フランス ミディ・ピレネー 1

ヨーロッパ・スケッチツアー
オーダーメイド 個人からグループまで

川のあるフランスの風景

今年は5月にイタリア(シチリア島と南イタリア)、そして10月初旬(2004.10.1~10)にフランスへ行ってまいりました。
今回はフランスへのスケッチツアーです。ミディ=ピレネーの中心、トゥールーズより3つの町を訪れました。いずれもスケッチするにも良し、観光するにも良しのお勧めの町ばかりです。その他の写真、拡大版はPhoto Galleryをご覧ください。

“ホテルはリバーサイド”がいい?

カルカッソンヌ カルカッソンヌ
アルビ アルビ
カオール 1 カオール ホテル: 橋間左手白い建物
今回利用したホテルはすべて川のほとり、橋のたもとなど川辺に建つホテルでした。カルカッソンヌはオード川にかかるポン・ヴュー(旧橋)のたもとのTrois Couronnes、アルビはタルン川にかかるポン・ヌフ(新橋)のたもとのMerucure、カオールは対岸から町を眺められる遊覧船停泊所の隣に建つHotel Chartreuse。いずれも3っ星クラスですがバスタブ付きのお部屋で、4っ星クラスといってもよいくらい申し分ないホテルです。ホテルの設備もさることながら何よりもお勧めなのは、どのホテルもお部屋、又はホテル内庭園からとても素晴らしい町並みを望めること。スケッチツアーでは重要です。予期せぬ雨に降られてもお部屋でゆっくりとスケッチ。ただただお部屋の眺望を希望される方にもお勧めです。よく「町中のホテルがよい」とご希望されますが、景色を楽しむなら、少し離れたホテルのほうがよい事もあります。

フランス一美しい村

サン=シル=ラポピー
ミディ=ピレネーには「フランスの最も美しい村々協会」認定の村がいくつかあります。スペイン、サンティアゴ・デ・コンポステラへの巡礼街道沿いのコンクと並び、今回オプショナルでご案内したサン=シル=ラポピーはその最も美しい村々のひとつ。ロット川に切り立った断崖にへばりつくように建つこの村は、1時間も歩けば町の隅々までわかってしまうほどの大きさです。朝早くから出かけ、村の一番高い塔を持つサン・シル教会が見えてくると車を止めて写真を撮り、その後方向を変えて何度でも撮りたくなるようなかわいらしい村です。実は8年前にも一度来た事があるのですが、個人的にもう一度訪れたいと思っていた村でした。そのときは日本人など全く見かけなかったのに、今回はツアーで訪れる日本人観光客もいらっしゃいました。

スケッチツアーは風景ばかりではありません

アートスタジオ(アルビ)
今回のツアーの「目玉」としてオーガナイザーが考えたのが、美術学校の教室やスタジオを借り切って、裸婦モデルのデッサンを行う事でした。よく日本の絵画教室や学校でも行われていると思いますが、日本人のモデルとは根本的にラインが違うのだそうです。パリやその他大都市であれば容易に可能ですが、今回訪れる都市で果たして出来るかどうかかなり不安でした。現地提携会社に根気強く探してもらって、やっとアルビでモデルが見つかったのは出発の1か月前。オプションとして約2時間の裸婦デッサンをご案内することができました。実際は、当日モデルが来るのが遅れて正味1時間半くらいでしたが、それでもデッサン後の皆様の満足度はかなりのものでした。モデルとの契約条件が「写真撮影は一切不可」でしたので、デッサンの様子を写真に収めることはかないませんでしたが、せめてスタジオの看板の写真を上に掲載しました。スケッチツアーは風景ばかりではない事、まだまだいろいろなご要望にお応えできる余地がある事を改めて実感しました。
可能な限り探して手配します。こんなことは?出来るの?と、まずはお尋ねください。

パリジェンヌを気取ってサンドイッチ片手に

当社のツアーは基本的にお客様のご希望もあって朝食と夕食をお付けしています。昼食もご希望によります。移動が長く、途中昼食時をはさむとき等「ココは必要」と思われる場合には予め含めてご案内しますが、今回のように移動が1時間半程度のときには最初からお付けしておりません。よく「どこで、どんなものを昼食に取ったらいいの?」というご質問を頂きますが、これこそ“旅の醍醐味”のひとつではないでしょうか?レストランで食べるなら、読むことも出来ないメニューを読むより、隣のテーブルで食べている人と同じものを頼むのも楽しみの一つです。又、レストランよりも気軽なファスト・フードや地元で人気のB級グルメもたくさんあり、それも立派なランチに。
例えばカオールでは、ミッテラン広場前のサンドイッチ屋さん(サンドイッチといってもフランスパンにハムやチーズを挟んだモノです)は、地元の人にも人気のようで、お昼時には人だかりが出来ています。サンドイッチと飲物(主にミネラルウォーターやソフトドリンク)付で、5.20ユーロでした。当ツアーにご参加の方のうち、ある女性のお客様は「パリジェンヌのようにフランスパンのサンドイッチ片手に歩きながら食べたいわ」とおっしゃっていて・・・今回はそれがかなって大変満足されたご様子でした。3泊したうち、毎日このサンドイッチを召し上がったお客様もいらっしゃるほど・・・。フランス語が話せない事など問題外、ショーケースの中のサンドイッチを指差し、壁に貼られている飲物付の案内を指差せば、サンドイッチと飲物が手渡されます。とても簡単でしょ?

ミディ・ピレネー 1 フランスの風景をスケッチ

モデルプラン サンプル日程

1日目 日本発
ミディ=ピレネーの玄関口トゥールーズ
*2018/3/26~10/27スケジュール
エールフランス航空利用の場合
≫パリ経由 成田, 羽田発*毎日
≫パリ経由 関空発*水除く毎日
又は他訪問地よりトゥールーズへ
他の空港発や航空会社ご利用も
スケジュールによりご案内可能です
トゥールーズ ブラニャック空港到着後 専用バスにて
ラングドック=ルシヨンの要塞都市
カルカッソンヌへ 約1.5時間
到着後 ホテルチェックイン
2 | 3日目 朝食: ホテルにて
初日 午前 市内をロケハン 後自由スケッチ
翌日 終日スケッチ
夕食: ホテルにて
4日目 朝食: ホテルにて
ホテルチェックアウト後 専用バスにて
タルン川沿いに佇む赤レンガの町アルビ
約1.5時間
到着後 ホテルチェックイン
午後 ロケハン後 自由スケッチ
オプション
市内スタジオにて裸婦デッサン
夕食: ホテルにて
5日目 朝食: ホテルにて
終日自由スケッチ
オプション
コルド=シュル=シエルへの日帰りスケッチ
夕食: ホテルにて
6日目 朝食: ホテルにて
ホテルチェックアウト後 専用バスにて
周囲をロット川に囲まれた世界遺産都市
カオールへ 約2時間
到着後 ホテルチェックイン
午後 市内をロケハン 後自由スケッチ
夕食: ホテルにて
7日目 朝食: ホテルにて
終日スケッチ
オプション
「フランスの最も美しい村々」認定の
サン=シル=ラポピーへ日帰りスケッチ

夕食: ホテルにて
8日目 朝食: ホテルにて
終日自由スケッチ
夕食: ホテルにて
9日目 朝食: ホテルにて
ホテルチェックアウト後 専用バスにて
トゥールーズ空港へ 約2時間
トゥールーズ発 日本へ
*2018/3/26~10/27スケジュール
エールフランス航空利用の場合
≫パリ経由 成田, 羽田着*毎日
≫パリ経由 関空着*水除く毎日
又は他訪問地へ
他の空港着や航空会社ご利用も
スケジュールによりご案内可能です
機内 泊
日程Top ↑
10日目 日本着
スケジュールは予告なく変更される場合があります
上記日程は絵画教室の先生と生徒のみなさんがモチーフに合うロケーションにて作品を仕上げることを目的にしたスケッチツアーの催行事例の概要です。
グループツアーから個人旅行まで「行きたい旅」のご要望を添えて見積もりフォーム、又はメールにてお問い合わせ、ご依頼ください。旅行相談もお承りしております。
カオール 2 カオール 3
カオールの全景
『行きたい旅』作ります 見積もり依頼はコチラ 『行きたい旅』作ります
お問い合わせは お問い合わせフォーム でお願いします

TOP

facebook
twitter
google+
LINEで送る