マルタ

ヨーロッパ・スケッチツアー
オーダーメイド 個人からグループまで

地中海に浮かぶ要塞と古都

今回(2002.9.11~9.24)は南イタリアマテーラオストゥーニからマルタ共和国の2か国を、2週間かけて廻る画家の方々の為のスケッチツアーの添乗員として行ってまいりました。
こちらはグループツアーとして催行したプランですが、個人旅行にアレンジすることも可能です。ご要望を添えて見積もりフォーム、又はメールにてお問い合わせ、ご依頼ください。グループスケッチツアーの概要はこちらをご覧ください(旅行相談もお承りしております)。 いずれもユネスコ遺産文化都市に指定されたところです。マテーラオストゥーニは前回詳しくご説明しましたので、今回はマルタ島を中心の添乗日記です。
観光目的のツアーとは違い、1か所に最低3泊してじっくりとスケッチをして頂きます。当社がどんな旅行作りをしているか、おわかりいただければ幸いです。

マルタは英語が通じて便利!?

セングレア(マルタ)
マルタ共和国ってどこ?
―イタリア、 シチリア島のさらに南、チュニジアとほぼ同緯度の小さな島国です―
イギリス統治の時代が長く、英語を話す人が多いことから、最近は語学研修のために行かれる日本の人も多い、と聞きます。普段イタリア、スペイン、フランスが多い絵描く方々のツアーで、英語が通じる、というのは非常に有難いことです。添乗員といってもそんなに何か国語も話せるわけではないのです。最低限必要な会話、単語はありますが、英語以外となるとなかなか・・・。
先にイタリアから回りましたので、マルタに着いたときはちょっと拍子抜けしてしまう、けれどイタリア同様のんびりとした、お勧めしやすい国ですね。

なぜマルタ行きが決まったか?

イムディーナ(マルタ)
絵を描くお客様は、やはり、というかイタリア、フランス、スペイン(他ベルギー、オランダなど)行きを希望する方が非常に多いです。特に水彩画、油絵を描く方にとってはモチーフが多いからでしょう。その中でなぜ今回マルタ島をツアー訪問地に混ぜたか、それはあるお得意様が「昔アフリカに行くとき、マルタで飛行機を乗り継いだんだけど滞在はしなかったんです。だけど飛行機の中から見たマルタ島が美しくてねぇ、それで是非じっくり滞在して描いてみたいんですよ」とおっしゃられたからです。
単純なことですが、お客様のご要望にお応えする為に旅行会社ってあるのでは、と思ったので、それを実行したに過ぎないのですが、私どもにとっても非常に収穫のあるツアーでした。いろんなご要望のある中で、なかなか訪問できない国での取材は貴重です。昨今、マルタ島に行かれる方が増えてきておりますので、私どもの取材してきた写真などを資料にしていただいたり、気をつけて頂きたいこと等の情報の提供も可能になります。

ゴゾ島の5っ星ホテルと
極上のハチミツ

イムジャール(マルタ)
マルタ共和国はマルタ島、ゴゾ島の2つの大きな島と、その間にあるコミノ島の3つの島から成り立っています。写真は、ゴゾ島の玄関口イムジャール港の風景です。普通の観光ツアーではここにフェリーで上陸したあと、島の中心ヴィクトリアへあわただしくバスで出かけていきますが、私たちのツアーはこの港の上に建つ5っ星のホテル、リムジャールホテルで3泊しました。目的は当然スケッチをするためです。
イタリアの古い城塞都市の街並みや、壁の色を好んでスケッチする方もいらっしゃいますが、このような港や水辺を好んでスケッチにする方も結構多くいらっしゃいます。
お客様のニーズに合わせてツアーを作る、それは個人でも団体でも代わりありません。ご出発前に何度も打合せをし、旅行を作り上げていく・・・、パッケージツアーではなかなか出来ないことでしょう。
ちなみにマルタはハチミツが名産ですが、マルタ島、ゴゾ島のハチミツはそれぞれ微妙に違うらしいです。特に宿泊したこのホテルの朝食で出る蜂蜜は、普段は食べない私でも持って帰りたくなるくらいのおいしさです。マルタへいらっしゃる際は、是非このホテルに宿泊し、朝食でハチミツを味わってみてはいかがでしょうか。
上記は画風やモチーフが異なる画家の同志が、会派を超え合同で取材を目的にしたスケッチツアーの催行事例の概要です。
グループツアーから個人旅行まで「行きたい旅」のご要望を添えて見積もりフォーム、又はメールにてお問い合わせ、ご依頼ください。旅行相談もお承りしております。
『行きたい旅』作ります 見積もり依頼はコチラ 『行きたい旅』作ります
お問い合わせは お問い合わせフォーム でお願いします

TOP

facebook
twitter
google+
LINEで送る