モンゴル乗馬ツアー

オルホン渓谷 12泊13日
サンプル日程

モンゴル オルホン渓谷
この乗馬は20年間ご案内してきた、下記を含むモンゴル遊牧民の発祥の地オルホン渓谷(Orkhon Valley)でのベストセラー乗馬です。 このアドベンチャー乗馬は、モンゴルで最も完全で近代的なキャンプ用具を使用してのキャンプ、ウランバートルのホテルで2泊、ユルトに4泊し、自然と快適さを併せ持っています。

日本発着の航空券と併せて承ります。
ツアー前後の宿泊、他国、他都市への宿泊や観光など周遊プランとしてのご案内も可能です。
見積もりフォーム、又はメールにてお問い合わせ、ご依頼ください。

サンプル日程・宿泊
1日目 ウランバートル(Ulaanbaatar)
早朝 モンゴルの首都ウランバートルに到着(10:05までに到着するフライトに対応)
10:30にガイドがお出迎え ウランバートル市内中心部にご案内します
昼食は自由
ガンダン・テクツェンリン寺(Gandantegchinlin Monastery)と国立モンゴル歴史博物館(National Museum of Mongolian History)を訪れたのちホテルへ
夕食 市内レストランにて
宿泊 ウランバートル中心部の2☆ホテル
2日目
ウランバートル(Ulaanbaatar)~カラコルム(Karakorum)
朝食: ホテルにて
モンゴルの古都カラコルムへ向けて出発
ロングドライブですが オルホン渓谷での乗馬トレッキングに最大限の時間を割けるようにこの選択をしました
途中昼食
エルデネ・ゾー寺院(Erdene Zuu Monastery)を訪れたのち オルホン渓谷の入り口でキャンプを設営します
宿泊・夕食 テント
日程Top↑
3日目
オルホン渓谷での乗馬
朝食: キャンプにて
オルホン渓谷の乗馬に同行する遊牧民を迎え 渓谷の北端に位置する山々で乗馬をスタート
フル装備の4×4車がピクニックやキャンプのための荷物を運びますので 乗馬のリズムを崩しません
ライダーが運ぶものは何もありません
午後遅く ビバークのためのキャンプを設営します
宿泊・夕食 テント
日程Top↑
4日目
オルホン渓谷での乗馬
朝食:キャンプにて
中央モンゴルを横断するハンガイ山脈(Khangai Mountains)を通って乗馬を続けます
途中ピクニックランチ
午後遅く ビバークのためのキャンプを設営します
宿泊・夕食 テント
日程Top↑
5日目
オルホン渓谷での乗馬(Tovkhon Monastery)
朝食: キャンプにて
トッフン(Tovkhon)寺へ向けて出発
この非常に広いオルホン渓谷には森林の山頂が張り出しています
途中ピクニックランチ
午後遅く ビバークのためのキャンプを設営します
宿泊・夕食 テント
日程Top↑
6日目
オルホン渓谷での乗馬(Orkhon Falls)
朝食: キャンプにて
馬に乗って有名なオルホンの滝を訪れます
その後オルホン渓谷の上流のますます険しい風景の中を進みます
ここでは古代の固い溶岩流と対照的なオルホンの滝の白い泡が奇妙な風景を形成しています
途中ピクニックランチ
昼食後 すぐに森の端に到達します
そこは翌日セルフ・トレッキングをするナイマン湖(Naiman Nuur:8つの湖)国立公園の樹木で覆われた斜面です
午後遅く ビバークのためのキャンプを設営します
宿泊・夕食 テント
日程Top↑
7日目
ナイマン湖(Naiman Nuur)国立公園での乗馬
朝食: キャンプにて
この日より雰囲気は完全に変化します
開放的な草原での乗馬と4×4車の運搬車ではない非常に険しい空間 ナイマン湖(Naiman Nuur:8つの湖)国立公園の山々に挑戦します
ここからはセルフ・トレッキングです
このエリアは車は長い迂回路しかアクセスできないため 食事道具を含む荷物を背負って運ぶヤク(牛)とともに登ります
最初は青々とした緑の湖面を目指して登り始めます
数時間の後 湖の端の高い標高に住む遊牧民たちの生活の息吹を発見してホッとします
ここはこの日から2日間滞在する場所です
宿泊・夕食 遊牧民宅のユルト
日程Top↑
8日目
ナイマン湖(Naiman Nuur)国立公園での乗馬
朝食: ユルトにて
この日はモンゴルで最も美しい8つの湖公園の前日とは異なる湖を目指します
同じユルトに戻るためヤクを連れていく必要がないので 乗馬のペースを上げることが出来ます
途中ピクニックランチ
宿泊・夕食 遊牧民宅のユルト
日程Top↑
9日目
ナイマン湖(Naiman Nuur)国立公園での乗馬
朝食: ユルトにて
ヤクとともにオルホン渓谷へ向けて下山を始めます
途中ピクニックランチ
地形は非常に困難で頑強ですが 馬の足の安定性とヤクのスキルに感謝することでしょう
宿泊・夕食 テント
日程Top↑
10日目
遊牧民家族との1日
朝食: キャンプにて
この日は ヤクに加えてオルホン渓谷の広大な草原の風景の中で馬・カシミヤゴート(ヤギ)・羊を繁殖させている 2軒の遊牧民家族に出会います
1軒は野生のヤクを飼育しており もう1軒はモンゴルの絵はがきのような谷で自由に羊を放牧させている遊牧民家族と1日を過ごします
この日はモンゴルの遊牧民の伝統的な生活を垣間見ることに専念します
彼らの活動に同行し より親密になることができます
昼間は鞍の上で過ごしたり 牧草を集めるのを手伝ったり 周囲を探索したりすることができます
宿泊・夕食 遊牧民宅のユルト
日程Top↑
11日目
オルホン渓谷~バヤン・ゴビ砂漠(Bayan Gobi desert)
朝食: ユルトにて
バヤン・ゴビ(Bayan Gobi)とKhogno Khan Parkへ向けて出発
途中ピクニックランチ
その後Ovgon Khiid寺院に行き Elsentasarhaiという巨大な黄金の砂丘を進みます
大草原でのこの最後の夜は観光用ユルトキャンプに宿泊します
モンゴルの伝統的な家具で飾られた美しいユルトには快適な共用トイレと温水シャワーを備えています
宿泊・夕食 ユルトキャンプ(1ユルトに最大5人)
日程Top↑
12日目
ウランバートル(Ulaanbaatar)へ
朝食: キャンプにて
最終日はモンゴルの大草原での乗馬です
バヤン・ゴビ砂漠(Bayan Gobi desert)を出発する前に フタコブラクダに乗ることが出来ます
その後車でウランバートルにお送りします
途中で昼食
到着後 モンゴルの伝統的な品物を見つけるダウンタウンのお店でショッピング
午後遅く到着 モンゴルのダンス・音楽・伝統的な歌のフーメイ(Khuumii)のショーを見学します
首都での夜を楽しむため夕食は自由
宿泊 2☆ホテル
日程Top↑
13日目
朝食: ホテルにて
朝食後 空港へお送りします

乗馬レベル

この乗馬は経験豊富な上級者向けです。3ペースで快適に乗馬できることが条件で、広大な平原で馬をステップ、トロット、ギャロップでコントロールすることができなければなりません。
最大重量:95kg。

宿泊

このツアーはアドベンチャー旅行です。自然の中でのキャンプや遊牧民の伝統的なユルトに宿泊します。
テント:6泊
モンゴル オルホン渓谷2 モンゴル オルホン渓谷3
ユルトキャンプ:1泊
モンゴル オルホン渓谷4 モンゴル オルホン渓谷5
ホスト遊牧民宅のユルト:3泊
モンゴル オルホン渓谷6 モンゴル オルホン渓谷7
ウランバートルの2☆ホテル:2泊

TOP