スペイン周遊

ヨーロッパ・スケッチツアー
オーダーメイド 個人からグループまで

絵になるスペインの古都

スペインアンダルシアからカスティーヤ・イ・レオンへのスケッチツアーです。
こちらはグループツアーとして催行したプランですが、個人旅行にアレンジすることも可能です。 ご要望を添えて見積もりフォーム、又はメールにてお問い合わせ、ご依頼ください。 グループスケッチツアーの概要はこちらをご覧ください(旅行相談もお承りしております)。
前回のマルタ編からほぼ1年ぶりのご案内です。添乗員としてヨーロッパへ年に1回というペースがばれてしまいますね。
しかしながら、普段は旅行のプラン作りや手配、お帰りになるまでを担当しておりますので、見積もり中、手配中のお客様に支障無くというと、しょっちゅうというわけにはいきません。出張中もパソコンを持ち歩き、メールでやり取りしながらのスペイン編です。
今回(2003.9.8~9.17)もやはりお客様は絵描きさん。「皆様の作品のモチーフになるような場所があるといいなぁ」と思いながら行ってまいりました。もちろん、企画の際にはご要望に沿うプランとしてご提案してはいるのですが、出来上がった日程は、あまりにもどこかの会社のパッケージツアーと似かよっており、まるで観光旅行?のようになってしまったと思えたからです。 しかしながら、要らぬ心配だったようで、絵を描かないお客様にも喜ばれ、スケッチをする方にも良いポイントをご紹介でき一安心。反省点は日程が詰まりすぎたこと。当社でご案内するツアーはゆったりしすぎるくらいがご好評を得ておりますが、らしくなく、あれもこれも欲張って詰め込み過ぎました。 ここに載せきれなかった写真はPhoto Galleryをご覧ください。

グラナダフラメンコショー

グラナダのタブラオにてフラメンコ
絵を描く方々のモチーフは風景ばかりではございません。静物画、そして人物画を専門になさっている方もいらっしゃいます。今回の日程ではオプション、ツアー日程合わせて2回のフラメンコショーを入れました。中心となる方が人物画を専門に描いてらっしゃる方で、たってのご希望だったからです。
グラナダのタブラオ(フラメンコショーを行っているお店)は、アルハンブラ宮殿を望むサクロモンテの丘にあります。店全体が洞窟を改造して建てられた、凝った造りです。
踊り子を囲むようにして鑑賞する狭いスペースですが、その分十分フラメンコを堪能できます。フラメンコ・ショーではセビリアも有名ですが、やはりフラメンコは発祥の地アンダルシアで見たいものです。

トレドパラドールからの眺め

トレドのパラドール
ここはスペインに来たら必ず訪れなくてはいけない、といわれるくらいスペインのエッセンスを凝縮した古都です。
どのツアーにも必ず入っているのではないかと思いますし、実際何度か訪れたお客様もいらっしゃいました。
通常のツアーはお茶屋さんのある高台からトレド全景の写真をとって終わりなのですが(その間約10分くらいらしいです)、「絵を描く方々だから」と現地のガイドさんが気を利かせてくれ、それよりも見晴らしの良いパラドールのテラスへ皆様をご案内してくれました。 ここならカフェでゆっくりしながら絵を描くこともでき、いつも気になる「トイレ」を心配することがないからです(なんといってもホテルですから)。
ちなみにマラガでもパラドールのテラスにあるカフェを絵を描く場所として利用させてもらいました。

セゴビアホテルのミラドール 展望台

ホテル・ロス・リナヘスのミラドール
マラガグラナダと一般的な観光地を廻ってきた後に滞在したのは、水道橋で有名なカスティーヤ・イ・レオン地方のセゴビアマドリッドより約1時間半北へ車で走ります。
今回利用のホテルはどれも、日本人になくてはならないバスタブ付の部屋のあるホテルでしたのでお客様にはご満足いただけたのですが、中でも特別なのはこのセゴビアのホテル(ホテル・ロス・リナヘス)。建物自体は古い民家を改造したような造りなのですが、部屋はこぎれいでもちろんバスタブ付。 そしてわけてもご紹介したいのが、ホテル屋上の展望スペース。スペイン語で「ミラドール: Mirador」というのですがここからセゴビアのカテドラルやディズニーランドのシンデレラ城のモデルとなったアルカサールが一望できるのです。
マヨール広場に出かけるにもよし、水道橋まで歩くのもよしの好ロケーションに加えてこのミラドール。今回のお客様には大変好評であるお客様曰く「ここは4泊ぐらいしたい!」とのことでした。上 右側の写真は朝焼けの中ミラドールより撮影したサン・エステバン教会です。

ヨーロッパは列車の旅がおすすめ!

よく当社にてオーダーメイドのご旅行をご依頼なさるお客様に、「世界の車窓から」ではございませんが、「是非列車の旅をお楽しみください」とお勧めします。航空機は確かに時間を節約でき機能的ではありますが、列車の旅は窓からの景色を眺めながらスローフードならぬスロートラベルにぴったりです。 主な空港には空港駅があり、空港からホテルの送迎を別途頼む必要もありませんし、駅構内では荷物を預けるコインロッカー、カフェ、レストラン、ショップなど充実しています。
わけても駅だけでしか売っていないお土産物があったり、レストランより確実に安いサンドイッチとコーヒーのランチも取ることが可能です。
今回の日程ではグラナダよりコルドバまでバスで移動し、そこからマドリッドまでスペインの新幹線、AVEを利用しました。 普通の特急列車よりもスピードがあり旅情は感じられないかもしれませんが、飛行機、バスでの移動に飽きてきたときの気分転換にはもってこいです。ファミリーがホームで列車を待っている姿も絵になります。
コルドバ駅 『AVE』 コルドバ駅

スペイン周遊 スペインの風景をスケッチ

モデルプラン サンプル日程

1日目 日本発
スペイン・アンダルシアの玄関口マラガ
*2018/3/26~10/27スケジュール
エールフランス航空利用の場合
≫成田, 羽田発 パリ経由*毎日
≫関空発 パリ経由*水除く毎日
又は他訪問地よりマラガへ
他の空港発や航空会社ご利用も
スケジュールによりご案内可能です
マラガ コスタ・デル・ソル空港到着後
専用バスにてホテルへ
到着後 ホテルチェックイン
2日目 朝食: ホテルにて
午前 市内をロケハン 後自由スケッチ
夕食: ホテルにて
3日目 朝食: ホテルにて
終日自由スケッチ
オプション
アンダルシアの白い村ミハスの日帰りスケッチ
夕食: ホテルにて
4日目 朝食: ホテルにて
ホテルチェックアウト後
専用バスにてグラナダへ 約2時間
到着後 市内をロケハン 後自由スケッチ
昼食: レストランにて
スケッチ後 専用バスにてホテルへ
到着後 ホテルチェックイン
夕食: ホテルにて
5日目 朝食: ホテルにて
終日自由スケッチ
夕食: ホテルにて
オプション
洞窟タブラオでのフラメンコショー
6日目 朝食: ホテルにて
ホテルチェックアウト後
専用バスにてコルドバへ 約2時間
AVEにてマドリッドへ 約1時間
到着後 専用バスにて市内観光
その後セゴビアへ 約1時間
到着後 ホテルチェックイン
夕食: ホテルにて
7日目 朝食: ホテルにて
午前 市内をロケハン 後自由スケッチ
夕食: ホテルにて
8日目 朝食: ホテルにて
午前 自由スケッチ
昼 ホテルチェックアウト後
専用バスにて再びマドリッドへ 約1時間
到着後 ホテルチェックイン
オプション
トレド半日観光
夕食: タブラオにて
フラメンコショーを見ながら
マドリッド
日程Top ↑
9日目 朝食: ホテルにて
ホテルチェックアウト後 専用バスにて空港へ
約3時間
マドリッド発 日本へ
*2018/3/26~10/27スケジュール
エールフランス航空利用の場合
≫パリ経由 成田, 羽田着*毎日
≫パリ経由 関空着*水除く毎日
又は他訪問地へ
他の空港着や航空会社ご利用も
スケジュールによりご案内可能です
機内 泊
日程Top ↑
10日目 日本着
スケジュールは予告なく変更される場合があります
上記日程はモチーフは個々に異なる絵画教室の先生と生徒のみなさんの取材旅行に、観光を目的にした方が同行するスケッチツアーの催行事例の概要です。
グループツアーから個人旅行まで「行きたい旅」のご要望を添えて見積もりフォーム、又はメールにてお問い合わせ、ご依頼ください。旅行相談もお承りしております。
『行きたい旅』作ります 見積もり依頼はコチラ 『行きたい旅』作ります
お問い合わせは お問い合わせフォーム でお願いします

TOP

facebook
twitter
google+
LINEで送る