか7部屋のゆったりとした造り。2ベッドルーム・デュプレックスが4部屋(4名、6名用が各2部屋ずつ)、2ベッドルーム・ペントハウス(4名用)、1ベッドルーム・ペントハウス(2名用)が各1部屋ずつ、テラススタジオルーム(2名用)が1部屋で、全ての部屋にキッチンが備え付けられています。2ベッドルームを利用すれば、ちょっとしたグループにも対応可能です。
食材の買出しは5km離れた首都ヴィクトリアのスーパーへ。マヘ島にはレンタ・サイクルがないので、もっぱら移動手段は路線バス。バス停はなく、路面にマークが描かれているだけの簡単なものです。長期滞在ならレンタカーを借りて日常の足代わりに利用するのも一案です。もちろん徒歩圏内の近隣リゾートホテルで様々な食事を楽しむことが出来ます。

セルフケータリングホテルで暮らすような滞在プラン

マヘ島 サンプル日程

出発日 出発時は…
成田 関空 羽田
夜 日本出発
上記フライトスケジュール参照
機内 泊
深夜 日本出発
翌日 早朝 ドバイ到着
上記フライトスケジュール参照
早朝 ドバイ到着
上記フライトスケジュール参照
午前 ドバイ出発 空路セイシェル
午後 セイシェル到着
空港にて待つ現地係員がホテルへご案内
マヘ島滞在スタート
マヘ島
翌々日 マヘ ボー ヴァロンにて
暮らすようなご滞在をお楽しみください
西海岸に位置するのでホテルや
ビーチから臨むサンセットは格別!
マヘ島
日程Top ↑
帰着
前日
帰国時は…
成田 関空 羽田
チェックアウトの時間は
マヘ行国内線の出発時間によります
早朝
現地係員が空港へご案内
午前 マヘ出発
空路ドバイ
午後 ドバイ到着
上記フライトスケジュール参照
乗り継ぎ時間は…
ドバイへ入国して市内観光やホテルのデイユースなど
ドバイ
ホテルチェックアウト後
現地係員が空港へご案内
別途ホテルのデイユース&空港送迎も承ります
深夜 マヘ出発
空路ドバイ
上記フライトスケジュール参照
ドバイ
帰着日 早朝 ドバイ出発
夕方 日本到着
上記フライトスケジュール参照
早朝 ドバイ到着
午前 ドバイ出発
夜 日本到着
上記フライトスケジュール参照
スケジュールは予告なく変更される場合があります

ちなみに・・・

このプランは2018年1月出発のマヘ島6泊(日本発着で6泊9日)で1室2名利用1名様あたり20万円ほどです。
※別途、空港税・燃油サーチャージ・日本国内空港施設使用料 2ベッドルーム デュプレックスは6名まで利用可能なので、グループ旅行でしたらより安価で利用可能です。
時期、航空座席やホテルの空き状況、ご滞在日数により費用は変わります。ご希望にあわせて見積もりますのでご要望を添えて、見積もり依頼フォームからご依頼ください。

ラ・ディーグ島の
セルフケータリングホテル

ラ・ディーグ島
数々の島があるセイシェルの中で、マヘ島同様暮らすように滞在するプランに適しているのがラ・ディーグ島です。
ラ・ディーグ島はマヘ島から50km、プララン島から7km(定期運行のフェリーで30分)の位置にある全長5km、幅3km、面積10.1平方kmの小さな島。巨大な花崗岩の岸壁、空に向かって伸びる椰子の木、そして奥まったスース・ダルジャン湾の浜辺があるこの島は、映画や広告で最も人気のあるロケ地です。車の利用は制限されており、伝統的な牛車と自転車が日常的な交通手段。椰子とバニラ農園の真ん中の海辺に建つ魅力的なユニオン・エスターテのプランテーション・ハウスが、かつての大農園主の生活を偲ばせています。
交通手段はマヘ島から空路でプララン島へ移動、空港到着後桟橋へ移動し、定期フェリーに乗り換えてラ・ディーグ島へ向かいます。観光ポイントは、波の侵食によって削られたその形がまるで彫刻のように見える花崗岩が並ぶスース・ダルジャン湾「Anse Source d'Argent」、見た人は幸せになれるという伝説がある鳥セイシェル・パラダイス・フライキャッチャー「Seychelles paradise Flycatche」のヴーヴ保護区「Veuve Reserve」など。
セイシェルのエッセンスがぎゅっと詰まった、最もセイシェルらしい島ともいえるでしょう。
Fleur de Lys
この小さなのんびりとした島のセルフケータリングホテル、Fleur de Lysを利用するプランをご案内します。イギリス人夫婦がリタイア後に移住して始めたアットホームなホテルです。
フェリーが到着するLa Passe桟橋から徒歩10分、手入れの行き届いた敷地内のガーデンに4つのバンガローが配された、小さなコミュニティのような造り。バンガローにはそれぞれベランダ付き、室内はリビング・ルーム、オープン・キッチン、2つのベッドルーム、バスルームと設備が整い、つねに清潔にハウス・キーピングされています。セルフケータリングホテルながら朝食はハウス・キーパーが部屋まで運んでくれ、ベランダで朝食を取ることが出来ます。レストランはないので、昼食・夕食は部屋で自炊又は近隣のレストランへ。事前にスタッフに依頼すれば、クレオール料理の夕食を用意してくれることも。
唯一の移動手段である自転車を借りることができるレンタ・サイクル店は、ほぼお隣りのラ・ディーグ・アイランド・ロッジにあります。自転車を借りたら、食材の買い出しに島内に3軒あるスーパーマーケットへ。海の透明度が高くシュノーケリングに最適な西海岸のビーチは徒歩数分とロケーションも良く、かつ滞在費が圧倒的に抑えられるので、暮らすようにじっくりと滞在したい方には人気のバンガローです。

セルフケータリングホテルで暮らすような滞在プラン

ラ・ディーグ島 サンプル日程

出発日 出発時は…
成田 ・ 関空 羽田
夜 日本出発
上記フライトスケジュール参照
機内 泊
深夜 日本出発
翌日 早朝ドバイ到着
上記フライトスケジュール参照
早朝 ドバイ到着
上記フライトスケジュール参照
午前 ドバイ出発 空路セイシェル
午後 セイシェル到着
空港にて待つ現地係員が
国内線ターミナルへご案内
マヘ出発
空路国内線にてプララン島へ 約15分
プララン島到着 空港にて待つ現地係員が
車にてフェリー乗り場へご案内
フェリーにてラ ディーグ島へ 約30分
到着後
リゾートスタッフがホテルへご案内
ラ ディーグ島の滞在スタート
ラ ディーグ島
翌々日 ラ ディーグにて暮らすようなご滞在をお楽しみください
西海岸に位置するのでホテルやビーチから臨むサンセットは格別!
ラ ディーグ島
日程Top ↑
帰着
前々日
帰国時は…
成田 関空 羽田
ホテルチェックアウトは
マヘ行国内線の出発時間によります
ホテルチェックアウト後
フェリー乗り場へご案内
フェリーにてプララン島
到着後 現地係員が空港へご案内
国内線にてマヘ
到着後
現地係員がホテルへご案内
マヘ
到着後
国際線ターミナルへ移動
深夜 マヘ出発
空路ドバイ
上記フライトスケジュール参照
機内 泊
日程Top ↑
帰着
前日
早朝
現地係員が空港へご案内
午前 マヘ出発
空路ドバイ
午後 ドバイ到着
上記フライトスケジュール参照
乗り継ぎ時間は…
ドバイへ入国して市内観光やホテルのデイユースなど
ドバイ
早朝 ドバイ到着
午前 ドバイ出発
夜 日本到着
上記フライトスケジュール参照
帰着日 早朝 ドバイ出発
夕方 日本到着
上記フライトスケジュール参照
スケジュールは予告なく変更される場合があります

ちなみに・・・

このプランは2018年1月出発のラ ディーグ島6泊(日本発着で8泊11日)で1室2名利用1名様あたり約30万円ほどです。
※別途、空港税・燃油サーチャージ・日本国内空港施設使用料。 セルフケータリングホテル(ラディーグ島: Fleur de Lys)のバンガローは4名まで利用可能なので、ファミリーや友人同士の小グループで利用すればよりリーズナブルです。
時期、航空座席やホテルの空き状況、ご滞在日数により費用は変わります。ご希望にあわせて見積もりますのでご要望を添えて、見積もり依頼フォームからご依頼ください。
All Photos cSeychelles Tourism Board
『行きたい旅』作ります 見積もり依頼はコチラ 『行きたい旅』作ります
お問い合わせは お問い合わせフォーム でお願いします

TOP

facebook
twitter
google+
LINEで送る