イタリア リグーリア・アルプス

ヨーロッパ・スケッチツアー
オーダーメイド 個人からグループまで

「イタリアの最も美しい村々」

イタリアのリグーリア・アルプスへのスケッチツアーです。
フランスから始まった各国の「美しい村々」への取り組みはイタリア、ベルギーへと広がり、現在では日本へも広まっています。今回(2009.9.14~28)のスケッチツアーは、その活動が著しいイタリア。中でも北部のピエモンテ州から海岸ぎりぎりまでアルプス級の山並みが広がるリグーリア州へ。さらにはフランス、プロヴァンス・アルプ地方まで足を伸ばしたコースです。イタリアにもフランスに負けない美しい村々がたくさんありますが、今回は山並みに囲まれた美しい村々を中心に巡りました。
このコースを選んだ理由は、ここ何年かプランのひとつとして検討していた「山、又は山並みを背景にしたスケッチ」です。それでいてフランスのローヌ・アルプ地方よりも気候が温暖であることが条件として加わり、決定したコースです。
めったに日本人が訪れることもない静かな美しい村々を、途中立ち寄った村も含めてご紹介します。ここに紹介しきれない写真はPhoto Galleryで紹介しているのでご覧ください。また、「イタリアの最も美しい村々協会」の公式サイトもご覧ください。

アルバ白トリュフと百塔の町

アルバ
トリノ空港から最初に向かったのは、ピエモンテ州クーネオ県にある町アルバ。
今回訪れた箇所で、唯一町と呼べる規模です。この町は別名「百塔の町」と呼ばれており、多角形の形をした旧市街の中には中世の塔や塔状住宅がぎっしり立ち並んでいます。
あいにく主だった塔をもつ建物は改装中で建築現場の網がかかっていましたが、それでもドゥオーモや目抜き通りのヴィットリオ・エマヌエレ通り、カブール通りは中世の面影をよく残していました。
また、アルバは白トリュフで有名。今回帰国する日あたりからトリュフ祭りが始まり、世界中から貴重な白トリュフを求めてやってくるそうです。幸いこの世界的イベントの直前の滞在で、ゆっくりとアルバを歩くことが出来ました。
町中のレストランでは黒トリュフならごく普通にランチで食べることが可能です。さすがに白トリュフはめったに出会えることはないそうで、お土産に購入してきました。宿泊したホテルは旧市街の中に1軒しかない3っ星ホテル。スケッチに適したロケーションです。

ネイヴェ
バルバレスコの丘に囲まれた美しい村

ネイヴェ
アルバからガレッシオへ向かう途中立ち寄ったのは、今回訪れる美しい村々のうち最初の村ネイヴェ。これだけ小さな村は日本で出版されているガイドブックなどには載ってなさそうです。周りをワイン用のブドウ畑に囲まれた小高い丘にあり、ひときわ高い時計塔Torre Comunale o dell'Orologioが目を引きます。イタリアの2大ワインとして名高い、バローロはアルバをはさんで南西、北東にはバルバレスコ。そのバルバレスコに隣接するこの村にはProfumo di Vino「ワインの香り」という別名がついているほどです。丘の斜面に広がるブドウ畑と赤い屋根の家並み、そしてひときわ目立つ時計塔は、それだけでひとつの絵になります。
アルバでは雨が多かったのですが、ネイヴェでは秋の澄んだ青い空に包まれました。村の中心にあるレストランでは、イタリアン・シェフを目指して修行中の日本人女性が働いていました。「こんな小さな村に・・・?」と、ちょっとびっくりしました。

ガレッシオ初めての日本人訪問

ガレッシオ 1
同じくピエモンテ州クーネオ県にある標高621mの、やはり美しい村々に認定されている村、ガレッシオ。アルピン山脈に囲まれたこの村は、一年中温暖なリビエラ海岸から直線距離にしてわずか数十キロの位置にもかかわらず「ガレッシオ2000」というスキー場があり、イタリア人にとっては避暑地やスキーリゾート地として親しまれています。また、イタリア各地にあるテルメの村のひとつとしても有名です。ここのテルメは飲む温泉で、町のいたるところに写真のような水栓があり、地元ではこの温泉水からミネラルウォーターを作っています。
村全体は5つの地区に分かれており、そのうちのひとつBORGO MAGGIOREという地区が美しい村々に認定されています。
新市街のBORGO PONTEから宿泊するホテルへとバスを進めていくと、「本当にここが美しい村々に認定されたの?」という参加者からの厳しい視線が・・・、確かに新市街辺りは普通の町並みで絵になるようなところはありません。けれども翌日のロケハンでBORGO MAGGIOREを歩きまわるとその不安は瞬く間に解消されました。この小さなBORGO MAGGIORE地区のいたるところが絵になるところばかり。美しい村々はどこも初めて訪れる不安を見事に解消してくれる素敵な村ばかりです。
ホテルオーナーの話によると、私たちが初の日本人訪問者ということで、市長はじめ村中がとても歓迎しているとのこと。翌日は市長と記念撮影をしたり、新聞記者が取材に来たりと大変な歓迎ぶりでした。今回のスケッチツアー で日本人訪問者第1号となったわけですから、参加者にとっても印象深い村になったようです。この村を出発するまでにその新聞を入手できず、帰国後、新聞社L'Unione Monregaleseウェブサイトを見ると記事が掲載されていました(現在は削除されています)。
ホテルはBORGO MAGGIOREの入り口に建つこの村唯一の3っ星ホテル。部屋に電話がなくちょっとびっくりしましたが、家族経営の温かなホスピタリティで、とても快適な滞在が出来ました。

ズッカレッロ
急遽変更して立ち寄った美しい村

ズッカレッロ
ガレッシオとリビエラ海岸沿いのアルベンガとの中間地点には、3つの美しい村々が隣接しています。カステルビアンコカステルベッキオそしてズッカレッロです。今回のツアーを企画した際に、この3つのうちのどの村を入れるかで迷いましたが、結果カステルビアンコを日程に加えました。厳しい岩肌の山並みをバックに、灰色の家並みが丘の上に貼り付いている様子がモチーフによいと思ったからです。
ガレッシオを出てカステルビアンコに向かう途中で3つのうちのひとつズッカレッロが見えてきたので、写真だけでもとバスを停めてカメラ・スケッチをしました。皆様の反応がよかったのですが、スケッチ時間が少なくなってはいけないということで早々にカステルビアンコに向かいました。
ところが到着してみると、皆口々に「四角い建物ばかりで、壁も真新しいし、絵にはならない」とのこと。カステルビアンコは4つの地区に分かれており、それぞれをバスで回ったのですが、どうもよいところがありません…そこで代表の先生に相談…カステルビアンコからズッカレッロへは車で約15分の距離、ならばズッカレッロに戻ってスケッチ、ということになりました。
ズッカレッロは村の中心を一本の道が走り、その道に面して回廊が続く典型的な直線の建物で形成された、城壁に囲まれた村です。また、この村のシンボル的存在は川底が花崗岩の川にかかるロマネスク様式の石橋です。村の入り口から出口まで10分もあればたどり着いてしまうところですが、メインの道から分かれた小道はいたるところにモチーフが点在していました。写真などの資料をもとに自信を持って今回の日程に加えたカステルビアンコでしたが、「こんなこともある」と1つ勉強させてもらいました。

トリオラ標高776mの魔女裁判の村

トリオラ
旅の後半になるにつれ、天候もよくなってきました。日中は半そでで十分なくらいの気候です。今回の日程で唯一4泊したのが、やはり美しい村々に認定されたトリオラ。ひたすらくねくねした細い山道を登ってやっと到着した山村です。
この村は12世紀以降キリスト教会の主導による魔女狩りが行われたところ。その後1588~'89年に行われた魔女裁判の記録は、村の中央にある「民族と魔術の資料館」に納められています。入り組んでひっそりとした小道を歩いていると、ふとその村には自分ひとりしかいないのではという錯覚にとらわれます。そんな幻想的な村でモチーフを求めロケハンです。細い路地、町外れに建つ15世紀のサン・ベルナルディーノ教会など、スケッチのモチーフはたくさんありました。標高が776mあるにもかかわらず、周りはさらに高い山々に囲まれ、山と村両方を描くことの出来るところです。
この村でも中心にある唯一のホテルを利用しました。ロビー階にあるレストランからはテラス、そしてテーブルと椅子がおかれている広い庭へと続いています。村全体の様子をスケッチするのに最適の場所です。また、夕食時の飲み物として勧められたトリオラの地ビール「トリオラ・ビール」は、ホワイト、ピルスナー、エールの3種類のタイプがありいずれも美味。このテラスで村の全景とリグーリアの山々を望みながら飲むことが出来ます。

アプリカーレ
イタリアの美しい村々の代表的存在

アプリカーレ
今回のツアーのメインとも言えるアプリカーレはトリオラから日帰りでスケッチに出かけました。「イタリアの最も美しい村々協会」認定の村の中でも、最も美しいといわれる村です。
フランスとの国境にあるリグーリア・アルプス連峰の斜面にしがみついているようにあるこの村は、ほぼかつての中世の面影を伝えています。麓の駐車場でバスを降りてから村の中心を目指して曲がりくねった道を登ると、朝方トリオラで感じた涼しい秋から急に夏に戻ったかのような気候も加わり汗ばむくらいの坂道です。村の一番高いところにある広場に面した石造りのマリア・マッダレーナ教区教会のファサードが村全体を見下ろしています。
名前の語源はラテン語でApricus(Open to the sun、“太陽に向けて開かれた”という意味)だそうですが、その通りリビエラ海岸全体に降り注ぐ太陽の陽ざしを一気に受けて、村が輝いているようでした。
トリオラからアプリカーレに向かう途中で車窓から見かけた小さな村がアプリカーレによく似た全景だったのでドライバーに尋ねたところ、カステル・ヴィットーリオというそうで、アプリカーレへと気持ちが急いていると少し早とちりをしてしまいそうな村です。

ドルチェアックアモネの愛した村

ドルチェアックア
トリオラからソスペルに向かう途中に立ち寄ったのは、ドルチェアックア。美しい村々には認定されていませんが、今回あえて日程に加えました。
クロード・モネが晩年たびたび立ち寄り、村の象徴とも言える13世紀に出来ためがね橋を描いています。たった数キロでリビエラ海岸のヴェンティミリアに出られることもあり、アプリカーレ同様リビエラ海岸エリアに降り注ぐ日差しはとても強く、それだけに古い路地や城跡、川沿いに建つ大きな時計塔を持つ教会とのコントラストがすばらしいものでした。
平日にもかかわらずテッラ地区の中心の広場には市場が開かれて、地元の人々だけでなく観光客も大勢でにぎわっていました。最近はニース発着の日帰り定期観光バスがここドルチェアックア、アプリカーレ、さらにはトリオラまで回るそうです。村の名前がそのままついたロゼのワインが名産。イタリア最後の小さな村のレストランで、焼き立てのピザとともに堪能しました。

ソスペル(フランス)
また載ってしまった!

ソスペル
ドルチェアックアを出発して国境を越え、ふたたび細い山道を登ってたどり着いたのは、フランス、プロヴァンスのアルプ・マリティーム県にあるソスペル。かつてはニースとコニ(旧名: 現在のトリノ)の間におかれた塩運搬のための関所のような存在の村でした。村の中心にある11世紀に築かれたPont-Vieux。その橋の真ん中に今でも残る建物で通行料などを徴収していたそうです。
イタリアとの国境近くにあるからか、フランスでありながらイタリアらしいカラフルな家並み、だまし絵の描かれた壁などはまるでイタリアにいるかのようです。
今回のツアーでは、どこもホテルに恵まれました。ここソスペルにはホテルがわずか3軒、そのうち一番規模の大きい2っ星のホテルを利用しました。気さくなオーナーが毎日みんなに声をかけてくれ、自ら撮影した全員の写真をワインのラベルにしてプレゼントしてくれたり、遠い日本からの旅人をとても親切に対応してくれました。
そしてガレッシオに続きここでもまた地元新聞に載ることに。オーナーの撮影した写真とともに記事に掲載されました。ここでは日本人は初めてではないそうですが、「スケッチ」を目的に訪れたということがとても珍しく、また嬉しかったようです。ホテルオーナーが掲載された日の朝刊を人数分用意してプレゼントしてくれました。

リグーリア・アルプス イタリアの風景をスケッチ

モデルプラン サンプル日程

1日目 日本発 トリノ
*2018/3/26~10/27スケジュール
エールフランス航空利用の場合
≫成田, 羽田発 パリ経由*毎日
≫関空発 パリ経由*水除く毎日
又は他訪問地よりトリノへ
他の空港発や航空会社ご利用も
スケジュールによりご案内可能です
トリノ カゼッレ空港到着後 専用バスにて
古代ローマの城壁に囲まれた町アルバ
約1.5時間
到着後 ホテルチェックイン
2 | 3日目 朝食: ホテルにて
初日 午前 市内をロケハン 後自由スケッチ
翌日 終日スケッチ
夕食: ホテルにて
4日目 朝食: ホテルにて
ホテルチェックアウト後 専用バスにて
バルバレスコの丘に囲まれた「イタリアの最も美しい村々」認定のネイヴェへ 約30分
到着後 自由スケッチ
スケッチ後 専用バスにて
アルピン山脈に囲まれた「イタリアの最も美しい村々」認定のガレッシオへ 約2時間
到着後 ホテルチェックイン
夕食: レストランにて
5 | 6日目 朝食: ホテルにて
初日 午前 市内をロケハン 後自由スケッチ
翌日 終日スケッチ
夕食: レストランにて
7日目 朝食: ホテルにて
ホテルチェックアウト後 専用バスにて
小さな川沿いに広がる城壁に囲まれた美しい村ズッカレッロへ 約30分
到着後 自由スケッチ
スケッチ後 専用バスにて
魔女裁判で知られる「イタリアの最も美しい村々」認定のトリオラへ 約1.5時間
到着後 ホテルチェックイン
夕食: ホテルにて
8 | 9日目 朝食: ホテルにて
初日 午前 市内をロケハン 後自由スケッチ
翌日 終日スケッチ
夕食: ホテルにて
10日目 朝食: ホテルにて
専用バスにて
「イタリアの最も美しい村々」の代表的村アプリカーレへ日帰りスケッチ 片道約40分
夕食: ホテルにて
11日目 朝食: ホテルにて
ホテルチェックアウト後 専用バスにて
モネの愛した眼鏡橋のある
ドルチェアックアへ 約1時間
到着後 自由スケッチ
スケッチ後 専用バスにて
国境沿いにあるフランスのカラフルな町ソスペルへ 約1時間
到着後 ホテルチェックイン
夕食: ホテルにて
12 | 13日目 朝食: ホテルにて
初日 午前 市内をロケハン 後自由スケッチ
翌日 終日スケッチ
夕食: ホテルにて
14日目 朝食: ホテルにて
ホテルチェックアウト後 専用バスにて
ニース空港へ 約1時間
ニース発 日本へ
*2018/3/26~10/27スケジュール
エールフランス航空利用の場合
≫パリ経由 成田, 羽田着*毎日
≫パリ経由 関空着*水除く毎日
又は他訪問地へ
他の空港着や航空会社ご利用も
スケジュールによりご案内可能です
機内 泊
日程Top ↑
15日目 日本着
スケジュールは予告なく変更される場合があります
中心となる先生のことを旅行業界の言葉でオーガナイザーと呼びますが、ここ数年オーガナイザーのモチーフが村全体の遠景よりも細い路地に絞った近景に変わってこられているようで、ガレッシオやソスペルの教会、石畳の路地、石造りの橋などを精力的にスケッチをされている姿を拝見すると、今回のツアーもどうやら成功したのではないかと感じています。フランスの美しい村々巡りから派生して、今回初めて企画したイタリアの美しい村々の旅。紹介した一部の町や村を個人旅行プランでご案内していますので、ご覧ください。
上記日程は絵画教室の先生と生徒のみなさんがモチーフに合うロケーションにて作品を仕上げることを目的にしたスケッチツアーの催行事例の概要です。
グループツアーから個人旅行まで「行きたい旅」のご要望を添えて見積もりフォーム、又はメールにてお問い合わせ、ご依頼ください。旅行相談もお承りしております。
『行きたい旅』作ります 見積もり依頼はコチラ 『行きたい旅』作ります
お問い合わせは お問い合わせフォーム でお願いします

TOP

facebook
twitter
google+
LINEで送る