見積もり依頼から出発までの流れ

オーダーメイドご利用ガイド

見積もり依頼

各見積もりフォーム、問い合わせフォームやFAXにてご依頼ください

見積もりフォーム」に必要事項をご記入の上、送信ください。
見積もりフォームの各必須項目に沿って必要事項をお書き添えいただければFAXや「問い合わせフォーム」からも承ります。
FAXでご依頼される場合は見積もり書の回答先として、メールアドレス、又はFAX番号をお忘れなくお知らせください。
テニス、ゴルフ、乗馬、豪華列車、運河クルーズなどは個別に「Web 見積もり」をご用意しておりますので各該当ページの料金表下部よりご利用ください。
お電話での見積もり依頼はお承りしておりません。
各見積もりフォーム、問い合わせフォームやFAXにてご依頼くださいますようお願い申し上げます。

「確認メール」を返信します

送信された「見積もり依頼」が当社へ届きましたら「確認メール」、又は「確認FAX」を返信します。その際、ご依頼内容によりご要望に沿うためにいくつか質問や確認をさせて頂く場合があります。お手数ですが何卒ご協力願います。
ご回答する「見積もり書」には、ご依頼内容に沿った日程表と、各旅行素材の単体料金を明示してご案内します。
ご予算検討の目安に、また、お時間配分の調整にご活用いただき、手直しが必要な場合は再見積もりを承りますのでご遠慮なくお申し付けください(2回まで無料)。
適用される申込条件や取消条件についてもご案内しますので必ずご確認の上、ご不明な点はご遠慮なくお尋ねください。
尚、営業時間外のご依頼は翌営業日承りとさせていただきます。ご依頼内容によっては現地確認が必要な場合もありますので余裕をもってご依頼ください。

見積もり後はできるだけ速やかに申込手続をお願いします

「見積もり書」は空席、空室を確認してをご案内しますが、申込後に確保(手配)しますので、時間を置きますとご案内した料金では確保が難しい場合や満席、満室になる場合があります。
見積もり後はできるだけ速やかに申込手続をお願いします。
当社では新規見積もり依頼と再見積もり2回の計3回まで無料で承ります。それ以上の再見積もりは申込を前提(申込手続後)に承り、又は旅行相談として当社規定の相談料金、又は見積もり作成料金を申し受けます。
ただし、相談料金や見積もり作成料金を申し受けて、その後申込の場合は、申し受けた相談料や見積もり作成料等はご請求する旅行代金に充当します。
詳細は旅行業務取扱料金表をご覧ください

申込手続

申込書類(申込書+渡航お伺書)と申込金の入金を確認後手配を開始します
「申込書」は1枚(複数名は代表者1枚)

ご依頼の手配内容を記載した「申込書」をメールの添付ファイル、又はFAXにて送信しますので、まずは、ご依頼の手配内容に相違無いかご確認ください。
「申込書」は「Excel」「PDF」を、「渡航お伺い書」は3種「Web」「Excel」「PDF」をご用意しております。白紙のフォームを当ページ下部よりダウンロードいただけます。
テニス、ゴルフ、乗馬、豪華列車、運河クルーズなどは個別に3種「Web」「Excel」「PDF」の「申込書」をご用意しておりますので各該当ページの料金表下部よりご利用ください。
申込(旅行契約)に該当する申込条件書、旅行条件書、標準旅行業約款の該当契約部門、個人情報保護方針については必ずご一読ください。
また、渡航先の安全情報を必ずご確認ください。必ずご一読、ご確認いただきました旨のチェックをお忘れなくご記入願います。
確認事項に同意いただけない場合は旅行契約をお引き受けできない場合がありますので予めご了承ください。「ご出発の前に」をご参照の上、海外旅行保険加入をご検討ください。
いずれもご不明な点はご遠慮なくお尋ねください。白紙の申込書は当ページ下部よりダウンロードも可能です。

「渡航お伺い書」は各自1枚

「渡航お伺い書」は、手配に必要となる事項ですので代表者も含めて各自1枚、全員様ご記入ください。
必要事項にもれなくご記入された申込書と渡航お伺い書は、メールの添付ファイル、又はFAXにて送信ください。申込金額(必要な場合は予約金を含む)と支払先は申込書に記載しております。白紙の渡航お伺い書は当ページ下部よりダウンロードも可能です。

クレジットカード決済はお承りしておりません

お支払い方法は金融機関への振り込みのみです。
申込金(必要な場合は予約金を含む)は、当社指定の金融機関の口座宛てへ、振込手数料はお客様負担にてお振り込み願います。
申込書類(申込書+渡航お伺書)と申込金の入金双方を当社で確認できましてから手配を開始します。

重要

航空券の発券条件により航空券代金全額をご請求する場合があります。
また、観戦、観劇チケットや一部のホテルなどの現地手配の支払条件が全額一括や予約金が必要な場合などもあります。
いずれの場合も、予め見積書にてご案内し、各申込条件に沿って承ります。

旅行契約

返信いただいた申込書に当社が押印し、旅行条件書を添付して代表者様宛に郵送します。これがお客様と当社の旅行契約書になります。旅行終了後まで大切に保管してください。

旅行内容確定⇒手配

申込書類と申込金(予約金が必要な場合は予約金を含む)を確認後、直ちに手配を開始し、手配完了後は予約確認書をメールの添付ファイル、又はFAXにてお送りします。ただし、見積もり時点と空き状況等が異なる場合は、状況に応じてキャンセル待ち、又は代案提示をします。その中からご要望に沿いながら、当初の旅行契約を変更される都度、手配内容及び手配状況は予約確認書、料金明細書等を作成してご案内します。約款上ではこれらを確定書面といい、旅行契約書に付随する書類となりますので旅行終了後まで大切に保管してください。

最終確認 請求と支払

手配が整いましたら、出発の40~30日前を目安に手配内容の最終確認をさせて頂きます。最終確認後の変更、取消には各航空会社、各ホテル、その他の手配を含め、所定の手数料がかかる場合や、予約金を含め、払い戻しが一切無いものもありますのでご注意ください。
最終確認後、旅行総費用から申込金や予約金など事前にお支払済みの金額を差し引いた残金をご請求申し上げます。
ただし、間際の予約についてはこの限りではなく、申込時点が最終確認となる場合は一括支払いにてご請求申し上げる等、状況により順次対応します。
お支払い方法は金融機関への振り込みのみです。クレジットカード決済はお承りしておりません。
ご請求残金は、当社指定の金融機関の口座宛てへ、振込手数料はお客様負担にてお振り込み願います。

最終書面お渡し⇒出発

出発2週間~10日前を目安に最終書面をお送りします。最終書面は航空券、ホテルバウチャー、その他空港送迎バウチャーやレイルチケットなど確定書面に記載された旅行手配内容の証憑類に加え、最終日程表、留守宅控え、現地緊急連絡先案内などです。航空券(e-チケット)のみ申込の場合は、発券条件に沿って発券後、メールの添付ファイルにてお送りします。ホテルのみの場合も同様です。

重要

原則として、渡航先の査証(ビザ)の有無、旅券(パスポート)の残存期間はご自身で関係各所に確認願います。2009年1月12日より米国及び米国領への渡航には、電子渡航認証システム(ESTA)に登録が必要となりました。詳細については以下の各ウェブサイトにてご確認ください。

重要

旅行者ご自身の安全対策として、渡航先の治安、感染症を含めた安全情報の確認と任意の海外旅行保険ご加入をお願いします。
海外での邦人トラブル事案の多くは「不勉強」、「不用心」、「非常識」、「無分別」などの共通点があるようです。海外で安全に楽しく過ごすために海外用の「知識」と「意識」を身につけてお出かけください(外務省海外邦人事件簿より)。
外務省 海外安全ホームページ
※海外安全アプリのダウンロードは下記QRコード、又はApp Store、Google Playにて「海外安全」を検索してください(Google Playが利用できない環境の方はAndroid版のみこちらから)。
App Store
Google Play
海外安全アプリ iPhone
海外安全アプリ Android

申込書類

申込書1枚(代表者)と、旅行に参加される人数分の渡航お伺書をご記入ください。
※1名様の場合は申込書と渡航お伺書の計2枚、2名様以上の場合は申込書1枚と参加者全員様分の渡航お伺書が必要です

航空券について

2008年6月以降、ほんの一部を除きほとんどの航空券はe-チケット発券となりました。e-チケットは発券後メールの添付ファイルにてお送りしますので、ご自身でプリントアウトして旅行にご持参ください。

e-チケットとは

各航空会社のシステム内に予約内容を記録させたエレクトロ・チケット(電子航空券)です。
当社では、メールの添付ファイルにてお送りしますので、ご自身でプリントアウトされて各搭乗ごとにチェックインカウンターへパスポートと一緒にご提示ください。従来の航空券と同様に搭乗手続ができます。
本来はパスポートだけでチェックインできるものですが、ほとんどの航空会社のチェックインカウンターで提示を求められますので、プリントアウトしたe-チケットを忘れずにご持参ください。
『行きたい旅』作ります 見積もり依頼はコチラ 『行きたい旅』作ります
お問い合わせは お問い合わせフォーム でお願いします

TOP

facebook
twitter
google+
LINEで送る